1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. ボーカロイド
  4. ボーカロイド&特集
  5. DECO*27
  6. DECO*27の代表ボカロ曲「モザイクロールfeat.GUMI」を解説!

【特集】DECO*27の代表ボカロ曲「モザイクロールfeat.GUMI」を解説!

ぎゅっとまとめ
  • DECO*27初の100万再生を達成した「モザイクロール」はGUMIを有名にした曲
  • 作曲者のDECO*27は精力的に活動中!悠木碧や中川翔子にも楽曲提供
  • 2019年にはDECO*27が取締役社長としたクリエイター組織を立ち上げる

このアーティストの関連記事をチェック

ボーカロイドを語るには外せない存在、D…

「いきたくない」女の子の恋。「乙女解剖…

2010年にニコニコ動画に投稿され、2018年にはVOCALOID神話入りと呼ばれる1000万回再生を達成したDECO*27(デコ・ニーナ)の楽曲『モザイクロール』。今回はボカロ好きなら必ず聴いたことのある『モザイクロール』の魅力についてご紹介します!

公開日:2020年1月23日 更新日:2020年1月23日


この記事の目次
  1. ・10代男女を虜にした「モザイクロール」の魅力は?
  2. ・DECO*27初の100万再生を達成したGUMI楽曲
  3. ・収録アルバムは「パラヴレルワールド」メディアミックスも多彩!
  4. ・悠木碧や中川翔子にも楽曲提供した「DECO*27」はどんな人物?
  5. ・「モザイクロール」の歌ってみたの歌い手は?
  6. ・活動開始から10年経った今でも活発に活動中!
  7. ・DECO*27 Profile
TOP画像引用元 (Amazon)

10代男女を虜にした「モザイクロール」の魅力は?

▲DECO*27 - モザイクロール feat. GUMI

DECO*27初の100万再生を達成したGUMI楽曲



『モザイクロール』は、DECO*27の通算19作目となるオリジナルのVOCALOID楽曲です。

使用された歌声ソフトは、Megpoid(メグッポイド)のGUMIというキャラクター。

DECO*27がGUMIを使った楽曲はこの『モザイクロール』で2作目でしたが、その勢いのあるバンドサウンドで圧倒的な人気を集め、GUMIオリジナル曲で1番に100万回再生~1000万回再生を達成しました。

また、2012年11月の月刊「事業構想」の記事では『モザイクロール』によって人気が高まり、GUMIの売上も大きく伸びたとまで言われています。

そんな『モザイクロール』は、GUMIの歌声を世間に知らしめた、代表曲といっても過言ではないでしょう。

ギターとドラムの激しいサウンドに、GUMIの淡々とした語りが入るこの曲調は、当時あまりバンドテイストの楽曲で使用されなかったGUMIの魅力を最大限に引き出したのです。

また、MVとなる動画は「甘党トリオ」と呼ばれる3人のクリエイターによって作られています。

DECO*27初めてのGUMIオリジナル曲である『弱虫モンブラン』のMVを手掛けたakkaが作画を担当。

塗りや背景の一部を『パラヴレルワールド』のアートワークを描いたmirtoが担当しています。

映像はGUMIの周りに飛び交う、はさみなどの刃物の描写が印象的です。

収録アルバムは「パラヴレルワールド」メディアミックスも多彩!


画像引用元 (Amazon)

「モザイクロール」の収録されているアルバムは、2010年7月に発売された「パラヴレルワールド」です。

全7曲すべてがGUMI歌唱という、GUMIファンにはたまらないCDとなっています。

また、モザイクロールは小説やコミックなどのメディアミックスも盛んです。

上下巻で構成されるコミカライズ版では、学園青春モノでミステリーの要素が入った物語が繰り広げられます。

主題は「ドッペルゲンガー」。主人公の高校生・中城愛望の前に、自分とそっくりな姿の転校生がやって来るところから物語が始まります。

小説版となる「モザイクロール―high&melancholy―」は一巻完結の物語です。

女子高生のめぐみがアイドル発掘サイト「MOZAIK」と呼ばれるネット上の仮想空間に閉じ込められ、そこから脱出する方法を探すというストーリー。

脱出するためにネット上に投稿された数々の物語を、ハッピーエンドにしようと奔走するめぐみたち。少しメタ要素が入った話は、歌詞とリンクする部分も多くオススメです。

悠木碧や中川翔子にも楽曲提供した「DECO*27」はどんな人物?

