山内惠介の歌詞一覧

  1. 歌詞検索UtaTen
  2. 山内惠介
  3. 山内惠介の歌詞一覧

山内惠介の歌詞一覧

公開日:2015年5月28日 更新日:2023年2月8日

183 曲中 1-50 曲を表示
楽曲・タイトル アーティスト 歌詞・歌い出し

琵琶湖周航の歌

山内惠介

作詞: 小口太郎

作曲: 小口太郎

歌詞:我は湖の子 放浪の 旅にしあれば しみじみと 昇る狭霧や

ソウル別れ雪

山内惠介

作詞: 星野哲郎

作曲: 水森英夫

歌詞:約束の時が過ぎても あなたはこない 雨が雪になる ラストナイト・イン・ソウル おもいでの

城ヶ崎ブルース

山内惠介

作詞: 星野哲郎

作曲: 関野幾生

歌詞:ゆかねばならぬ 男がひとり ゆかせたくない 女がひとり ふたりの恋の

恋する街角

山内惠介

歌詞:夜の札幌 すすき野しぐれ 男はゆきずり 女は傘をさす 夢待ち通り

たった二年と二ヶ月で

山内惠介

作詞: 阿久悠

作曲: 水森英夫

歌詞:小さな部屋でも お城と信じ 小さな愛でも 命と信じ たがいにつくして

勘太郎月夜唄

山内惠介

作詞: 佐伯孝夫

作曲: 清水保雄

歌詞:影か柳か 勘太郎さんか 伊那は七谷 糸ひく煙り 棄てて別れた

湖愁

山内惠介

歌詞:悲しい恋の なきがらは そっと流そう 泣かないで かわいあの娘よ

船酒場-ふねさかば-

山内惠介

作詞: 星野哲郎

作曲: 水森英夫

歌詞:舞鶴を 日暮れに立って 小樽へ向う船酒場 私がママよ 冗談好きの

大利根なみだ酒

山内惠介

作詞: 松岡弘一

作曲: 水森英夫

歌詞:昔ならした 千葉道場 出世夢見た 日もあるが 小舟浮かべた

炎のタンゴ

山内惠介

歌詞:赤いドレスを 肩までずらし 黒い巻き毛が 妖しく揺れる たった一目で

野付半島

山内惠介

作詞: 鈴木紀代

作曲: 水森英夫

歌詞:根室海峡 潮風受けて 君と歩いた 野付半島 かすかに見える

風蓮湖

山内惠介

作詞: 鈴木紀代

作曲: 水森英夫

歌詞:釧路 厚岸 霧多布 人もまばらな バスに乗る

さらせ冬の嵐

山内惠介

作詞: 松井五郎

作曲: 水森英夫

歌詞:ここで身を投げれば 海は泣きますか ゆうべ書いた手紙 風に散る岬

雨の慕情

山内惠介

作詞: 阿久悠

作曲: 浜圭介

歌詞:心が忘れた あのひとも 膝が重さを 覚えてる 長い月日の

釧路空港

山内惠介

作詞: 鈴木紀代

作曲: 水森英夫

歌詞:風の噂に 聞いたんだ 君が酒場で 泣いてたと 逢いたさに居ても立っても

柳川雨情

山内惠介

歌詞:愛しても 愛しても 愛し足りない 君だった 離れても

女の裏酒場

山内惠介

作詞: 麻こよみ

作曲: 水森英夫

歌詞:生きるつらさに 淋しさに 酔えばなおさら せつなくて こんな日は

風蓮湖~釧路空港

山内惠介

作詞: 鈴木紀代

作曲: 水森英夫

歌詞:釧路 厚岸 霧多布 人もまばらな バスに乗る

残照

山内惠介

作詞: 松井五郎

作曲: 水森英夫

歌詞:どんな夢にも 涯がある ならば二人で 行くもいい なのにどうして

純情ナイフ

山内惠介

作詞: 松井五郎

作曲: 水森英夫

歌詞:ダメだって 言われれば 余計好きになる 恋なんて 一度しか

唇スカーレット

山内惠介

作詞: 松井五郎

作曲: 水森英夫

歌詞:抱きしめていたいんだ・・・ これが たとえ嘘でも くちづけは

サヨナラ

山内惠介

作詞: 鈴木紀代

作曲: 水森英夫

歌詞:若さに まかせた 恋が終わった あの日から 明日の夢さえ

夢見る恋人たち

山内惠介

歌詞:外苑前で 地下鉄を降りて 青山通りで 待ち合わせ 表参道

みちのくひとり旅

山内惠介

作詞: 市場馨

作曲: 三島大輔

歌詞:ここで一緒に 死ねたらいいと すがる涙の いじらしさ その場しのぎの

いつもの朝がくる

山内惠介

歌詞:いつもの朝がくる おはようの声 聞くだけで あなたが 笑って

酒語り

山内惠介

作詞: 松岡弘一

作曲: 水森英夫

歌詞:魚屋朝吉 棒手振り稼業 生きのいいのが 取り柄でござい からんだ野暮天

みだれ髪

山内惠介

作詞: 星野哲郎

