1. 歌詞検索UtaTen
  2. 人気のハッシュタグ一覧
  3. 紅白歌合戦(昭和58年第34回)

#紅白歌合戦(昭和58年第34回)


紅組 白組【優勝】
岩崎 宏美 家路 西城 秀樹 ギャランドゥ
柏原 芳恵 春なのに 野口 五郎 19:00の街
河合 奈保子 UNバランス 郷 ひろみ 素敵にシンデレラ・コンプレックス
川中 美幸 遣らずの雨 大川 栄策 さざんかの宿
榊原 郁恵 悲しきクラクション シブがき隊 挑発∞(MUGENDAI)
小柳 ルミ子 お久しぶりね 沢田 研二 晴れのちBLUE BOY
島倉 千代子 積木くずし 三波 春夫 放浪茣蓙枕(さすらいござまくら)
牧村 三枝子 樹氷の宿 千 昌夫 夕焼け雲
日野 美歌 氷雨 梅沢 富美男 夢芝居
早見 優 夏色のナンシー アルフィー メリーアン
中森 明菜 禁区 近藤 真彦 ためいきロ・カ・ビ・リ・ー
高田 みづえ そんなヒロシに騙されて 山本 譲二 海鳴り
杏里 キャッツアイ 新沼 謙治 酒とふたりづれ
都 はるみ 浪花恋しぐれ 村田 英雄 空手一代
青江 三奈 大阪ブルース サザンオールスターズ 東京シャッフル
松田 聖子 ガラスの林檎 田原 俊彦 さらば・・・夏
八代 亜紀 日本海 北島 三郎 漁歌
研 ナオコ 泣かせて 菅原 洋一 アマン
森 昌子 越冬つばめ 五木 ひろし 細雪
小林 幸子 ふたたびの 森 進一 冬のリヴィエラ
水前寺 清子 あさくさ物語 細川 たかし 矢切の渡し

紅白歌合戦(昭和58年第34回)に関する人気歌詞ランキング

紅白歌合戦(昭和58年第34回)に関する歌詞一覧

タイトル / 歌手 歌い出し

お久しぶりね

小柳ルミ子

お久しぶりね あなたに会うなんて あれから何年経ったのかしら 少しは私も 大人になったでしょう

細雪

五木ひろし

泣いて あなたの 背中に投げた 憎みきれない 雪の玉

CAT'S EYE(CAT'S・EYE(第1期) OP)

杏里

都会はきらめく PASSION FRUIT ウィンクしてる EVERYNIGHT

矢切の渡し

細川たかし

「つれて逃げてよ……」 「ついておいでよ……」 夕ぐれの雨が降る 矢切の渡し 親のこころに

ギャランドゥ

西城秀樹

くやしいけれど お前に夢中 ギャランドゥ (ギャランドゥ) ギャランドゥ

夢芝居

梅沢富美男

恋のからくり 夢芝居 台詞ひとつ 忘れもしない 誰のすじがき

浪花恋しぐれ

都はるみ&岡千秋

芸のためなら 女房も泣かす それがどうした 文句があるか 雨の横丁

漁歌

北島三郎

俺が網を引くのはよ 可愛い女房と子供によ 腹一杯 飯を 食わすためなんだよ

氷雨

日野美歌

飲ませて下さい もう少し 今夜は帰らない 帰りたくない 誰が待つと言うの

そんなヒロシに騙されて

高田みづえ

おまえが好きだと 耳元で言った そんなヒロシにだまされ 渚に立たずむ 踊りが上手で

夏色のナンシー

早見優

恋かな (Yes!) 恋じゃない (Yes!) 愛かな

夕焼け雲

千昌夫

夕焼け雲に 誘われて 別れの橋を 越えてきた 帰らない

越冬つばめ

森昌子

娘盛りを 無駄にするなと 時雨の宿で 背を向ける人 報われないと

ガラスの林檎

松田聖子

蒼ざめた月が 東からのぼるわ 丘の斜面には コスモスが揺れてる 眼を閉じて

ふたたびの

小林幸子

ネオンの溶け合う裏道で 偶然にあなた 三年ぶりだわあの日から 恨みもしたわ うろたえた

19:00の街

野口五郎

霧雨降る ガラス越しに 19:00の街 低い雲 たち込めて

遣らずの雨

川中美幸

元気で暮らせよなんて 優しい言葉 言って欲しくなかったわ あなたへの想いを それじゃ

「禁区」

中森明菜

私からサヨナラ しなければ この恋は 終わらないのね ずるいひと…

家路(日本テレビ系 火曜サスペンス劇場 主題歌)

岩崎宏美

ワイン・カラーの たそがれは ひとを子供に変えるわ 星を飾るみたいに ともしましょう

メリーアン

THE ALFEE

夜露にぬれる 森を抜けて 白いバルコニー あなたを見た すがるような瞳と

樹氷の宿

牧村三枝子

明日の別れを 知りながら 命のかぎり 燃える女 ほのかに香る

泣かせて

研ナオコ

楽しい想い出 ばかりだなんて 言わないで こんな時に なんの

東京シャッフル

サザンオールスターズ

恋の花咲く ロマンの都 女ばかりに気もそぞろ 夢もほころぶ 小意気な

素敵にシンデレラ・コンプレックス

郷ひろみ

素敵に ああ 何という女 素敵に素敵に 愛の神話は

大阪ブルース

青江三奈

あんな男と 言いながら あんな男が 忘られぬ ネオンのにじむ窓

冬のリヴィエラ

森進一

彼女によろしく 伝えてくれよ 今ならホテルで 寝ているはずさ 泣いたら窓辺の

日本海

八代亜紀

雨降りだらけの映画のように すべてがぼやけて行くのです 窓の右手に日本海 海は灰色 雨まじり

春なのに

柏原芳恵

卒業だけが 理由でしょうか 会えなくなるねと 右手を出して さみしくなるよ

さざんかの宿

テレサ・テン

くもりガラスを 手で拭いて あなた明日が 見えますか 愛しても愛しても

晴れのちBLUE BOY

沢田研二

青いシーツのジャングルで 後ずさりしすぎたライオン whoo-cha-cha-cha whoo-cha-cha-cha ブラインドの細い空に