▷ニコニコ動画 「キミ以上、ボク未満。」唄ってみた by DECO*27

DECO*27(デコ・ニーナ)は、可愛らしい名前とは裏腹に男性のVOCALOIDプロデューサーとして、2008年に楽曲投稿の活動を開始しました。

主に使用するVOCALOIDは初音ミクと巡音ルカとメグッポイド。

人気曲の『二足歩行』や『弱虫モンブラン』のイメージが強いため、激しいバンドテイストの楽曲が多いと思われがちですが、「むかしむかしのきょうのぼく」や「愛言葉」など、ほのぼのとした歌詞とメロディの楽曲も多く作っており、人気を集めています。

そんなDECO*27は、インタビューなどで出身地は福岡で、年齢は2019年で33歳となることが明かされています。

また名前の由来は、おでこが広いから「デコ=DECO」、そして数字の「2」が好きなのと「ラッキーセブン」を名前に入れたいとして「27」が付き、最後に「*」を間に入れたとのこと。

楽曲の制作は14歳の頃から始め、ギターを中心とした楽器の経験やバンドの経験が、作曲に強く影響しているようです。

また、著名なアーティストとのコラボや楽曲提供の活動も積極的です。



2011年には柴咲コウとTeddyLoidとともに『galaxias!』を結成し、11月にデビューアルバムとなる同名のアルバム「galaxias!」をリリースしました。

他にも、声優の悠木碧が2012年に出したオリジナルのアルバム「プティパ」では、『時計観覧車』『シュガーループ』の2曲の作詞作曲を担当し、タレント・歌手で有名な中川翔子の楽曲『GAME』『Satellite Girl』『ちょべりGood Time』なども手掛けています。

▼こちらの記事も合わせて読みたい関連記事

「モザイクロール」の歌ってみたの歌い手は?

▲そらる-モザイクロール【歌ってみた】

そんな人気を集めたモザイクロールは、ニコニコ動画の歌ってみたカテゴリの動画数はなんと5000を超えています。

カラオケでも配信されており、10年近く経った今でも愛され続けている楽曲です。

代表的な歌い手は『二息歩行』や『セツナトリップ』の歌ってみたで有名な女性歌い手ヲタみんや、アニメソングなどでメジャーデビューを果たしたそらるなどが挙げられます。

また、2012年にメジャーデビューした歌い手のnanoも「洋楽っぽく歌ってみた」というタイトルで英語で歌った動画を投稿しています。

▼こちらの記事も合わせて読みたい関連記事

▲【ナノ】モザイクロールを洋楽っぽく歌ってみた【2011年vers.】

活動開始から10年経った今でも活発に活動中!

▲DECO*27 - サイコグラム feat. 初音ミク

2019年1月には株式会社OTOIROというクリエイター組織を立ち上げるなど、DECO*27は現在も活発に楽曲制作活動を行っています。

最近知ったという方も、昔の楽曲だけ聴いたことがあるという方も、ぜひチェックしてみてくださいね。

TEXT 空野カケル

DECO*27(デコ・ニーナ) レフティスタイルでギターを奏で、聴くものの心に共感と共鳴を呼び起こす。作詞、作曲を手掛けるアーティスト/プロデューサー。 ロックをベースにフォークからエレクロニックミュージックまで柔軟に吸収したサウンドと、一聴してDECO*27の作品だと判る印象的なメロデ···

この特集へのレビュー

この特集へのレビューを書いてみませんか?

この特集へのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの特集に1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

常に最先端を走り続ける、水曜日のカンパ…

元NMB48山本彩の現在がすごい!アー…