1. 歌詞検索UtaTen
  2. アンダーグラフ

アンダーグラフの歌詞一覧

全て見る

タイトル 歌い出し

ツバサ

明け方過ぎの国道までの細い抜け道 君が呟く 「恐いものなど何も無いよ」と見送る為の言葉に涙流れた つまらぬ事で話は絶えず 散らかる部屋で笑いあえてた

フォルム

風の中揺れた景色に僕らは夢を見る 己を照らして 予想さえも裏切るように この身体の全てを使いながら駆け上がる

風を呼べ(弱虫ペダル ED)

眠れないまま 夢を重ねて 心が躍る 日々を求め 昇る太陽

明日は続くよどこまでも(京阪電車「おけいはん」CMイメージソング)

陽射し浴び目覚めの時 ハジマリの鐘が鳴り響く 今までのあてなき夢 形に変える為に進め 幸せはすぐ足元

Sekai-no-Kibou

愛無き膨張 自己中な論争 セイ界じゃ立場ばっかを気にした 都会は拡張 地方は縮小

心の瞳

心の瞳で未来を見てみよう 心の手で夢を描いてみよう 本当に大切なものは見えないものだから 悩みもある

夏影

蝉の声 ラジオ体操 潜り抜け 自転車を 漕いだあの日

遥かなる道

春が来るのは 現在を 動かす為 夏が来るのは 明日を

シュノーケル

ドラマティックに涙を誘った 闇の中から光を探していた ジャポネ独自な涙腺刺激だ 誤解ばっか産んで何が楽しいのかい?

2011

そう 僕らは何時でも 何不自由なく 暮らせていたんだよ スイッチ押せば明かりがついた

遠き日

とりあえずそう 過ごしている今日 振り返れば溺れそうで 家路を急ぐ人に紛れて 甦る君を想う

素敵な未来

幸せの色は何だ? 暮れる街で探していた 十人十色 誰もが自分らしく描いているはず 幸せの意味は何処だ?

パラダイム

ねぇ 明日は何処に向かっているの? 誰が答えを持つの? 自問自答で眠りについていても 今日誰かが人を傷つけるのなら

ツバサ2014 10th anniversary version

旅立つ空に 出会いと別れ 青春の日々 全てを描き

君が君らしくいられるように

振り返らず走り続け 思い返したら遠くまで 辿り着き様々な 人に出会えたよ

フリージア

赤く燃えてる月の下 誘われるままふらふらと 丘の上を歩きました 月影と戯れました

恋奏花

広い世界では意味も無い様な 悩みを抱えて僕らは生きる 君だけ隣で笑ってくれたら それだけで全てが報われるのに

忘却の末、海へ還る。

汚れるのかな 汚れるのかな 僕の心の中も 瞳の奥も 装おうのかな

モルモット

最低ラインが最初の目標さ それが出来れば余裕も出来る その時になんか一つぐらい 欲しいもん 見つかるかも

にちようび

ねえ ママいつも 僕と一緒だけど 他にやりたい事 我慢していないの?

ハジマリ

ほら 簡単だよ 本当は僕らに必要なものは 沢山はないだろう? ほら

愛それは愛

蒼く深い海の中 泳いでいるみたい 僕ら 愛を求めて常に漂っている

ビューティフルニッポン

選ばれし この命 知らぬ間に 生まれ育ち僕らは大人になる 疑うこともなく

言葉(NIGHT HEAD GENESIS ED)

「君を悲しませることが 全て消えてしまいますように」 あの日僕が告げた言葉 今も胸を締め付けてる

ユビサキから世界を(映画 ユビサキから世界を 主題歌)

知らない間に僕達は 何かを忘れてしまっていくかな? 本当に伝えたい言葉はまだ 口に出来ずにいるけど

白い雨

漂う神風水面に触れる 拡がる未来を暗示した 巡り巡る感情で僕ら進んだ 恥じらう心が時代で消える

快楽天国

グルグル廻る欲望がユラユラ揺れて灰となる 汚れちまった感情が 洗脳みたく愛を唱えている 我が子を愛す感覚も

第三次成長期

夢を語った あの日はもっと 純粋だった ひたすらだった 大人になって

最後の雪

凍えた手を温めてくれるような 優しさを今も忘れない 言葉じゃなく沈黙の隙間の声で 解かり合える時間が流れてた

僕に何が出来るか、考えている。

僕に何が足りないか、考えている。 人を愛する力か、それとも情熱か。 僕に何が足りないか、考えている。 優しさか、それとも強さか、愛される人格か。

全て見る