1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. J-POP
  4. 歌詞コラム
  5. 10-FEET
  6. 10-FEET「蜃気楼」を紅葉を見ながら聴きたくなる理由[しゅかしゅんYUNA Urock! 第12回]

【歌詞コラム】10-FEET「蜃気楼」を紅葉を見ながら聴きたくなる理由[しゅかしゅんYUNA Urock! 第12回]

このアーティストの関連記事をチェック

10-FEETの定番曲『蜃気楼』が持つ…

忘れかけた心を蘇らせる名曲「蜃気楼」

大阪☆春夏秋冬(しゅかしゅん)のYUNAが音楽について語る連載コラム「しゅかしゅんYUNAのUrock!」!第12回目は『紅葉を見ながら聴くとすればこんな曲』がテーマです。ラグビーワールドカップが盛り上がっている今、ぴったりのテーマですね。

公開日:2019年10月16日 更新日:2019年12月2日

Column

YUNA


この記事の目次
  1. ・「しゅかしゅんYUNAのUrock!」第12回です
  2. ・10FEET「蜃気楼」
  3. ・見つけられたもの、失ったもの
  4. ・それぞれの無邪気さ
  5. ・しゅかしゅん LIVE INFO
  6. ・この記事を書いた人
  7. ・10-FEET 最新情報
  8. ・ライブ情報
  9. ・10-FEET Profile

「しゅかしゅんYUNAのUrock!」第12回です

大阪☆春夏秋冬のYUNA(ユウナ)です。


Urock12回目になりました。

やっと秋らしい涼しさも本格的になってきましたね。これですこれ、秋はこれでなくちゃ。

ところで前回、前々回はコラムの冒頭部分で『食欲の秋』について書きましたが、秋と言えばもう一つ。

運動会シーズンの『スポーツの秋』(!!)でもありますね。

最近はやっぱりプロ野球やラグビーW杯ですか? 観てますよ、しっかり。

前にプロ野球のイベントのアシスタントをさせてもらった事があったり、従兄弟の男3人兄弟がみんなラグビーをしていたりと、スポーツの中でもこの2つは割と身近に感じられてる気がします。まあ、どちらも未経験なんですけどね!(笑)

そして今回は『紅葉を見ながら聴くとすればこんな曲』というテーマで曲を選ばせてもらいました。

葉一枚一枚で色の変わり方や時期が違うのに、それを惜しまず散っていく姿は美しくて羨ましいですよね。

何歳になっても、家族が出来てからも、スポーツを続けられている人の熱とガムシャラさも、また羨ましく思います。

落ち着いた自分でいられる秋に、自分の在り方や昔のガムシャラさを思い出しもう一踏ん張りしてみようと思わせてくれる曲、10FEETさんの「蜃気楼」について書いていきます。

10FEET「蜃気楼」


紅葉で色が変わっている葉
緑が残っている葉
枯れて落ちてしまった葉

このような差がある事に対して、葉たちは嫉妬心という感情があるんですかね、枯れて落ちてしまっても堂々としているように見える葉が、とても羨ましく感じます。

----------------
優しそうな (優しそうな) 少し困った (少し困った)
母親にしがみついて泣いてた少年を
見てこぼした笑みは少し堅くて
僕はまた無邪気さを無くした気がしたんだ
≪蜃気楼 歌詞より抜粋≫
----------------
この曲自体が直接秋に関係してるわけではないですが、イントロのメロディーが秋の気分にぴったりなんですよね。

夏を終えてなんとなく大人しくなっている自分にもぴったりで。

だからこそこの曲の歌詞にあるように、無邪気さが薄れつつあるのがもどかしいんです。

毎日運動場に出て走り回ったり、体育の授業ではりきっていた頃が懐かしい。

小学校の頃、朝の休み時間にサッカーボールを取るために“早起き出来てた”初々しさは、今はなにに当たるんですかね。

人それぞれ、起床するときに待ち構えているものはバラバラだけど、誰にとっても睡魔はなかなか手強いものですし。

公園でラジオ体操をしているおじいちゃんおばあちゃん、犬を連れて散歩をしている方、ランニングをされてる方の方が元気なんじゃなかって(笑)。

だけど今の仕事をありがたいと感じられていたり、何か楽しみを備えている人、家族が待ってる人なんかは背筋が伸びててかっこいいです。

だから紅葉した葉を見ていると、そんな人たちの背中を見たくなるしこの曲を聴きたくなるんです。

見つけられたもの、失ったもの

----------------
見失っても 遠くに消えても 繰り返しの日々も 表情の無い日も
ああ 僕はぎこちない朝 また同じ夢を見ていた
≪蜃気楼 歌詞より抜粋≫
----------------