作曲: 船村徹

歌詞:髪のみだれに 手をやれば 赤い蹴出しが 風に舞う 憎や

愛が信じられないなら

山内惠介

作詞: 松尾潔

作曲: 水森英夫

歌詞:ため息のみ込む あなたの背中 うしろから抱いて 好きだよと言った 泣いている顔を

流氷鳴き

山内惠介

歌詞:どこかでお前の 泣く声が 聴こえるようで 聴こえるようで また背伸び

五月晴れ

山内惠介

作詞: 松岡弘一

作曲: 水森英夫

歌詞:「父上にお目にかかれるまでは、母上、死んではなりませぬぞ!」 母の病を 癒やすため 弓で捕えた

誰に愛されても

山内惠介

作詞: 売野雅勇

作曲: 水森英夫

歌詞:ささやかな人生が 灯る街灯り 人知れず哀しみや 涙が燃えてるようね せめてあと一夜

世界中の誰よりきっと

山内惠介

作詞: 上杉昇 ..

作曲: 織田哲郎

歌詞:まぶしい季節が 黄金色に街を染めて 君の横顔 そっと包んでた まためぐり逢えたのも

心凍らせて

山内惠介

歌詞:あなたの愛だけは 今度の愛だけは 他の男とはちがうと 思っていたけど 抱かれるその度に

花火

山内惠介

作詞: 鈴木紀代

作曲: 水森英夫

歌詞:倖せ続くと 信じてた ひび割れ砕けた この心 淋しさ逃れて

海峡雨情

山内惠介

作詞: 星野哲郎

作曲: 水森英夫

歌詞:霧が雨になる 対馬海峡 あなたの船は 釜山行 心は博多へ

南国土佐を後にして

山内惠介

作詞: 武政英策

作曲: 武政英策

歌詞:南国土佐を後にして 都へ来てから 幾歳ぞ 思い出します 故郷の友が

青葉城恋唄

山内惠介

歌詞:広瀬川 流れる岸辺 想い出は かえらず 早瀬おどる光りに

北国夜曲

山内惠介

作詞: 池田充男

作曲: 水森英夫

歌詞:赤い角巻 ふたりでかぶり 呑んであるいた 吹雪の酒場 おぼえていますか

うかれ恋

山内惠介

作詞: 桜木紫乃

作曲: 水森英夫

歌詞:うらみごと きれいごと ちぎれちぎれて 躰ごと 避けて通れぬ

好きで好きでたまらない

山内惠介

作詞: 売野雅勇

作曲: 水森英夫

歌詞:両国橋を眺める部屋から 真夏の花火 何度見たでしょう 日曜ごとの 淋しさ

スポットライト

山内惠介

作詞: 喜多條忠

作曲: 水森英夫

歌詞:若さという名の 舞台には スポットライトが ふたつ点く 君のさびしさ

霧情

山内惠介

作詞: 星野哲郎

作曲: 水森英夫

歌詞:黒髪指に 巻きつけて 霧の波止場を さまよえば あなたを慕う

男の劇場

山内惠介

歌詞:正しい者が 勝たいでなるか それがこの世の 真理じゃないか 忍の一字に

花が呼んでいる

山内惠介

作詞: 松井五郎

作曲: 水森英夫

歌詞:遠く離れた故郷の あの日夕焼け凪の空 泣いて手を振る横顔が いまも瞳に浮かんでる

演歌道中 旅がらす

山内惠介

作詞: 鈴木紀代

作曲: 水森英夫

歌詞:腰の脇差 マイクにかえて 津軽海峡 ひとっ飛び 北海道中

瀬戸内最終便

山内惠介

作詞: 麻こよみ

作曲: 水森英夫

歌詞:あなたが旅立つ 高松港 汽笛が心に からみつく お疲れさん…

酔ごころ

山内惠介

歌詞:あきらめきれず 死ねもせず どこかに捨てたい 心の悩み お酒のしずくは……

火事と喧嘩は江戸の花

山内惠介

作詞: 松岡弘一

作曲: 水森英夫

歌詞:「どいたどいたや組纏のお通りだい!」 江戸の火消は いろはにほへと や組纏の

緋恋花

山内惠介

作詞: 桜木紫乃

作曲: 水森英夫

歌詞:恋のしくじり 緋恋花 別れるために また出会う 誰のものにも

上州やぶれ笠

山内惠介

作詞: 松岡弘一

作曲: 水森英夫

歌詞:左手に榛名で 右手に赤城 笠に枯れ葉の 上州路 峠越えれば

山内 惠介(やまうち けいすけ、1983年5月31日 - )は、日本の演歌歌手。山内恵介とも表記される。福岡県糸島郡前原町(現在の糸島市)出身。血液型O型。星座は双子座。身長178cm。 デビュー当時のキャッチフレーズは「ぼくはエンカな高校生」。氷川きよしと同じ水森英夫門下生であり、同じ福岡出身でもあることから公私共に仲が良い。大先輩の松任谷由実とも親交があり可愛がられている。 wikipedia