1. 歌詞検索UtaTen
  2. 山内惠介

山内惠介の歌詞一覧

全て見る

タイトル 歌い出し

さらせ冬の嵐

ここで身を投げれば 海は泣きますか ゆうべ書いた手紙 風に散る岬

琵琶湖周航の歌

我は湖の子 放浪の 旅にしあれば しみじみと 昇る狭霧や

流転の波止場

恨みつらみは さらさらないが あの娘泣かせて 郷里をでた 北の海鳴り

上州やぶれ笠

左手に榛名で 右手に赤城 笠に枯れ葉の 上州路 峠越えれば

スポットライト

若さという名の 舞台には スポットライトが ふたつ点く 君のさびしさ

南国土佐を後にして

南国土佐を後にして 都へ来てから 幾歳ぞ 思い出します 故郷の友が

城ヶ崎ブルース

ゆかねばならぬ 男がひとり ゆかせたくない 女がひとり ふたりの恋の

ちょっと、せつないな

ねぇ ねぇ どうしたの なにかあったの 今夜

哀愁のカサブランカ

抱きしめるといつも君は 洗った髪の香りがした まるで若すぎた 季節の香りさ 結ばれると信じてた

黒い鷲

いつか忘れたけど ある日 目が覚めると 大きな空が裂けて 黒い鷲が飛んできたの

恋する街角

夜の札幌 すすき野しぐれ 男はゆきずり 女は傘をさす 夢待ち通り

宗右衛門町ブルース

きっと来てねと 泣いていた かわいあの娘は うぶなのか なぜに泣かすか

冬枯れのヴィオラ

木枯らしに襟を立て 街角でひとり 鈍色の空の果て 心を誘う 国境を越えるのは

カラオケ流し

函館を ふりだしに 一年 三百六十五日 カラオケ流しの

愛が信じられないなら

ため息のみ込む あなたの背中 うしろから抱いて 好きだよと言った 泣いている顔を

夢見る恋人たち

外苑前で 地下鉄を降りて 青山通りで 待ち合わせ 表参道

星のフラメンコ

好きなんだけど 離れてるのさ 遠くで星をみるように 好きなんだけど だまってるのさ

たった二年と二ヶ月で

小さな部屋でも お城と信じ 小さな愛でも 命と信じ たがいにつくして

ただひとつの花

風に手をゆだね 髪をほどくとき そっとその頬に また花が咲く

海峡雨情

霧が雨になる 対馬海峡 あなたの船は 釜山行 心は博多へ

流氷鳴き

どこかでお前の 泣く声が 聴こえるようで 聴こえるようで また背伸び

片恋流れ星

帰りたくないくせに グラスてのひら蓋をする 今日は終わりと線を引き 目をそらしてる さみしがり

東京

あんたとなら いつ死んでも かまわへん 忘れないで そんな女いたことを

瀬戸内最終便

あなたが旅立つ 高松港 汽笛が心に からみつく お疲れさん…

ある女の詩

雨の夜来て ひとり来て わたしを相手に 呑んだ人 わたしの肩を

そよ風に唄えば

さそわれて そよ風に 頬を くすぐる バニラの香り

珈琲カップ

初めての旅行で買った そろいの珈琲カップ いまどきペアなんて流行らない やめてくれよと照れるぼく これがいいのと

美都子

美しい都の子と書いて 美都子って言うのよと 君はエクボを作って笑った 山科駅から 毘沙門堂へ

夜霧よ今夜も有難う

しのび会う恋を つつむ夜霧よ 知っているのか ふたりの仲を 晴れて会える

家族になろうよ

「100年経っても好きでいてね」 みんなの前で困らせたり それでも隣で笑ってくれて 選んでくれてありがとう

全て見る