1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. バンド
  4. 歌詞コラム
  5. フジファブリック
  6. フジファブリックの『手紙』を聴けば、さよならだって幸せだ。

【歌詞コラム】フジファブリックの『手紙』を聴けば、さよならだって幸せだ。

人生は、終わりと別れへ向かって生きていくものだ。こう言い切ると、その真実を悲観したり抗いたくなる。しかしフジファブリックの『手紙』は、ただ暖かく全てを包み受け入れ「さよならだけが人生だったとしても」“それで良いんだ”という事を教えてくれる。

公開日:2019年7月11日 更新日:2019年7月11日


この記事の目次
  1. ・その「手紙」は地下鉄の広告に書かれていた
  2. ・何もかもがある街に住んで、僕がなくしたもの
  3. ・あの猫が100万回生きた意味
  4. ・彼らにしか出来ない伝え方は、書くより歌って聴かせる『手紙』
  5. ・フジファブリック 最新情報
  6. ・Movie Information
  7. ・リリース情報
  8. ・タイアップ
  9. ・特典情報
  10. ・ライブ情報
  11. ・フジファブリック Profile

その「手紙」は地下鉄の広告に書かれていた


その曲の存在は意外にも音ではなく、文字として突然あらわれた。

METORO SONGS(メトロソングス)という、FMラジオ局のJ—WAVEとantennaが主催したプロジェクトの一環でこの曲が選ばれ、中吊り広告となった事で出会ったのだ。広告には、こう書かれていた。

----------------
さよならさえも言えずに時は過ぎるけど
夢と紡いだ音は忘れはしないよ
もう何年も切れたままになった弦を
張り替えたら君ともまた歌えそうな夕暮れ
≪手紙 歌詞より抜粋≫
----------------

この文字(歌詞)の後に続いて書き記されていた言葉は、“その歌は、わたしを歌っていた”だった。

すぐさま誰の曲なのかが気になった。“わたしを歌っていた”という言葉を使って、その曲の素晴らしさを伝えるというのは、凄い事だと思ったからだ。それは多くの人が、この歌詞に“共感し感動した”という証だから。広告をよく見ると、左上に書かれていたのはフジファブリック『手紙』。

この一節は、一緒に夢を追いかけた大事な人と、何かの事情によって距離が出来てしまった事を切なく愛おしく思っている。

人は“別れ”を繰り返しながら生きているのだ。その別れの形は様々だとしても。別れは必ず時と共に、懐かしさとそれがここには無い実感という少しの痛みを伴いながら、愛おしさとなって胸を去来するのだ。

この事は、人に必ず当てはまる事実なのだ。現にこうしてフジファブリックによって歌われ、車内の広告を偶然見かけた私だって感銘を受けたのだから。

何もかもがある街に住んで、僕がなくしたもの


----------------
上手くいかない時は 君ならどうする
弱いぼくらは 一体どうする
百万回も生きた 猫のように
大切な人と 寄り添ってたいのさ

何もかもがある街に住んで 一体何をなくしたんだろう
何もない部屋でひとりきり 情けない僕は涙こぼしてた
≪手紙 歌詞より抜粋≫
----------------

『手紙』の歌い出しには「思えば遠くふるさとの人たち」とある。「何もかもある街」は、歌詞から考えると東京の事。しかし、物質的な事だけでなく、心の豊かさも表現している。

ふるさとから、飛び出すように上京したのだろう。月日は流れ、仕事も起動に乗り、生活も安定した。たまには「上手くいかない時」もあるが「寄り添っていたい」と呼べる「大切な人」との出会いもあった。

側から見れば、順風満帆だ。しかし、本人にはふるさとに置いてきたものがある。それは、東京で出会った「大切な人」を超えた“特別な存在”だ。

その存在は、親や友達だけじゃない。人と触れ合う中で見つけ育てた、夢や愛。そして、それらを色付いたそのままで留めた想い出だ。思い返せば、まるでそこに居て触れているかのように暖かい笑顔。そして、会話を交わしてしまいそうな程に優しい声。

