「「ゲルニカの夜」なぜ櫻井敦司は戦争を“夢”と描いたのか」の全てのレビュー

そのほか

2019/11/09 00:43

長いし自分がそう捉えただけでしょ

女性

R

2019/11/09 12:48

全ては夢、どう解釈するかは自由。

男性

25年くらい聞いてる

2019/11/10 19:37

狂った太陽から先のアルバム曲は歌詞は聞き手に任せると話されていたのを忘れませんが、歌詞の説明が欲しいです。櫻井さんから難しいと思う。

男性

ゲルニカ爆撃

2019/11/13 15:03

ゲルニカ爆撃のことを歌ってるんだと思ったけど。
90年以上前の、爆撃に巻き込まれた少年のことを歌っていて、
「僕はどうだい どうすればいい 愛とか恋だとか歌っている
 君はどうだい どう思うかい 誰かが誰かを殺すよ」
ここで一気に「今、ここ」に飛ぶから、言葉が突き刺さるんじゃないかなーと感じていました。

この特集へのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの特集に1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約
特集ページへ戻る

特集レビューランキング

女性

なー

2019/12/12 01:17

上のコメントでもありましたが、私も付き合ってる彼女に対してやっぱり自分たちは運命じゃないんだよ、って結論付けてる男の人が頭に浮かびました。
彼女の気持ちはそっちのけで…。

だからもっと違う性格、価値観、設定、でも「君は綺麗だ」って、外見しか見てないのかよ、ってツッコミながら聴いてました笑
ここでいろいろな意見みれて面白いです。

男性

YM

2019/12/13 15:02

相手女性が既婚者だったりなんらかの理由があって
踏み込めない状況では無いでしょうか。
どちらにせよこの男性は良い奴である事は間違いない。

男性

tk

2019/12/14 13:11

爽やかな歌声と鋭い歌詞が心に刺さりました。。
オレもpretenderなのかな。

というか、世の中pretenerばかりだと思う。
それで複雑な感情が飛び交い、複雑に絡んで、よく分からない。
それが面白いんだと思う。

無責任に思いのままに生き抜いていける人なんていないよね。


・・・でもやっぱり家族が一番大事と思う今日この頃。

男性

みやむー

2019/12/11 22:19

あの日、この曲を20歳の生誕で歌ってくれた姿を思い出しながら読みました。
よしもりさんはそういう人だと分かってたつもりが、まだまだ分かってないもんで。もっともっと深く自分を見詰めて考えて、熱い想いを昇華しようと消化して1歩ずつ進んでるんやなぁって。
我が推し舞奈ちゃんが太陽なら、よしもりさんは月なのかもなぁ、なんてそんなこと思った今回でした。

男性

まーくん

2019/12/12 08:23

もう懐かしいね。半年以上前やって、生誕祭から。
あの日歌声から、歌詞から感じたこと、
逆に掬いきれなかった由奈ちゃんの想いが
たくさんあったことを知って、
掠れかかった記憶にふわっとあったかいフィルターがかかったような気がした。

あーまた聴きたいな、と、ないものねだりしてみたり


カタヤブリ最終回も、凄い多くの愛に包まれた最高の幕引きやったね!4年2ヶ月本当にお疲れ様でした。ありがとう。

もう今年もあと1ヶ月をきったね。
会える日は片手で足りる程しかないけど、
2019年最後までよろしく。

男性

ウマ

2019/12/11 00:03

松たか子よりメイjの方が良いだろ?と言いたいのかな?
それは個々で判断する事であって、押しつけられると批判したくなるよね。何で批判されてるかわかるよね?