1. 歌詞検索UtaTen
  2. 島津亜矢

島津亜矢の歌詞一覧

全て見る

タイトル 歌い出し

西郷隆盛

右も左も まとめて入れる 胸の深さに 竜馬も惚れた 薩摩隼人の

誰もほんとは ないものねだり 無理をとおせば はじかれる 断つこと出来ない

The Rose

Some say love it is

感謝状 ~母へのメッセージ~

ひとりだけの とき 誰もいない とき そっと小声で

浅草キッド

お前と会った 仲見世の 煮込みしかない くじら屋で 夢を語ったチューハイの

大忠臣蔵

かぜさそふ はなよりもなほ われはまた ならぬ堪忍

吉田松陰

時と命の 全てを賭けた 吉田松陰 憂国の 夢

妻恋道中

「堅気嫌ってやくざになって 野暮は承知の喧嘩沙汰 飽きも飽かれもしねぇ夫婦の仲も 俺ァこの脇差で切ってしまったんだ 馬鹿は死んでも

ワインレッドの心

もっと勝手に恋したり もっとKissを楽しんだり 忘れそうな想い出を そっと抱いているより 忘れてしまえば

Jupiter

Every day I listen to

沓掛時次郎

意地の筋金 一本通し 義理と仁義の 道を行く やむにやまれず

大事なものほど 根っこのように 見えぬところで ささえてる 莫迦でいいのさ

帰らんちゃよか

そらぁときどきゃ 俺たちも 淋しか夜ば過ごすこつも あるばってん 二人きりの

演歌桜

生まれ火の国 あとにして たどる炎の 歌の道 親のこころを

YELL

「"わたし"は今 どこに在るの」と 踏みしめた 足跡を 何度も

憂き世春秋

風が頬うつ 雨が泣く あなたの背中に 隠れて越える 憂き世春秋

元禄名槍譜 俵星玄蕃

槍は錆びても 此の名は錆びぬ 男玄蕃の 心意気 赤穂浪士の

亜矢の祭り

雪のかまくら 置炬燵 あの娘とめくった 歌カルタ 炒り豆齧る

地上の星

風の中のすばる 砂の中の銀河 みんな何処へ行った 見送られることもなく 草原のペガサス

花の幡随院

花のお江戸は 幡隨院の 侠客長兵衛が 引き受けた 一人乗り込む

一本の鉛筆

あなたに 聞いてもらいたい あなたに 読んでもらいたい あなたに

男…新門辰五郎

男いのちを 纏に賭ける 火消し稼業の 勇み肌 江戸は「を」組の

魂のルフラン

私に還りなさい 記憶をたどり 優しさと夢の水源へ もいちど星にひかれ 生まれるために

美しい昔

赤い地の果てに あなたの知らない 愛があることを 教えたのは誰? 風の便りなの

ソーラン渡り鳥

津軽の海を 越えて来た ねぐら持たない みなしごつばめ 江差恋しや

神奈川水滸伝

光り輝く 表の顔を 裏で支える バカが居る だからいいのさ

女にゃ年はいらないよ

二十歳にゃ二十歳の 色があり 三十路にゃ三十路の 味がある 梅や桜が

レイニーブルー

人影も見えない 午前0時 電話BOXの 外は雨 かけなれたダイアル

森の石松

山が富士なら 男は次郎長 あまた子分の いる中で 人のいいのが

速吸瀬戸

連いて 連いておいでと 海猫が 啼いて潮どき 教えるぜ

全て見る