「変わったね。」
そんな言葉に暖かさも冷たさも感じる今日この頃。

大阪☆春夏秋冬として7年やってきたからこそ、自分たちのライブで新しく見つけられたものがあるし、逆に見失ってしまったものもきっとあると思うんです。

だけど見失わずにいつも近くにある時ほど、繰り返す日々を面白く感じることなんかないんですよね、、、。

安定も大事だけど、新しい事に挑戦もしないまま誰かへの尊重の仕方を間違えていけば、自分たちの色を守れなくなる気がして。

沢山ぶつかって行きたいです。振り返った時にいい経験になるように沢山砕けて、みんなでそれを拾い集めて形にしていくのって楽しくないですか?

愛があるからこそ、色んな人の愛を持ってきたものだからこそ、崩れても消えはしないと信じていて。

枯れて落ちてしまった葉と全く同じものは戻ってこないけど、また忘れたように一年後に景色を見にきたいと思う人がいるように、残り続けてくれるはずです。

美しくなくても美しく見えるし、そのものが実存し続けられれば、きっと自分だけじゃない人と人をつないできたものを守り続けられる気がします。

言葉って難しいし、結局なにを伝えたいのかもわからなくなるけど。

どんどん変わっていくかもしれないけど、簡単に無くすつもりもないし自分たちのものならば、誰かのためにもしっかり守る責任を感じながら信じてやっていきたいですね。

秋の紅葉の時期に上を見て歩きがちなのも、もう一踏ん張りできる理由なのかもしれないですね。

10FEETのTAKUMAさんの声からも頑張れるパワーをもらいながら、昔の無邪気さやガムシャラさを思い出して、また明日を迎えようと思います。


それぞれの無邪気さ

どうでしたでしょうか。

みなさんが昔持っていた無邪気さ、思い出しましたか?

しゅかしゅんのライブという場所を、そんな無邪気さを引き出せるような場所にしていけるように、まずは自分たちがしっかり取り戻して行きたいなと思います!

明日を迎えるのが楽しみだ。

ではまた。

You rock!!

TEXT YUNA

しゅかしゅん LIVE INFO

▶『~マイナマインド~22 MAINA BIRTHDAY LIVE in OSAKA』
【日時】2019年10月16日(水) 18:30開場/19:00開演
【場所】江坂MUSE
【料金】 前売4,000円/当日4,500円
オフィシャルHP


▶『ラグーナミュージックフェス2019』
【日時】2019年10月20日(日)
【場所】ラグーナテンボス・ラグナシアジョイアマーレの浜辺特設ステージ
【出演】日向坂46 /大阪☆春夏秋冬/わーすた/ザ・コインロッカーズ/YU-KI & DJ KOO(from TRF)/鈴木亜美/BENI(ベニ)
【料金】 2日間通し券14,000円/1日券各7,500円
オフィシャルHP】 


▶『Waaalk♩ vol.8 』
【日時】 2019年10月22日(火) 15:00 開場 / 15:30 開演
【場所】 心斎橋FANJ twice
【出演】 BUCCI (ET-KING) 大阪☆春夏秋冬 FREAK and more...
【料金】 前売り 3,000円 (1 drink代別)/当日 3,500円 (1 drink代別)
オフィシャルHP


▶『choir loft Vol.17』
【日時】 2019年10月24日(木) 18:45開場/19:15開演
【場所】 新宿LOFT
【出演】 大阪☆春夏秋冬 / フィロソフィーのダンス / 眉村ちあき
オフィシャルHP


▶『MONSTER HALLOWEEN CARNIVAL2019 powered by ytv CUNE!』
【日時】 2019年10月27日(日)
【場所】 堂島リバーフォーラム
【出演】 w-inds. / 大阪☆春夏秋冬 / Da-iCE / DEEP SQUAD / Dream Ami / and more
【料金】 1階スタンディング自由 6,500円/2階指定席 SOLD OUT
オフィシャルHP


