1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. J-POP
  4. 歌詞コラム
  5. DREAMS COME TRUE
  6. 「やっぱりそうだ あなただったんだ」ドリカムが証明、乙女の一目惚れはパワーの源!

「やっぱりそうだ あなただったんだ」ドリカムが証明、乙女の一目惚れはパワーの源!

あなたは恋人とどのように出会いましたか?人と人との出会いは一期一会。学校の同級生や職場の同期だったとか、偶然出会った人と恋に落ちた人もいれば、合コンやお見合いなどで出会いを求めて恋に発展させた人もいるでしょう。

公開日:2016年6月12日 更新日:2019年7月5日


この記事の目次 []
  1. ・運命の出会い
  2. ・うれしい!楽しい!大好き!
  3. ・あなただと思っていたの
  4. ・結婚式のBGMにもおすすめ

運命の出会い


あなたは恋人とどのように出会いましたか?

人と人との出会いは一期一会。学校の同級生や職場の同期だったとか、偶然出会った人と恋に落ちた人もいれば、合コンやお見合いなどで出会いを求めて恋に発展させた人もいるでしょう。

DREAMS COME TRUEの『うれしい!楽しい!大好き!』には、運命の出会いをした女の子の高揚する気持ちがリアルに描かれている。あなたも恋人と出会った時のドキドキを思い出すこと間違いなし。

うれしい!楽しい!大好き!


----------------
初めて会った時から 違うモノ感じてた
自分の中の誰かが 心をつついていた
友達にはうまく言えない このパワーの源を
"恋をしてる"ただ それだけじゃ
済まされないことのような気がしてる

きっとそうなんだ めぐりあえたんだ ずっと探してた人に
目深にしてた帽子のつばを ぐっと上げたい気分
≪うれしい!たのしい!大好き! 歌詞より抜粋≫
----------------

普段は帽子を深く被っている。帽子で隠しているのは自分の顔だけではなく、内気でシャイな彼女の心なのかもしれない。いつでも誰にでも心を開くというよりは、気の許せる友達と深く付き合うタイプの女性のようだ。

人並みに恋をして大人になった彼女は、自分の将来のことを真剣に考え始めていた。だからこそ“ずっと探してた人”と出会った時、第六感がビンビン反応してしまった。まさに一目惚れ。

帽子をあげて、心のドアを開く。この高揚感を友達に伝えたいが、彼へのときめきを表す言葉が、彼女の辞書には見つからない。今までに体感したことのないときめき。

“恋をしている”という紋切り型で表現できてしまうようなチープな出会いではない。

あなただと思っていたの


----------------
"わかっていたの 前から こうなることも ずっと"
私の言葉 半分笑って聞いてるけど
証拠だってちゃんとあるよ 初めて手をつないでから
その後すぐに 私の右手
スーパーでスペシャルになったもの
≪うれしい!たのしい!大好き! 歌詞より抜粋≫
----------------

月日は流れ、二人は結婚することになった。“絶対あなたと結婚すると思ってた”と言う彼女は、じゃぁもっと早く言えよ”なんて彼に笑われているようだ。

彼は偶然だと思っているのかもしれない。でも彼女は初めて会った時から違うものを感じていた。証拠だってある。それは初めて彼と手をつないだ時に感じたものだ。

もともと人見知りで内気な彼女に対して、彼もどうやって距離を縮めればいいのか悩んでいただろう。お互いが遠慮しながら出かけたデートで、彼はペアリングを買ってプレゼントすることにした。

一つは彼女の左手の薬指に、もう一つは彼の左手の薬指に。指輪をはめてあげる際に初めて二人は手を触れ合う。その勢いを利用して彼は彼女の右手をつかんだ。

彼の大きな手の温もりの中に、つけたばかりのリングの冷たさが心地よく主張してくる。いきなりの彼の大胆な行動にメロメロになってしまった彼女のときめきこそ、二人の結婚を導いた絶対的根拠だ。

結婚式のBGMにもおすすめ


----------------
やっぱりそうだ あなただったんだ うれしい!たのしい!大好き!
何でもできる強いパワーが どんどん湧いてくるよ

ホントは あなたも知ってたはず
最初から 私を好きだったくせに
≪うれしい!たのしい!大好き! 歌詞より抜粋≫
----------------

一目惚れから結婚までを駆け上る女の子が主人公。堅苦しい言葉を使わない等身大の女の子の言葉で綴られた歌詞を吉田美和が伸びやかな歌声で歌い上げる。曲調も明るく、結婚式のBGMで使われるのも納得だろう。

出会い方は人それぞれ。どんな出会い方をしたにせよ、「やっぱりこの人だ!!」と思える人と幸せな時間を送ろう!

TEXT 田中利知 (twitter)

ベーシストでありコンポーザー、アレンジャーの中村正人と、ヴォーカリストでありコンポーザー、パフォーマーである吉田美和の二人からなるDREAMS COME TRUEは、二人であることを核に、楽曲のクリエイトにおいては時代に合わせた形を柔軟に模索してきた。 特に、デビュー30周年を迎えた2019年以···

この特集へのレビュー

この特集へのレビューを書いてみませんか?

この特集へのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの特集に1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

ONE OK ROCKもカバーする「A…

Acid Black Cherry、復…