1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. バンド
  4. 歌詞コラム
  5. ポルノグラフィティ
  6. 女性目線の歌詞が新鮮!ポルノが描く可愛い女性たちを一挙紹介

【歌詞コラム】女性目線の歌詞が新鮮!ポルノが描く可愛い女性たちを一挙紹介

このアーティストの関連記事をチェック

ポルノグラフィティ、20年前も今も。ポ…

ヒトリノ夜に考えるのは…。妄想をかき立…

ポルノグラフィティは多くの恋愛ソングを生み出してきましたが、女性目線で描かれた楽曲は意外と多くありません。なぜあえて女言葉で歌うのか?そこに光を当てたら、新しいポルノの世界が広がっていました。

公開日:2019年11月16日 更新日:2019年11月16日


この記事の目次
  1. ・一途すぎる女心が可愛い
  2. ・大きな愛に包まれる、ロマンチックな恋
  3. ・ヤクザとの悲恋を描いた「横浜リリー」
  4. ・女性の心情を男性が歌う心地よさ
  5. ・ポルノグラフィティ 最新情報
  6. ・リリース情報
  7. ・ポルノグラフィティ Profile

一途すぎる女心が可愛い

まずは、2005年にリリースされたアルバム「THUMPχ(サンプ・サンプ・サンプ)」に収録されている『Ouch!!』から見ていきましょう。ボーカル岡野のシャウトから始まる特徴的な楽曲で、一人称「アタシ」で、等身大の恋愛観が綴られています。
----------------
女心わからない 男が多すぎよ
フヤケたその心を叩き直せ

毎晩毎夜大変ね 仕事の他にもお付き合い
お酒はほどほどにしといてね
だけどアンタこのご時世 21世紀にもなって
連絡ひとつもよこせないのなんで!?

女心は時に情け無用なのよ
アンタの事情なんて関係ないわ
信じてるし男の甲斐性もわかっている
だけどいつも心にアタシが居て!!
≪Ouch!! 歌詞より抜粋≫
----------------

毎晩、飲みの付き合いで帰りが遅い彼を気遣いつつも、連絡ひとつ寄越さないことにご立腹の彼女。

ただ待たされるだけというのは不安ですしイライラしてしまうものですが、結局のところ「アタシを見て!!」と怒っているところに、寂しさと一途さが滲み出しています。


----------------
夢を大いに語るのは素敵なことだと思うわよ
ロマンは男に必要ね
だけどアンタが見てるのは今日じゃなく明後日ばっかなの
まさに"ローマは一日にしてならず"

女心は常に現実的なのよ
健気な幸せが大切なの
上を向いて歩いて足をすくわれるより
石橋でも叩いてゆっくり進め!!
≪Ouch!! 歌詞より抜粋≫
----------------

ロマンを語りたがる男性には耳の痛い正論ですが、彼女は正論で彼を論破したいわけではありません。ただ、好きな人と平穏で、愛の溢れる毎日を送りたいだけです。

そのためには、しっかりと地に足を着けて着実に進むことが大切で、ずっと一緒にいたい大好きな彼だからこそ口うるさくしてしまうのです。

----------------
女心ひとしお 魅かれ続けるのよ
母性の賜物ね Baby love to you

女心ひとひら しおらしいものなのよ
だからアンタ背中で漢見せて!!
≪Ouch!! 歌詞より抜粋≫
----------------

どこか情けない彼に文句を言いながらも、そんな彼に心惹かれてしまう悔しさ。母性のせいにしながら、本当はベタ惚れ。だから安心させて欲しくて、ついつい不機嫌になってしまうのです。

「本当にアタシのこと好き?」と何度も確認したくなる、一途な恋心。「女って面倒くさい」なんて思わず、時々はちゃんと彼女の方を見つめ直して、きちんと愛を伝えてあげてほしくなる、そんな可愛らしさの詰まった楽曲です。


大きな愛に包まれる、ロマンチックな恋

----------------
「さあ その手を離して こっちにおいでよ」
銀の空中ブランコは夜空に弧を描き揺れる
≪グラヴィティ 歌詞より抜粋≫
----------------

