1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. J-POP
  4. インタビュー
  5. Baby Kiy
  6. インスタで話題のビーチトリップシンガーBaby Kiyの季節がキタ!

【インタビュー】インスタで話題のビーチトリップシンガーBaby Kiyの季節がキタ!

世界中のビーチを旅しながらインスピレーションを得て曲作りをする"ビーチトリップシンガー"のBaby Kiyが8月7日にdDegital EP『Don't Let Me Go』をリリース。 UtaTenのインタビューでは、華やかなインスタグラマーのイメージとはまた違った、飾らない純粋さを持つBaby Kiyの素顔に迫りました!

公開日:2019年8月6日 更新日:2019年8月8日

Interview

愛香


この記事の目次
  1. ・ビーチトリップシンガーKiyのライフスタイル
  2. ・ナチュラルに生きる
  3. ・Baby Kiyの自然体な曲作り
  4. ・4曲収録の今作は夏に聴いてほしい1枚に
  5. ・気持ちの高まりは気温に左右される!?
  6. ・イケてることしようぜ!
  7. ・1時間でできた歌詞に賞賛の嵐!
  8. ・初のワンマン、楽しむ!
  9. ・プレゼント応募について
  10. ・Baby Kiy 最新情報
  11. ・リリース情報
  12. ・ツアー情報
  13. ・Baby Kiy Profile

ビーチトリップシンガーKiyのライフスタイル


──初めまして!よろしくお願いします!なんて呼べばいいですか?Kiyさん?

Baby Kiy:よろしくお願いします!みんなKiyちゃんって呼びます!


──ありがとうございます。初めましての方はやはりきになるのではないかと思うKiyちゃんのライフスタイル的なところとかから伺っていきたと思うんですが、やっぱりInstagramがすごいですね!超映えてるじゃないですか!

Baby Kiy:本当ですか(照)?


──海外にいらっしゃる頻度も多い感じなんですかね?

Baby Kiy:そうですね、結構。でも今年はまだ4回しか行ってないかな。


──そうなんですね。海外もやっぱり海があるところに行くような感じなんですかね?

Baby Kiy:そうですね!


──海外で、お気に入りのスポットはありますか?

Baby Kiy:冬は必ずオーストラリアのバイロンベイに行きます。日本が冬の時、むこうが夏なので。


──マリンスポーツ的なのはされたりするんですか?

Baby Kiy:スキンダイビングやってます!


──スキューバダイビング?

Baby Kiy:スキンダイビング。


──スキンダイビング?なんですかそれ?!
Baby Kiy:ボンベを背負わずに泳ぐっていう。


──えー!初めて知りました。

Baby Kiy:ボンベを背負わずに、海の中を自分の一息だけで潜る事をスキンダイビングって言うんです。


──Kiyさんはどれぐらい潜っていられるんですか?

Baby Kiy:どれくらいだろうな~。10mとか?2分とか?


──2分!?すごいですね!そのために何かトレーニングをしたりもするくらい?

Baby Kiy:トレーニングはしないけど練習はしに行きます。練習っていうか、潜るのが好きだから泳いでいるうちに上手くなるっていう感じですね。


──きっと1年中水着着ていらっしゃると思うんですけど、体型維持の方法も是非伺いたいです!

Baby Kiy:体型維持なんて全然できてないです(笑)。


──いやいやいやいや。

Baby Kiy:でもそんなに激的に太ったりはしないかな?大人になってからは。思春期時代はアップダウン女の子だからありますよね、みんな。


──ありますあります。

Baby Kiy:それが落ち着いて20歳超えてくらいからは、だんだん一定になってきてるかも。でも、太ったなって感じたときは食事制限というか、夜食べないように減らしたりとか炭水化物減らしたりとか、時間があるときはパーソナルトレーニングに行ったりします。


──ビールのイベントとかで歌ったりもされていたと思いますが、プライベートでもお酒は飲まれるんですか?