「なくした」ものは、その想い出たちと続くはずだった“未来”だ。

あの猫が100万回生きた意味


ところで「100万回生きたねこ」という絵本をご存知だろうか。

そのタイトル通り、主人公の猫が100万回生きて様々な飼い主と出会い死に別れていく。死に別れる度に飼い主は悲しむが、当の猫は全く悲しまない。何故なら、猫は飼い主の事が大嫌いだったから。

そんな自分の事だけを好きな猫は、飼い主のいない人生を送る事になる。その人生で出会った白猫に恋をし、努力の末にやがて白猫の心を射止め家族を持ち、幸せな人生を送る。

しかし、白猫に寿命が訪れる。動かなくなった白猫を想い、主人公の猫は昼夜構わず泣き続けた。そして猫はとうとう泣き止んだ。自分の寿命の訪れと共に。そして、猫は二度と生き返らなかった。

この絵本が伝えたい事というのは、愛されるばかりで自分以外を愛し大切にしない人生は、この世に生を受けた意味を見出せていない。という事だと思う。
少し強めの言葉になるかもしれないが、生を受けたのなら愛し愛される幸せを知る事が生きる意味だ。

だから、主人公の猫は白猫を愛し生きる意味を知り、神様から人生の“やり直し”をさせられる事はなかったのだろう。

フジファブリックの『手紙』の中にも、この絵本を連想させる歌詞がある。前記している「百万回も生きた猫のように」だ。絵本とは違い、現実は愛を知らないままでも、生きる意味や幸せを見出せなかったとしても。

私たちは人生の終わりを迎えれば、生き返る事はない。人生を“やり直す”事は出来ないのだ。だからこそフジファブリックの『手紙』は、こう歌う。

彼らにしか出来ない伝え方は、書くより歌って聴かせる『手紙』


----------------
さよならだけが人生だったとしても
きらめく夏の空に君を探しては
ただ話したいことが溢れ出て来ます

離れた街でも大事な友を見つけたよ
じゃれながら笑いながらも同じ夢追いかけて
旅路はこれからもずっと続きそうな夕暮れ
≪手紙 歌詞より抜粋≫
----------------

人生は必ず終わるのだ。その中で、出会った分の終わりと別れを繰り返す。あの猫は100万回生きられたけれど、私たちは一度きりしか生きられない。
だから、後悔と共に“今”を生きていいのだ。“無くした”のでも“亡くした”ものでも、その中にある、愛し愛されたという事実さえ忘れずに生きていけば良い。

生きるからこそ、何度だって後悔していい。後悔しながら、生きて後悔を未来に連れて行けばいいのだ。そうすれば、後悔は自分の中で生き返り生き続け、やり直す事が出来る。やがて後悔は、愛する人と夢を追う旅路=幸せな人生へと変わるのだ。

「なくした」事で止まってしまった想い。それはフジファブリックが『手紙』を歌うように、自分にしか出来ないやり方で自分らしく想いを伝える事が大切なのだ。

地下鉄のたった一枚の広告に書かれた『手紙』は、何千もの人の心を揺らし潤しただろう。そして、きっと沢山の人が『手紙』を聴いたはずだ。その人たちが、フジファブリックの出会った哀しみから、続いて来た喜びにも触れてくれたら良いなと思う。

哀しみから続いた喜びに触れた後に聴く『手紙』はきっと、「さよならだけが人生だったとしても」そのさよならを優しく強く支えてくれる。そして「もう何年も切れたままになった弦を」張り替える気持ちをくれるだろう。

その気持ちは、幸せな人生には無くてはならない気持ちだ。

TEXT 後藤かなこ

フジファブリックは、2001年に山梨県富士吉田市で、ボーカル&ギターの志村正彦を中心に結成された。当時は同郷の友人で結成。上京後、志村正彦以外の数度のメンバーチェンジを経て、2003~2004年にかけてギター山内総一郎、キーボード金澤ダイスケ、ベース加藤慎一、ドラム足立房文(2006年脱退)が···

この特集へのレビュー

この特集へのレビューを書いてみませんか?

