1. 歌詞検索UtaTen
  2. 三山ひろし

三山ひろしの歌詞一覧

全て見る

タイトル 歌い出し

いごっそ魂

夢じゃ夢じゃと 笑わば笑え 我がなす心は 我しか知らぬ 日本の夜明けを

あなたは灯台

あなたに会えた あの時は 海にでたばかり… 木の葉の舟で 身をもみながら

男の路地裏

男の胸に いつからか 出来たちいさな 水たまり 飲んでどうなる

四万十川

いまは大河の 四万十川だけど もとは山から湧いた水 人も出会いを大事にしたい 沢が集まり川になる

俵星玄蕃

吉良家にほど近い本所横網町に宝蔵院流の槍 を取っては天下の名人と云われた俵星玄蕃が 居た。上杉の家老千坂兵部は二百五十石の高 禄を以って召抱えようと使者を立てた、勿論 吉良家の附人としてである。だが夜なきそば

人恋酒場

逢いたいあなたに 逢えない夜は 熱爛飲んでも こころが寒い 男の気まぐれ

立山連峰

剱岳 尊き峰の 風をうけ こころに花を 咲かせたい

男の流儀

酒は手酌の 日暮れ酒 店は古びた 縄のれん 隣りの客に

雨情の宿

しのび泣くよな 小夜しぐれ 窓にこころに 降りしきる 今宵ひと夜の

棚田桜

上りの列車を ホームで見送った あれから何年 たつのでしょうか 永く冷たい

男はつらいよ

(台詞) 私生れも育ちも葛飾柴又です 帝釈天でうぶ湯を使い 姓は車 名は寅次郎

貴方にありがとう

夢をこの手に 握りしめ 遠いふるさと あとにした 流れる季節の

片恋酒

好きで呑んでる お酒じゃないわ ひとりが淋しい 片恋酒よ 遊び上手な

祝いしぐれ

鯛の刺身の わさびの辛さ 怒るあなたの 目に涙 夫婦ですもの

東京五輪音頭

ハァー あの日ローマで ながめた月が (ソレ トトントネ)

鉄腕アトム

空をこえて ラララ 星のかなた ゆくぞ アトム

宗右衛門町ブルース

きっと来てねと 泣いていた かわいあの娘は うぶなのか なぜに泣かすか

残酷な天使のテーゼ

残酷な天使のように 少年よ 神話になれ 蒼い風がいま

南国土佐を後にして

南国土佐を 後にして 都へ来てから 幾歳ぞ 思い出します

バス・ストップ

バスを待つ間に 泪を拭くわ 知ってる誰かに 見られたら あなたが傷つく

お岩木山

山よ!山よ お岩木山よ あの娘のかわりに 聞いてくれ 男の山には

無法松の一生

小倉生まれで 玄海育ち 口も荒いが 気も荒い 無法一代

初めて来た港

はじめて来た この港 たった短い 四、五日だけど 汽笛一声

人生劇場

やると思えば どこまでやるさ それが男の 魂じゃないか 義理がすたれば

さんぽ

あるこう あるこう わたしはげんき あるくの だいすき

渡り鳥

渡り鳥 北国を 見てきたろ ふるさとの 夕焼けは

十九の春

私があなたにほれたのは ちょうど十九の春でした いまさら離縁というならば もとの十九にしておくれ

東京の花売娘

青い芽をふく 柳の辻に 花を召しませ 召しませ花を どこか寂しい

宇宙戦艦ヤマト

さらば地球よ 旅立つ船は 宇宙戦艦ヤマト 宇宙の彼方 イスカンダルへ

母の海

海という字を 指で書きゃ 母という字が そこにある だから海みる

全て見る