『グラヴィティ』は打って変わって、包容力のある人に惹かれています。楽曲に登場する空中ブランコはそのまま、人生に置き換えられるでしょう。

不安な時、今の場所から次のステップへ進む時、彼が一歩先を行って導いてくれます。手を差し伸べて、「大丈夫だよ」と言うように。


----------------
この体も この胸も ただあなたに惹かれ
迷わずに行けると思うよ 両手を広げて
≪グラヴィティ 歌詞より抜粋≫
----------------

だから「私」は、いつでも安心して飛び込むことができるのです。まさに、大人の男です。

----------------
ねえ 三日月ライトをそっと消したら
ぎゅっと肩を抱いててね 一人落ちてしまわぬように
≪グラヴィティ 歌詞より抜粋≫
----------------

冒頭から「空中ブランコ」が登場するあたり、サーカスに見立てた楽曲であることがわかります。「三日月ライト」もどことなく幻想的で、演劇を見てるような夢見心地になります。

一人で落ちてしまうのは怖いから、はぐれないように肩を抱いて欲しい、こんな可愛いことを言われたら、男性もメロメロになってしまうでしょう。大人の男である彼に心惹かれる「私」は、彼女自身も純粋でまっすぐに愛を見つめる、素敵な女性です。


----------------
いつからか時間が意味をなくしていたの
一秒と千年の間に違いはなくて

永遠でなくてもいい 限りある命と
愛しい時が流れて
小さな泡になって消えていく瞬間
それさえ愛したい
≪グラヴィティ 歌詞より抜粋≫
----------------

愛を前にしたら、永遠も一瞬も変わりない。どんなに長い時間も一瞬で飛び越えられるほど、愛は距離を超えます。そして、どんな悠久の時も一瞬に感じてしまうほど、好きな人との時間は愛おしく、瞬く間に過ぎ去ってしまうのです。

"だから抱きしめていてね?離さないでね?"と、少し甘えるように何度も確認しているのです。


彼を信頼しきっている、可愛らしい女性、守ってあげたくなる女性です。『Ouch!!』は異なり、可愛らしい女性らしい声色で丁寧に歌う岡野のボーカルが印象的な楽曲です。

ライブで披露されることは多くありませんが、9/7・8に開催された20周年ライブで披露された時には、6万近い観客がその歌声にうっとりと聴き惚れました。人を愛することの美しさ、素晴らしさを再認識させてくれる楽曲でもあります。

ヤクザとの悲恋を描いた「横浜リリー」

----------------
本牧から悪い噂が聞こえて来た時
険しい顔を見せた あなたを止める手だてすらなくて
≪横浜リリー 歌詞より抜粋≫
----------------

最後に紹介する曲は、ヤクザの世界に生きる男性を愛してしまった女性の悲恋を歌った『横浜リリー』です。


----------------
港町で暮らす女に お似合いの名前だと言って
私をリリーと呼んだキザなとこも

弱いくせに馬鹿なくせに本当の男になりたいと
体に傷ばかり作ってたとこも

ここに帰って来さえすればね また愛してあげるわ
≪横浜リリー 歌詞より抜粋≫
----------------

タイトルの『横浜リリー』につながる「リリー」という名前は、彼がつけてくれたものでした。キザだといいながら、愛する人がつけてくれたその名前を、きっと大切にしていたのでしょう。

しかし、そんな彼の生活はすさんでいます。弱くて馬鹿で、しょっちゅうケガをしている彼は、チンピラのようなことをして生活しているのかもしれません。

「弱いくせに馬鹿なくせに」と辛辣な言葉が並んでいますが、岡野の切ない歌声からは、深い愛情と彼への哀れみを感じます。

彼はいつも、別れ際におざなりなキスをして、「じゃあ、また。」という言葉を残して消えます。愛のないキスの名残をいつまでも確認してしまう女の悲しさ、彼を待ち続けるひたむきさが、リリーという女性を象徴しています。


----------------
どんな嘘だって知らないふりをしてきてあげたけれど
部屋のドアを出る時の「じゃあ、また。」は嘘じゃ許さないから
≪横浜リリー 歌詞より抜粋≫
----------------

どんな嘘でも黙って耐える彼女ですが、ひとつだけ譲らないものは、また会える約束です。その約束を破ったら許さないとまで言っていますから、それほど深く愛しているのです。