この特集へのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの特集に1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

フジファブリック 最新情報

Movie Information

2019/7/17 18:00~
フジファブリック『ゴールデンタイム』-YouTube EDIT-
URL https://youtu.be/a5cyJu4saLc

【フジファブリックオフィシャルモバイルサイト”FAB CHANNEL”にて期間限定でフルサイズの公開も決定!】
期間:7/18(木)12:00~7/21(日)23:59
FAB CHANNEL

リリース情報

フジファブリック
2019.7.24 Release
New Single「ゴールデンタイム」
【初回生産限定盤 AICL-3725~3726 ¥2,000+税】
[DISC 1]
1.ゴールデンタイム
2.O.N.E

[DISC 2]
フジファブリック LIVE TOUR 2019 ”FEVERMAN” at Zepp DiverCity TOKYO on 2019.4.14
・Walk On The Way
・SUPER!!
・夜明けのBEAT
・High & High
・LET'S GET IT ON
・前進リバティ
・花
・Drop
・破顔
・徒然モノクローム
・LIFE
・恋するパスタ
・Feverman
・銀河
・東京
・手紙
全16曲

【通常盤初回仕様※アニメ絵柄デジパック仕様(および通常盤)  AICL-3727 \1,200+税】
[DISC 1]
1.ゴールデンタイム
2.O.N.E
3.ゴールデンタイム(TV edit)

タイアップ

『ゴールデンタイム』※テレビ東京系アニメ「BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS」オープニングテーマ 
『O.N.E』※「サントリー天然水 GREEN TEA」”徒然なるトリビュート” コラボレーションソング

●タイアップ情報
【テレビ東京系アニメーション「BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS」】

・放送局情報
テレビ東京系:毎週日曜 夕方5時30分放送※毎週土曜 朝7時からはリピート放送実施中
BSテレ東:毎週火曜 深夜0時30分から好評放送中
岐阜放送:毎週月曜 夕方5時30分から好評放送中
びわ湖放送:毎週日曜 深夜1時30分から好評放送中
三重テレビ:毎週月曜 夕方5時から好評放送中
奈良テレビ放送:毎週月曜 深夜2時30分から好評放送中
テレビ和歌山:毎週土曜 朝8時30分から好評放送中
※その他各配信サイトにて配信
公式HP

【「サントリー天然水 GREEN TEA」”徒然なるトリビュート”】
徒然草が700年前から謳っていた内容ともリンクする「煩わしいものを取っ払って、気持ちをクリーンに、前向きに、素のありのままに自分らしく生きよう」というメッセージを、MVを通じてお届けする。
第一弾は「フジファブリック」の『O.N.E』。
『O.N.E』は山内総一郎が作詞・作曲を務め、スピード感溢れ、エネルギッシュな楽曲に、”ありのままいこう”をテーマに関西弁を使用した歌詞が印象的な曲となっている。
その後は、「崎山蒼志」「tofubeats」「Saucy Dog」「ネクライトーキー」と続く。

特設サイト

・フジファブリック『O.N.E』」MV URL:
https://www.youtube.com/watch?v=vB3QC6y__d0

特典情報

☆『ゴールデンタイム』<TOWER RECORDS・Amazon・楽天ブックス>店舗特典決定!!
『ゴールデンタイム』をTOWER RECORDSおよびAmazon.co.jpでご購入いただくと先着で特典をプレゼント!特典はなくなり次第終了となりますので、お早めにご予約ください。

■TOWER RECORDS特典:『ゴールデンタイム』オリジナルポストカード 
初回限定盤
通常盤

■Amazon.co.jp特典:『ゴールデンタイム』オリジナルステッカー
初回限定盤
通常盤

■楽天ブックス特典:『ゴールデンタイム』オリジナル缶バッジ
初回限定盤
通常盤

----------------------------------

<New Release>
フジファブリック
PLAYLIST ALBUM『FAB LIST 1』&『FAB LIST 2』
2019.08.28 同時Release


