1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. バンド
  4. バンド&特集
  5. マカロニえんぴつ
  6. 新人マカロッカーよ、まずは「アルデンテ」を聞くべし!

【特集】新人マカロッカーよ、まずは「アルデンテ」を聞くべし!

ぎゅっとまとめ
  • マカロニえんぴつは音大出身の4人組バンド
  • 『アルデンテ』は2015年に発売されたファーストミニアルバム
  • 全6曲のなかに彼ららしさがたっぷり詰まっており、聞き応え抜群!

このアーティストの関連記事をチェック

ポップなサウンドとは裏腹に鋭いメッセー…

【Mステ】10月16日の放送は2時間S…

メンバー全員が音大出身というハイスペックな4人組バンド『マカロニえんぴつ』。メディアへの露出が増えたことで、新規のファンも増えたのではないでしょうか?そこで今回は、彼らの原点であるファーストミニアルバム『アルデンテ』を徹底解説します!

公開日:2020年5月12日 更新日:2020年8月17日


この記事の目次 []
  1. ・1stアルバムにして「らしさ」全開!
  2. ・「鳴らせ」
  3. ・「ワンドリンク別」
  4. ・「零色」
  5. ・「幸せやそれに似たもの」
  6. ・「なんだったっけ」
  7. ・「あこがれ」
  8. ・他のアルバムも必聴!

1stアルバムにして「らしさ」全開!



『マカえん』こと『マカロニえんぴつ』は、2012年に結成された4人組バンド。

神奈川県にある音楽大学内で結成されました。

つまり、メンバー全員が音大出身。

歌、演奏、歌詞、メロディーなど全てに安定感があり、ロックに馴染みがない人でも聴きやすいのが魅力です。

だからこそ彼らのファン、通称「マカロッカー」が続々と増殖中。

メディアへの露出やロックフェスへの出演も増えているので、今後ますますマカロッカーが増えることでしょう。


そこで、新人マカロッカーにぜひとも聞いて欲しいのが、2015年にリリースされたファーストミニアルバム『アルデンテ』です。

ファーストアルバムにして、その完成度は100点満点。

彼ららしいもの哀しげな恋の歌や、ロックバンドらしい前向きな楽曲など6曲が収録されており、聞き応えたっぷりです。

一曲ずつレビューしていくので、ぜひお気に入りを見つけてみてくださいね。

「鳴らせ」

▲鳴らせ


1曲目に収録されているのは『鳴らせ』という疾走感溢れるロックなナンバー。

夢に向かっているようでどこか諦めはじめている人や倦怠感を感じている人へ、熱いメッセージが歌われています。

叶えたい夢や目標がある人ならどんな人にでも響く楽曲ですが、タイトルや歌詞から考察すると、この楽曲はバンドマンへ向けられているようにも感じられます。

もしかしたら『マカロニえんぴつ』というバンドで夢へ進み始めた自分たちへ書き下ろした楽曲なのかもしれませんね。

「ワンドリンク別」

▲マカロニえんぴつ「ワンドリンク別」ライブ映像

2曲目に収録されているのは『ワンドリンク別』という楽曲。

タイトルからはライブやそのチケットを連想しますが、楽曲では叶わぬ恋について歌われています。

しかも、自分の好きな人には他に好きな人がいて、どんなに願っても叶わないというかなり切ない内容。

相手はバンドマンなのか「恋ではない」と自分に言い聞かせながらライブハウスへ足を運ぶ様子なども歌われています。

とても感情的でストーリー性のある楽曲なので、ぜひ通して聴いて自分のストーリーを考えてみてくださいね。

「零色」

▲零色


3曲目に収録されている『零色』は、過去にシングルとして発売されていた楽曲です。

『零色』が表題曲で、その他『イケメンとかみんな消えてくれ』『せめて口だけは偉そうに』の3曲入りで会場限定で販売されていました。

現在は廃盤になっているので、当時のCDはかなりレアもの。

持っている方は周囲に自慢できます。

楽曲で歌われているのは、日々感じる不安や葛藤について。

文学的な表現、切なさを感じるテンポの良いメロディーラインが非常にマッチしており、彼らの実力を感じる一曲です。

「幸せやそれに似たもの」

▲幸せやそれに似たもの


4曲目はタイトルだけでも切なくなってしまう失恋ソング『幸せやそれに似たもの』。

別れのシーンが情緒感たっぷりに歌われています。

この楽曲の良さは、感情の動きや別れ際の光景がとても繊細に表現されている点。

登場人物の具体的なパーソナリティは歌われていないものの、言葉の端々から服装や性格、趣味などをイメージできます。

目をつぶって聞いていると、まるでドラマのように頭の中で映像が再生されます。

ぜひみなさんも目を閉じてじっくりと聞いてみてくださいね。

「なんだったっけ」

▲なんだったっけ


5曲目の『なんだったっけ』は、彼らのメロディーセンスが光る、ややジャズテイストな楽曲。

歌詞では自暴自棄な思いが問いかけるように歌われています。

この『なんだったっけ』に代表されるように、マカロニえんぴつの楽曲は「みんな頑張ろうぜ!」という前向きなものは少なめ。

やり切れない思いや虚しさなど、満たされない思いを歌ったものが多いです。

でも、そのなんとも言えない哀愁や不安が共感を呼ぶポイントなのかもしれませんね。

「あこがれ」

▲あこがれ


ミニアルバム『アルデンテ』を締める6曲目は、彼らの等身大の思いが表現された『あこがれ』というミドルテンポの楽曲。

「憧れの人にはなれないけど、それでも夢を追いかけ続けたい」という強い思いが歌われています。

楽曲中ではあこがれの人のことを「あなた」とも表現していることから、具体的に誰かをイメージして書いた曲であることが分かります。

一体誰のことなんでしょうか?

真相は分かりませんが、ぜひこの楽曲からマカロニえんぴつの熱い思いを受け取りましょう。

他のアルバムも必聴!



以上、マカロニえんぴつのファーストミニアルバム『アルデンテ』のをご紹介しました。

お気に入りの楽曲や、聞いてみたいと思う楽曲はありましたか?

1枚目にしてこの完成度を誇る彼らの楽曲は、月日を追うごとにさらに魅力が増しています。

2枚目のミニアルバム『エイチビー』ではさらに彼ららしさを感じられる他、2020年にリリースされたニューアルバム『hope』では演奏や歌唱のレベルアップをひしひしと感じます。

ぜひ様々なアルバムを聴き比べて、彼らの上達ぶりや色々な世界観を味わってみてくださいね!


TEXT ゆとりーな

▷マカロニえんぴつ 公式サイト ▷マカロニえんぴつ 公式Twitter ▷マカロニえんぴつ 公式Instagramr ▷マカロニえんぴつ 公式LINE

この特集へのレビュー

この特集へのレビューを書いてみませんか?

この特集へのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの特集に1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

唯一無二の天才「まふまふ」の世界観が凄…

人気曲「幽霊東京」の歌詞を考察!最後の…