1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. ボーカロイド
  4. ボーカロイド&特集
  5. DECO*27
  6. ボーカロイドを語るには外せない存在、DECO*27に迫る!

【特集】ボーカロイドを語るには外せない存在、DECO*27に迫る!

ぎゅっとまとめ
  • ボカロP「DECO*27」とは?
  • これだけは聴いてほしい!オススメ楽曲をご紹介!
  • これからの「DECO*27」にも注目!

このアーティストの関連記事をチェック

ミクスチャーボカロロックの金字塔!「ゴ…

「いきたくない」女の子の恋。「乙女解剖…

ギターの軽やかで頭に残るメロディと男女の恋愛を歌った歌詞で人気のボカロP、DECO*27。この記事では、そんなDECO*27について、今まで彼が投稿してきた楽曲と共に紹介していきます。

公開日:2020年1月3日 更新日:2020年1月3日

Editor

Noah


この記事の目次
  1. ・期待の新人として現れたDECO*27
  2. ・歌手に楽曲提供も!
  3. ・外せない楽曲を紹介!
  4. ・「二息歩行」
  5. ・「モザイクロール」
  6. ・「39」
  7. ・「ゴーストルール」
  8. ・「乙女解剖」
  9. ・「アンドロイドガール」
  10. ・今後もDECO*27を必見!
  11. ・DECO*27 Profile

期待の新人として現れたDECO*27


DECO*27は2008年、初音ミクオリジナル曲の『僕みたいな君 君みたいな僕』でデビューしたボカロPです。

1曲目から話題になるほどの人気を博し、期待の新人として注目されました。

今に至るまで毎年曲を最低一曲は投稿し続け、投稿された楽曲はなんと50曲以上。

凄まじい曲数を投稿しているにも関わらず、ニコニコ動画で投稿された全ての楽曲が10万再生を突破している、ボーカロイド好きで名前を知らない人はいないであろう有名ボカロPなのです。

その人気を裏付けるかのように、DECO*27単体のアルバムは今まで6枚リリースされています。

ちなみに作詞作曲の他にも自身で作った曲をギターを弾いたり、コーラスを歌うなどの活動もしています。

歌手に楽曲提供も!


ありきたりなバンドサウンドとはまた違った、軽やかなギターと独特の言葉選びが特徴的なDECO*27ですが、その活動はボーカロイドだけには留まりません。

柴咲コウの『無形スピリット』と『ゲノミクロニクル』の作曲だけでなく、2011年にはライブツアーにバンドメンバーとして参加。



他にも、KOTOKOの『メーテルリンク』の作曲や悠木碧の『時計観覧車』『シュガーループ』、Geroの『Cricle』の作詞作曲なども担当しました。

外せない楽曲を紹介!


さまざまな名曲を発表してきたDECO*27。ここではDECO*27といえばこれ!と言われている楽曲や、これだけは聴いて欲しいと思う楽曲を紹介します。

約10年前から今年発表された楽曲まで幅広く紹介しているので、もし知らない曲があれば是非聴いてみてください。

今回紹介出来なかった曲も素晴らしいものばかりなので、もし気に入った曲があれば他の曲も聴いてみてくださいね。

「二息歩行」

▲二息歩行 (feat. 初音ミク)

ポップで耳に残るバンドサウンドが特徴的な楽曲。

大切にしたいのに言葉で傷つけてしまう少年と傷つけられようがそれを受け止めようとしている少女の共依存のような難しい恋模様を思わせる歌詞が特徴的です。

歌詞の言葉選びの独特さが特に現れているような曲で、チューや唾液など、歌詞に入っているのはあまり見たことがない単語が使われています。



非公式で作られたPVが反響を呼び、本家公認のPVとしてカラオケなどでも配信されました。

「モザイクロール」

▲DECO*27 - モザイクロール feat. GUMI


2010年、DECO*27が初めてGUMIのソロ曲として投稿した楽曲がこの『モザイクロール』です。

当時の記録で2位となる速さで100万再生を突破、そのまま勢いは止まることなく、GUMIオリジナル曲としては史上初となる1000万再生を達成しました。



ギターが特徴的なバンドサウンドをバックに、真っ直ぐな力強さを感じるGUMIの声で歌われる爛れた愛を仄かに感じる歌詞ともう一人の自分との対立を描いたように見えるMVは1つの映像作品と言っても違和感が無いほどのクオリティとなっています。