どんなに傷ついても、態度が冷たくても、自分のところへ戻って来てくれることだけを願っていたリリー。しかし、その約束はついに破られてしまいます。

----------------
たぶんあなたのことね 私なんか忘れちゃって
震えながら泣いて泣いて引き金を握ってる
≪横浜リリー 歌詞より抜粋≫
----------------

いつも傷だらけになっている彼。そんな危なっかしい人を愛してしまった悲劇です。彼の最期はあくまでリリーの想像ですが、実際、彼女の元へは帰ってこなかったのでしょう。

「私なんか忘れちゃって」というところに、リリーと彼の関係が見て取れます。必要な時だけ求められて、きっとリリーは大切にされていなかったのでしょう。寂しさを抱えたまま、それでも離れることができずに、彼を愛し続けました。

彼の死を思わせる描写と、港町から遠い街に移って暮らすラストシーンは涙を誘います。


----------------
横浜のリリーは今 違う街に暮らしてる
誰も彼女の事をリリーとは呼ばない遠い街で
≪横浜リリー 歌詞より抜粋≫
----------------

そしてリリーはもう怒る相手のいない街を離れ、遠い街でリリーではない本当の名前で生きるのです。大きな喪失感を抱きながら。

リリーはどこまでも一途で、だからこそ悲惨な結末を迎えてしまった女性です。どうか彼女には幸せな未来が待っていて欲しいと願わずにはいられません。

異国情緒溢れるメロディに心奪われがちな『横浜リリー』ですが、そこには愛しても幸せになれない人を愛してしまった女性の悲しみと、それ以上の深い愛に満ち溢れています。

女性の心情を男性が歌う心地よさ

いかがだったでしょうか?今回はポルノグラフィティの中でも、女性目線、女性言葉で綴られた楽曲をご紹介しました。

作詞を手がけた新藤晴一も岡野昭仁も男性ですから、女心がわかるわけではありません。それでも、聴いた人が"そうそう"と思わずうなずきたくなるような歌詞がちりばめられています。

そして女言葉の歌詞を男性が歌うことで、男性にしか生み出すことのできない情緒が生まれます。『Ouch!!』は歌詞こそ女言葉ですが、巻き舌をところどころに交えた岡野の力強いボーカルが印象的です。歌い方はあえて男らしくしていることで強烈なギャップ萌えが生まれ、ファンの心を鷲づかみにするのです。

そして『グラヴィティ』は恋する女性の純粋さや可愛らしさを、『横浜リリー』は報われない恋に翻弄される女性の悲しさを、岡野の柔らかなボーカルが見事に表現しています。

曲によって変幻自在な声を持ち、圧倒的歌唱力と表現力を兼ね備えた岡野だからこそ輝く楽曲といえるでしょう。

TEXT 岡野ケイ

ポルノグラフィティは、岡野昭仁と新藤晴一からなる2人組の男性ロックバンドである。所属レーベルは、SME Records。1994年、岡野と新藤に、元メンバーであるTamaを含めた3人で、グループを結成。新藤とTamaは小中学の、岡野と新藤は高校の同級生という間柄である。ポップで親しみやすい楽曲が多く、···

この特集へのレビュー

この特集へのレビューを書いてみませんか?

この特集へのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの特集に1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

ポルノグラフィティ 最新情報

リリース情報

●2019年12月25日(水) リリース
『ポルノグラフィティ 20th Anniversary Special Live Box』

★Blu-ray
価格:24,000円(税込)
品番:SEXL-140~144

★DVD
価格:20,000円(税込)
品番:SEBL-280~287

【収録内容】
①「16th ライヴサーキット“UNFADED”」横浜アリーナ公演の模様
②「16th ライヴサーキット“UNFADED”」ツアードキュメント映像
③ スペシャルな20周年LIVEの映像(スペシャルな内容の詳細は、後日発表します!)
④これまでのライヴを振り返りながらメンバーが語る、本ボックスのために収録した「しまなみテレビ特別編」

その他、豪華特典封入予定!!

スピッツの4人へ 変わらぬロックンロー…

愛とホラーと戦いと絆!アニメ「地獄先生…