『FAB LIST 1』 発売元:EMI Records / UNIVERSAL MUSIC
<概要>
『FAB LIST 1』は、貴重なプレデビュー盤から シングルのカップリング曲まで
2004年~2009年までの間にリリースされた全ての曲の中からファン投票により選ばれた
TOP15の楽曲を収録した、まさにファンが選んだトッププレイリストと言える。
初回生産限定盤はそのTOP15を収録したCDに加え、フジファブリックがEMI在籍時代に録り溜めたツアーやライブより厳選した貴重なライブCDがDISC2となる予定。

■初回生産限定盤【2CD】 UPCH-29334/5 \3,500+税
TOWER RECORDS
Amazon
■通常盤【CD】 UPCH-20523 \2,800+税
TOWER RECORDS
Amazon


『FAB LIST 2』 発売元:ソニー・ミュージックレーベルズ
<概要>
『FAB LIST 2』は現在在籍しているソニー・ミュージックからのリリース。
ドラマ『モテキ』主題歌&映画『モテキ』オープニングテーマとなった「夜明けのBEAT」が収録されている『MUSIC』から配信限定Sg「オーバーライト」まで、2010年~2019年の間にリリースされた楽曲の中から15曲が収録される。
初回限定盤にはソニ・ミュージックに移籍以降行われたライブより厳選した、貴重なライブ音源が収録されたCDがDISC2となる予定。

■初回生産限定盤【2CD】AICL-3750/51 ¥3,500+tax
<予約>
TOWER RECORDS
Amazon
■通常盤【CD】AICL-3752 ¥2,800+tax
<予約>
TOWER RECORDS
Amazon

----------------------------------

ライブ情報

フジファブリック 15th anniversary SPECIAL LIVE at 大阪城ホール2019 「IN MY TOWN」
日程:10/20(日)
会場:大阪府・大阪城ホール
開場:16:00
開演:17:00
終演:19:30予定
チケット料金:全席指定 ¥7,000(税抜) お問い合わせ:夢番地大阪 06-6341-3525 (平日11:00~19:00)

<<チケット受付に関して>>
受付の詳細は
フジファブリック15周年” SPECIAL SITEにてチェック。

※お申込みいただいた受付の当落が出ないまま、次の受付が始まる場合がございます。予めご了承ください。

----------------------------------

<Digital Information>
配信限定Single『オーバーライト』
こちら
「F」アルバム配信/ストリーミング
こちら

フジファブリック Profile

2000年、志村正彦を中心に結成。
2009年、志村が急逝し、2011年夏より山内総一郎(Vo/Gt.)、金澤ダイスケ(Key)、加藤慎一(Ba)の新体制で本格始動。

叙情性と普遍性と変態性が見事に一体化した、シーン屈指の個性派ロックバンド。
『銀河』、『茜色の夕日』、『若者のすべて』などの代表曲を送り出し、2010年にリリースしたアルバム『MUSIC』収録曲「夜明けのBEAT」が「モテキ」TVドラマ版(2010年)主題歌、映画版(2011年)オープニングテーマとして連続起用された。更には「つり球」「宇宙兄弟」「銀の匙 Silver Spoon」「アオハライド」「マギ シンドバッドの冒険」と数多くのアニメ主題歌も担当。

シングル「カンヌの休日 Feat. 山田孝之」は俳優・山田孝之氏がボーカルで参加し、疾走感に溢れ力強い印象的なサウンドとインパクトのある歌詞が話題になった。
2018年には映画「ここは退屈迎えに来て」主題歌、そして劇伴を担当し、主題歌が収録された「FAB FIVE」をリリース。
2019年に結成15周年を迎え、1月には10枚目となる記念すべきアルバム『F』をリリース。
同年10月には”フジファブリック 15th anniversary SPECIAL LIVE at 大阪城ホール2019「IN MY TOWN」”を開催する。

OFFICIAL HP
YouTube
Facebook
Twitter
LINE

実は失恋ソングだった!切な過ぎる女心が…

音楽チャンプ出身、生歌で聴きたいアーテ…