Baby Kiy:たまーに。忙しい時期とかお仕事の時期は、むくんだりするからそんな飲まないんですけど、お休みがあるときはお酒飲むの嫌いじゃないです、というか好きです、お酒の場も雰囲気も。


ナチュラルに生きる

──Instagramにあがってるような瞬間や音楽をやっている以外の時間ってKiyさんは何されているのかすごい気になります。

Baby Kiy:それ以外の時間はお家にいたり。


──意外とインドアですか?

Baby Kiy:お家大好きです。愛犬がいるので、わんちゃんと家でのんびりしたり、なんかでも綺麗なところ行ったとしても撮ってなかったりするかも。
友達とご飯行ったりとか、料理作ったりとかそういう楽しい場は写真撮ってないかもしれない。


──忘れちゃいますよね、写真撮るの。ご自分で料理もされるんですね。

Baby Kiy:します!


──得意料理はなんですか?

Baby Kiy:和食ばっかり作ってます。パスタとかも作るけど、和食が好き。日本の食べ物が好き。


──和食難しいですよね。結構本格的にお料理されるんですね。

Baby Kiy:そんな本格的じゃないけど、好きですよ。料理するの好き。ストレス発散になるから、なるべく自炊するようにしているんですけど、忙しいとそれできなくて大変。


──勝手に、ものすごい高いレストランでランチとかされているイメージでした(笑)。

Baby Kiy:そういうのに興味ない(笑)。裸足でペタペタ歩いてるタイプです。海外とかに行ったら。
オーストラリアのバイロンとかは、本当みんなボロボロのTシャツに髪もボサボサで、なのにそれがスタイルになっていてすごいかっこいいから、そういう方が好き。


──それわかります…それがスタイルになるのがすごいですよね。日本だとだらしない人になりそうだけど…。

Baby Kiy:ライフスタイルがあるからかな。そういうのかっこいいなって思う。
みんながナチュラルで、自然とか人とかそのままの文化が好きだから、そこにわざわざ行って。


──ちなみに生まれたときから一応日本を拠点にして生活されていたんですか?

Baby Kiy:はい。そうです。でも0歳からずっと海外旅行に連れて行ってもらったり、身近ではあったかもしれないです。


──0歳から!?羨ましい!小さい頃から色々な文化に触れてきて、例に出たオーストラリアのナチュラルに生きるライフスタイルみたいな部分も知っていらっしゃると思うんですけど、今の日本ってナチュラルに生きるとか、素直に生きるのってなかなか難しいと思うんですよ。そう感じている世代に向けて、Kiyさんからアドバイスみたいのがあれば聞きたいです。

Baby Kiy:え~!え~!!難しいー!!!ひとりひとりに会ってお話ができたらと思うけど、ざっくりしてるから難しいな。

アドバイスになるかわからないけど、でも周りの目を気にしないっていうのはすごい難しいことだし、気にしなきゃいけないことももちろんたくさんあるし、自分が良ければそれで良いみたいなのは違うと思うけど、やっぱり自分の人生自分でしか歩めないし、やりたいことはやっていきたいと思っているから、それができるような環境に見を置いて私はやっているっていうか。

周りのスタッフとか自分が音楽をやるにあったって書く世界観だったりとかも、恵まれてるんですけどね。


──なるほど。自分から選択をして行った先に、そういう環境がついてきたというか。

Baby Kiy:ナチュラルにそういう風になっていったのかな。難しい~。


──今のような生活をしていることはちょっと前じゃ考えられなかったみたいなことは?

Baby Kiy:ないです。ちっちゃい時から今までずっと変わらないから。

音楽を仕事にしていることに対しては「本当に音楽仕事にしちゃったわ~」みたいな感じのはあるんですけど「うわ!まさか自分がこんなになっているとは」とは思わないかな。このライフスタイルもこの仕事も全部において。
次ページ : baby Kiyの曲作りの方法は?

シンガーソングライター/ビーチトリップシンガー 海外を旅をして出会う人、ビーチや街、その土地の音楽に触れて 様々なカルチャーに影響を受け、作詞作曲、演奏を自ら行う今後期待のアーティ スト。 音楽家の母の影響で幼い頃からいつも身近に音楽が流れている環境のもと育った 彼女。 ···

「音楽の日」出演のフェアリーズ、大人に…

沖縄出身ロックバンドORANGERAN…