1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. J-POP
  4. 歌詞コラム
  5. 真心ブラザーズ
  6. 高校野球応援曲の定番となった真心ブラザーズの「どか~ん」

【歌詞コラム】高校野球応援曲の定番となった真心ブラザーズの「どか~ん」

1990年発売の真心ブラザーズの「どか~ん」。 『ニュースステーション』のコーナー『プロ野球1分勝負』で使われていた曲です。この『プロ野球1分勝負』はプロ野球の試合をダイジェストで見せていくごく短いコーナー。1分というタイトルのとおりの短い時間。にも関わらず、当時このニュース番組を観ていた人にとってこの曲は印象に残るものになっています。

公開日:2016年3月22日 更新日:2017年5月30日




1990年発売の真心ブラザーズの「どか~ん」。『ニュースステーション』のコーナー『プロ野球1分勝負』で使われていた曲です。この『プロ野球1分勝負』はプロ野球の試合をダイジェストで見せていくごく短いコーナー。1分というタイトルのとおりの短い時間。にも関わらず、当時このニュース番組を観ていた人にとってこの曲は印象に残るものになっています。

「どかーんと景気よく やってみようよ 死にものぐるいの明るさで (や~)」の歌詞で始まる2分に満たないこの曲。しかしそのメロディと歌詞のインパクトで非常に耳に残るんですね。「どかーん」というフレーズがホームランを連想させ、野球のイメージに合っていたのです。


「どか~んと元気よく やってみようよ 空元気をフル回転して」
空元気をフル回転するという歌詞が良いですね。「空元気 フル回転」という歌詞で検索して出てくるのはこの曲だけです。それほど意識の中で分かってはいるけどなかなか出てこない言葉なんですね。

「ふっと やなことが 頭をかすめて ゆううつな気持ちが 広がってゆく 
そんな気持ちを ぐっとおさえて
どかーんと景気よく やってみようよ」
「嫌な事」を「やなこと」、「憂鬱な気持ち」を「ゆううつな気持ち」と表記しています。歌詞上であえてひらがなを使うことで、既に「そんな気持ちを ぐっとおさえて」いるんですね。こういう表記する文字からも「嫌」「憂鬱」を排除していく姿勢というのは伝わります。

「都合の悪いことは 知らんぷり(ぷり ぷり ハハーン)
どかーんと一発 やってみようよ 当たって砕けろ 死んでもともと (どかーん)」

「知らんぷり(ぷり ぷり ハハーン)」というちょっとバカバカしい歌詞で変化をつけます。ここでクスっとさせて元気を与えるわけですね。この変化があることで「当たって砕けろ 死んでもともと」という歌詞が生きてくるようになっています。




高校野球でも応援曲として使われるこの曲。吹奏楽部で高校野球の応援をした経験がある人なら分かりますが、応援曲は野球部から吹奏楽部に「この曲やってくれ」と依頼が来ます。POPSのヒット曲を依頼されることもありますが、ずっと人気の「野球応援の定番曲」が存在します。
「タッチ」「ルパン三世」「ポパイ」「狙いうち」そして「どか~ん」は毎年必ず入ってくる定番でした。これは吹奏楽部あるあると言っていいと思います。
実際に「ブラバン甲子園」シリーズのCDでも一番最初のCDやベストにも「どか~ん」は収録されています。ずっと残るだけあり、曲に力があったんですね。

冒頭の「どかーんと一発」の後の「チャチャチャ」のリズムで応援のテンションが上がります。この一瞬の空白が「前へ前へ」という気持ちを作りだしているんですね。20年以上前のこの曲は今も高校野球で歌い継がれています。

「当たって砕けろ 死んでもともと」という歌詞をこれほどポジティブに聴かせる曲もありません。真心ブラザーズの真心は伝わったんですね。

TEXT:改訂木魚(じゃぶけん東京本部)

真心ブラザーズは、倉持陽一(Vo./Gt)、桜井秀俊(Vo./Gt)の二人からなるロックバンドである。1989年9月1日エピック・ソニーよりシングル『うみ』でデビュー。1990年9月21日リリースのシングル『どか~ん』が高校野球の応援歌や日産・ADバンのCMなどに使用されヒットする。サントリーモルツのCM曲···

この特集へのレビュー

この特集へのレビューを書いてみませんか?

この特集へのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの特集に1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

スラムダンクと言えばこの曲!WANDS…

ブルーな気持ちをピンク色に。FUNKY…