1. 歌詞検索UtaTen
  2. 天地真理

天地真理の歌詞一覧

全て見る

タイトル 歌い出し

水色の恋

さよならの言葉さえ 言えなかったの 白雪姫みたいな心しかない私 遠く去って行く人に 涙だけが

恋する夏の日

あなたを待つの テニスコート 木立ちの中のこる 白い朝もや あなたは来るわ

想い出のセレナーデ

あの坂の道で 二人言ったさよならが 今もそうよ 聴こえてくるの また眠れなくて

ふたりの日曜日

バスは朝日の中を どこへ走るの 今日もあなた待つ街へ 向うのよ そうよ

トンガリ屋根の教会へ

あなたといつもの お店にすわり おしゃべりしている その時も 私はひそかに

初恋のニコラ

ここから歩くわ 車を止めて…… 部屋まで来ないで……心が揺れる 哀しいほど

さよならこんにちわ

さよなら さよなら こんにちわ 人波 バス停

空いっぱいの幸せ

空 今あこがれ色に 輝き二人を呼ぶわ この道 かけてゆけば

真冬のデイト

木枯し吹いてる 並木の道も 二人で歩けば 愛の舗道 寒くはないのよ

ブランコ

わけもなく人恋しくて ブランコに揺られているの 子供達さようなら告げ帰った 公園に一人いるの あの人は忘れたかしら

君よ知るや南の国

君よ知るや南の国 香る風に オレンジの花 夢に描く 南の国

ひとりじゃないの

あなたが ほほえみを 少しわけてくれて わたしが ひとつぶの

今は想い出

セピアの街角に 春が香りだすと 今もあなたの顔が声が あざやかよ 歌うその横顔

木枯らしの舗道

街の舗道に 木枯らしふきぬける さよならを言いましょう 次の角で いつか月日が流れていったなら

海にたくした願い

寂しい夜に 手紙を書いた 出すひとのない 私だけれど もらいてのない

レイン・ステイション

揺れるガラス 流れる雨粒 こんな日はあの人が駅まで迎えに来た 山手線で原宿すぎれば 傘を持つあの人が見えるような雨の街

私が雪だった日

私が雪だった日 きっときれいだった 誰かをはしゃがせて 誰かを凍らせた

小さな日記

小さな日記につづられた 小さな過去のことでした 私と彼との過去でした 忘れたはずの恋でした

渚の誓い

あなたが 砂浜に 好きって 描いてくれたから 私は

冬物語

こがらしは寒く 乗りかえ駅に 行方知らぬ 旅がつづく 愛の切符手にして

恋人もいないのに

恋人もいないのに 薔薇の花束抱いて いそいそ出かけて行きました 空はいつになく 青く澄んで

家なき子

あなたの腕に帰れない 小さな事で喧嘩して 地下鉄の駅に 普段着のままとびだした 行くあてもない私

ある雨の日の情景

バスが止まって 外は雨がふっている ガラス窓に いっぱい並んだ雨だれの むこうで誰かが

恋と海とTシャツと

横じまTシャツを まねして あの人の事が好きよ 先回りして この砂浜

ひまわりの小径

あなたにとっては突然でしょう ひまわりの咲いてる径で 出逢った事が 私の夢は終りでしょうか もう一度

虹をわたって

虹の向こうは 晴れなのかしら あなたの町の あのあたり 小さな傘が

ちいさな恋

たまに会えない日もあるけれど それでもわたしは待っている ひみつの約束指切りは 今度の日曜 青い空

涙から明日へ

なぜひとり行くの 燃える頬を濡らして 歩きはじめよう さよならの向うへ なぜ捨ててきたの

夢ほのぼの

坂道を登ればアパートの灯りが 木枯しにふるえて淋しくゆれていた 幸せをねだることさえ 知らない私が悲しくて ひとり寝の夜なら来ないで

矢車草

あの人はもういない 矢車の花は咲いたけど 逢いたくて逢いたくて はだしでかけた私 誰にもわからない悲しい恋は

全て見る