「39」

▲sasakure.UK x DECO*27 - 39 feat. 初音ミク

2012年、初音ミクの5周年を記念して、DECO*と『ハロー*プラネット』などを作ったsasakure.UKがコラボレーションして作られた楽曲がこちら。

初音ミクとサンキューを掛け合わせたような遊び心のあるタイトルになっていて、キーボードを『トリノコシティ』などで有名な40mP、ベースを『アイロニ』などで有名なすこっぷが担当するなど演奏しているメンバーも豪華な曲になっています。

初音ミクに対するお祝いの気持ちと、それに応えるかのような初音ミクからの感謝の言葉が詰まった歌詞は聴いていて暖かく、楽しい気持ちにさせてくれますよ。

「ゴーストルール」

▲DECO*27 - ゴーストルール feat. 初音ミク


激しい中にも寂しさを感じさせる楽曲。

嘘や戻れない、騙せないなど負の感情を感じる言葉が歌詞に登場する中、サビでは「メーデー」と繰り返し助けを求める姿が垣間見えます。



かっこよく、耳に残るバンドサウンドと意味深な歌詞が爆発的に話題となり、さまざまな音楽ゲームにも収録されることにもなりました。

「乙女解剖」

▲DECO*27 - 乙女解剖 feat. 初音ミク

一人の女性視点で語られる歌詞と漫画調のMVが特徴的で、歌詞とPVからぼんやりと伝わってくる純粋とは言いがたい恋と不穏な雰囲気から様々な考察がされました。



そんな不穏な雰囲気が漂う曲ではありますが曲調は暗いわけでもなく、頭に残る中毒性を持った曲で様々な歌い手によってカバーされるだけではなく、踊り手たちにより振り付けも非公式で作られ踊ってみた動画も上げられています。

「アンドロイドガール」

▲DECO*27 - アンドロイドガール feat. 初音ミク

キャッチーなメロディと抽象的ではあるものの、全力でぶつかり合っている様な恋愛を歌った歌詞、そしてアニメのように動きスピーディに展開されていくMVが魅力的な楽曲です。



なんとMVには二息歩行の公式にまでなったPVに登場する男女が登場し、歌詞の中でも、「息を閉じた」「錆び付いた腕」など二息歩行を連想することができるような言葉が盛り込まれています。

間接的な繋がりがあると明言され、二息歩行を知る人にとっては思わぬサプライズになった曲でもあります。

今後もDECO*27を必見!


今もなお、その数々の楽曲を作り続けボーカロイド界を引っ張っていると言っても過言ではないDECO*27。

デビューしてから今まで、彼の作り上げた多くの楽曲が、ボーカロイド界に名曲として名を刻み続けています。

今年、2019年も既に7曲新曲を発表し、彼の勢いは止まることを知りません。次の年もまた新たに良曲を作り上げていくであろうDECO*27に注目です。


TEXT Noah

DECO*27(デコ・ニーナ) レフティスタイルでギターを奏で、聴くものの心に共感と共鳴を呼び起こす。作詞、作曲を手掛けるアーティスト/プロデューサー。 ロックをベースにフォークからエレクロニックミュージックまで柔軟に吸収したサウンドと、一聴してDECO*27の作品だと判る印象的なメロデ···

この特集へのレビュー

この特集へのレビューを書いてみませんか?

この特集へのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの特集に1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

ジェニーハイが表した量産型女子の孤独「…

邦楽シーンを俯瞰する、今最も賢いバンド…