▶︎『~マイナマインド~22 MAINA BIRTHDAY LIVE in TOKYO』
【日時】 2019年10月30日(水) 18:30開場/19:00開演
【場所】 上野音横丁
【料金】 前売4,000円/当日4,500円
オフィシャルHP


▶︎『大阪☆春夏秋冬ハロウィンパーティ2019』
【日程】 2019年10月31日(木)
【場所】 CLUB CANDY(大阪市中央区東心斎橋2-8-26 FUKU BLD心斎橋B1)

[1部]大阪☆春夏秋冬主催ハロウィンパーティー
【時間】 開場18:30/開演19:00
【料金】 前売 3,500円(+1ドリンク)/当日4,000円(+1ドリンク)

※1部は大阪☆春夏秋冬主催ハロウィンイベントになります。

[2部]CLUB CANDYハロウィンイベントにゲスト出演
【時間】 開場22:00~朝5:00まで (CLUB CANDY通常営業)
※2部に関して、CLUB CANDYの通常営業に大阪☆春夏秋冬がコラボ(ゲスト出演)する形になります。
※2部に関して、クラブ通常営業(22:00~)になりますので18歳未満の方は入場不可になります。
※本イベントの詳細については後日発表致します。

[YUNAコメント]
ハロウィン当日だからこそ、日常を忘れて私たち大阪☆春夏秋冬と一緒に思いっきり楽しんでみませんか? この日ならではの、個人のブースなんかも!? ぜひ仮装してお越しください!! お待ちしています!!


▶『大阪パフェ』
【日時】2019年11月9日(土)10日(日) 12:30開演(11:00開場)
【場所】万博記念公園 〒565-0826 大阪府吹田市千里万博公園1-1
【出演】
[アーティスト]
(50音順) ET-KING / 大阪☆春夏秋冬 / スキマスイッチ / たこやきレインボー / 東京ゲゲゲイ / ファンキー加藤 / yaiko(矢井田瞳)× takataka / and more...
[芸人]
月亭方正 / たむらけんじ / シャンプーハット / レイザーラモンRG / 麒麟 / ダイアン / 銀シャリ / アキナ / 和牛 / アインシュタイン / ミキ / 霜降り明星 / ゆりやんレトリィバァ / EXIT

[YUNAコメント]
月亭方正さんとたむらけんじさんが主催するイベント。豪華な出演者の皆様の中、出演させていただき嬉しいです。
方正さんが作詞作曲した曲でのコラボ、是非私達もお手伝いさせていただきたいですね、、、! 振り付けを考えるだとか、小さい子を巻き込んでいくだとか。大阪、そしてこのイベントを盛り上げていけるよう頑張ります!


▶︎三井の晩鐘 紅葉青空コンサート
【日時】2019年11月17日(日) 11:00~16:00
【場所】三井寺 千団子社前広場特設会場(滋賀県大津市園城寺町)

この記事を書いた人


YUNA(ユウナ)
1999年5月26日生まれ(双子座 /A型/一人っ子)

▶Twitter
▶Instagram

▶U rock!記事一覧

ボーカル、ギターのTAKUMAとベース、ボーカルのNAOKI、ドラムとコーラス担当のKOUICHIのスリーピース、メロディック・ハードコアバンドである。年間に100本近いライブをこなしており、迫力のあるライブパフォーマンスはファンだけでなく多くの歌手を虜にしている。それは日本だけでなく、アメリ···

この特集へのレビュー

男性

たき

2019/10/17 21:51

大人になって仕事でもベテランと呼ばれる様になり要領も良くなって効率を重視して、なかなかガムシャラにに取り組むって事少なくなっちゃったな。何も考えず体動かして仕事した方が良い結果出やすいし、自分の中の満足度も高いのにね。「蜃気楼」は若い頃の自分を思い出しました。

男性

みやむー

2019/10/18 00:29

仕事に対してのがむしゃらさだったり新鮮さって見いだせなくなって久しいけど、有難いことに年に1度エンタメの端っこにしがみつかせてもらってるお陰で、それを始めた頃の20代初期の無邪気さを保ててる気がします。勿論経験値はきちんと上げつつねw
そこにしゅかしゅんとの出会いがあったお陰で自分の歳を忘れて現場ではしゃいでる今があることが嬉しい楽しい。
10-FEETさん、ゲームの世界から帰ってこなくなってた友人がこのバンドに出会ったきっかけでLIVE行きたい!と外に出るよーになった、音楽って凄い!を教えてくれたバンドさん。
こういったバンドさんの歌詞って前向きさと切なさが同居してる具合が良いですよね。

