1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. J-POP
  4. インタビュー
  5. さなり
  6. 「病んでいるなんて、普通」16歳のラッパーさなりが描く10代の姿

【インタビュー】「病んでいるなんて、普通」16歳のラッパーさなりが描く10代の姿

16歳のラップアーティスト・さなりが、6月5日に1st Full Album『SICKSTEEN』をリリース!今回UtaTenでは、さなりにインタビューを敢行。印象的なタイトルにも記されたキーワードの真意を含めて、新譜について語って頂きました。

公開日:2019年6月6日 更新日:2019年6月17日

Interview

桂伸也


この記事の目次
  1. ・小さいころから、いろんなことに好奇心旺盛
  2. ・“病んでいる"を深く意識しないけど、それが当たり前となっている
  3. ・さなりが選ぶピックアップフレーズ
  4. ・さなり 最新情報
  5. ・リリース情報
  6. ・ライブ情報
  7. ・さなり Profile

小学校時代からユーチューバーとして積極的に動画を投稿、中学生になるとフリースタイルのラップに目覚め、ついにはラッパーのオーディションで優勝を勝ち取り、デビューを果たしたさなり。

一方でAbemaTVのバラエティ番組『オオカミくんには騙されない♡』に出演し話題を集めるなど、幅広いアピール性も兼ねそろえたアーティストであります。

デビューシングル『悪戯』はラッパー/シンガーとして人気を博しているSKY-HIがプロデュースを務めたことで話題となり、第二弾配信シングルの『Prince』のMV現在230万再生を達成するなど、スタートから大いに注目を集めているさなり。

■さなり / Prince【Music Video】


今回の新作アルバム『SICKSTEEN』は、その『悪戯』『Prince』を含む11曲を収録。

各楽曲のプロデュースにはSEKAI NO OWARIなどの楽曲プロデュースを行った保本真吾(CHRYSANTHEMUM BRIDGE)やBiSHなどのプロデュースで知られる松隈ケンタ、

元RomancrewのALI-KICK、WEAVERの杉本雄治、Naoki itai、MEGといったバラエティに富んだプロデューサー陣が集結しています。

そんな中、現在16歳というさなりは、このアルバムに『SICKSTEEN』というタイトルに込めた、この年齢だからこそ描ける、生々しいありのままの思いを描いています。

今回はその彼の素顔とともに、そんな自身の抱く10代のイメージ、そして今後への意気込みなどを語ってもらいました。

小さいころから、いろんなことに好奇心旺盛


――さなりという名前の由来は?

さなり:名前を決めようとなったときに、読みやすくて、(キーボードで)打ちやすくて、珍しくて、ひらがなで…そして2~4文字くらいの名前を、みたいな感じで考えたんです。


――なるほど。では「さなり」という言葉自体の意味は特には…

さなり:あまりないですね(笑)


――それは失礼しました(笑)。プロフィールには、小学校くらいからYouTubeで動画を作られていたというエピソードがありますが、どんな動画を作られていたのでしょうか?

さなり:ネタ動画系というか。まあ面白系動画ですかね。当時はそれほどユーチューバーとかはまだいなかったけど、僕は小学校の低学年のころに、確かマホトというユーチューバーを見たりしていました。

そして僕は、なんというか…「ドッキリ映像」とか(笑)、一人劇をやったり、商品紹介とか。今だとHIKAKINさんがやっているようなものを、面白おかしくやっていました。毎日1本ずつくらい動画を上げていたんです、その1日でできるくらいのクオリティのものを。


――毎日!?(笑)それは大変だったんじゃないですか?

さなり:いや、普通だと思います。その当時くらいから1日1本ずつくらいが普通だったので、今でも毎日やっているユーチューバーのほうが多いですね。僕は全部で700本くらい上げたかな。


――では、延べで2年くらいですか。一方で、ギターもやられていたと?

さなり:そうですね。お兄ちゃんがギターをやっていたから、とりあえず俺もやっとこう、みたいな感じで。

どんな楽曲を弾いていたかも、今となっては全然覚えていないという…


――ギターをやられて、その後ラップというのもなかなかユニークな組み合わせではないかと思います。

メロディが主体のギターに対し、ラップというと、どちらかというとリズムやノリ、歌詞、言葉という点で、なかなか接点がないような気もしますし。


さなり:確かに。ただ自分としては、何でもやるのが当たり前という感じだったんで。本当に何でもやっていたので、そういう繋がりなんかも全然意識してなくて。


――ではその意味では、小さいころからいろんなことに好奇心旺盛なところはあったということですね。

さなり:そういう面はあったと思います。


――ちなみに、そのラップに触れたきっかけは、何だったのでしょうか?誰のプレーを最初に聴かれたのでしょう?

さなり:きっかけは、SKY-HIさんでした。小学生のころ、まだ動画をよく投稿していたころだったと思います。


――SKY-HIさんですか。確かにマシンガンのようなラップのプレーは派手で、かなりインパクトも感じられますよね。

では以前リリースされたシングルでプロデュースをしていただいた、という時にはかなり…


さなり:いや、本当に。すごく衝撃的でしたね(笑)


――ではそのSKY-HIさんを聴きながら、趣味も広げていったりと?

さなり:いやでもそのときは、まだ本当に日本語ラップだけというか。洋楽はあまり聴いていなかったんです、本当にラップに限らずですけど。その一方でボーカロイドを聴いたり、いろんなものを聴いていましたね。


――ラップも聴いて、フリースタイルもやり初めてというのは、かなり進んだ中学生という印象も(笑)

さなり:そうですかねぇ…?まあ最初はユーチューバーをやって、パソコンを購入して、インターネットとかを見るようになり、以前よりもっと幅が広くなった感じでした。

そうするとラップを聴いて好きになって、そこから特に進展はなく中学生に上がるんですけど、中学に上がったときに友達とよく遊ぶようになって、それで毎日ずっと遊んでいた中で、遊びとしてフリースタイルラップをやるようになったんです。


――そんな遊んでやっていたことが、オーディションでグランプリを獲得することになり、ビックリしませんでしたか?(笑)。またこれはどんな経緯でここまで?

さなり:中一からやっていて、中二の後半、2学期くらいに県外へ引っ越しをすることになったんです。県を超えたから、友達と遊ぶことがなくなって、何もすることがなくなって(笑)


――俺に残されたのは、ラップだけだったと?(笑)

さなり:そうですね(笑)。で、そこから一人で引きこもって、ずっとラップもして曲も作るようになって。

でも本気でやったら面白いんじゃない?と思ったんです。その頃は学校も行ってなかったし、だからとりあえずオーディションを受けてみよう、と思って受けて…


――でも選ばれたというのは、結構自信にはなったんじゃないですか?名だたる人もそういうオーディションって、来るわけですよね?

さなり:でも、自分ではそんな風に誰かと比べてもいなかったんです。だからむしろ…逆に気持ちに余裕があったんです。気負いすることがなかったというか。

次ページ : “病んでいる"を深く意識しないけど…

小学校低学年時にYouTubeに出会い、オリジナル動画の投稿を開始。動画投稿の収入でパソコンを購入し、遊ぶように動画制作などを行っていた。 同じ頃、ラップミュージックと出会い、中学校に入るとフリースタイルラップで友達と遊び始め、中学2年生の頃からオリジナル音源の制作をスタート、再度···

名曲・水樹奈々『深愛』は大切な人への思…

「Lemon」に勝るとも劣らない感動作…