男性

いーづか

2019/10/23 21:01

変わらないでいて欲しいという思いと新しいものを見せて欲しいという相反する期待を我々もしてしまいますよなぁ。客はほんとわがままだ。

みんなのレビューをもっとみる

この特集へのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの特集に1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

10-FEET 最新情報

ライブ情報

●10-FEET "ハローフィクサー" ONE-MAN TOUR 2019

10月9日(水) Zepp Tokyo
10月13日(日) 広島BLUE LIVE
10月17日(木) Zepp Fukuoka
10月22日(火・祝) Zepp Osaka Bayside
10月30日(水) Zepp Nagoya
11月3日(日) 仙台GIGS
11月9日(土) 高松festhalle
11月14日(木) Zepp Sapporo
11月18日(月) 新潟LOTS
11月25日(月) 京都KBSホール
11月30日(土) 富山クロスランドおやべ
12月8日(日) 沖縄 桜坂セントラル

▷詳細はコチラ

10-FEET Profile

1997年、地元・京都にて結成。現在も拠点を京都に置いて活動中。

シンプルな3ピースという形態ながら、メロコアというジャンルでは既に括る事のできないその音楽性は、ROCK、PUNK、HEAVY METAL、REGGAE、HIP HOP、GUITAR POP、BOSSA NOVA等のジャンルを10-FEET流に取り入れて幅広い独自のものを確立、ラウドロック・シーンで確かな存在感を示している。

また年間約100本にも及ぶ精力的なライブ活動も、その迫力満載のライブパフォーマンス、人間味溢れる深いメッセージが込められた歌詞やMC、笑顔を誘い出すキャラクターで常に話題を振りまいている。エンターテイナー性溢れるその活動スタイルを徹底している。

2007年夏には、「京都に大型野外フェスを。」の声のもとにバンド自らが企画した“京都大作戦2007”を立ち上げるも、台風の接近により中止となる。翌年以降は2日間に拡大して、毎年“京都大作戦”を開催、今や二日間でのべ4万人を動員する「関西最大規模の夏フェス」となっている。

近年では“フェスの王様”とも称されるほど、各地で行われるロック・フェスティバルには欠かせない存在に。2015年は夏のROCK IN JAPAN FESTIVAL4日間の大トリと冬のCONTDOWN JAPAN FESTIVALでのカウントダウンを、同フェスの歴史上初めて同一年で務めるという快挙を成し遂げた。

また、RISING SUN ROCK FESTIVALでは日の出を迎えるトリを務め、FUJI ROCK FESTIVALではグリーン・ステージのトップバッターを務めるなど、重要な局面を任されることも多い。また出演本数も数多く、ここ数年は夏フェス最多出演数記録の1位を常に争っている。

2011年以降、東日本大震災への支援活動にも積極的に取り組んでおり、ライブ ツアー“東日本大作戦”や、募金により被災地へさまざまな物資を届ける“ふとん大作戦”などを行なっている。

2017年1月には“東日本大作戦番外編”と称して、ゼビオアリーナ仙台で二日間にわたり1万人以上を動員する大型フェスを開催した。

2016年7月20日、『その向こうへ』以来約5年ぶりとなるシングル『アンテナラスト』をリリースすると、オリコン・ランキング初登場5位と自身最高位を記録。

バンド結成20周年、京都大作戦10周年となる節目の年、2017年の幕開けを飾った、テレビ東京ドラマ24「バイプレイヤーズ」のオープニングテーマとしても話題になったシングル『ヒトリセカイXヒトリズム』を2月1日にリリースすると、さらに最高位を更新する4位を獲得した。

開催10周年を記念して初めて三日間3日間で開催された「京都大作戦2017 ~心の10電!10執念!10横無尽にはしゃぎな祭!~」は最終日に雷雨による中断を余儀なくされながらもなんとか完遂、また新たな伝説として語り継がれることとなった。

7月19日リリースのシングル『太陽の月』も自己最高位タイの4位を記録、11月1日にリリースした8thアルバム『Fin』は自身最高位を更新するオリコン・ランキング2位を記録、バンド結成20年にしてその伸び代はなお果てしない。

▷10-FEET公式HP

キミが飛ぶ為にAqours「Jump …

「ぼくのうた」の歌詞に見える、渋谷すば…