1. 歌詞検索UtaTen
  2. 島津亜矢

島津亜矢

島津亜矢は、熊本県出身の女性演歌歌手。幼少期より、伸びのある特徴的な歌声で数々のグランプリで優勝するなど、地元では「天才少女」として注目を浴びていた。また、その歌唱力は、現在の演歌界においても、随一との評価を受ける事も少なくはない。
1985年、14歳で上京し、北島三郎や水前寺清子など数多くの著名歌手の作曲を手掛けた作詞家、星野哲郎の下に弟子入り。翌1986年5月、その星野が作詞を手掛けた1stシングル「袴をはいた渡り鳥」を発表し、弱冠15歳でのデビューを飾った。
1991年5月、5枚目のシングルとなる「愛染かつらをもう一度」を発表すると、30万枚を超えるヒットを記録。
1997年4月、19枚目のシングル「感謝状~母へのメッセージ~」を発表。2001年大晦日に行われた「第52回NHK紅白歌合戦」に初出場を果たし、同曲を披露した。
2015年の大晦日に行われた「第66回NHK紅白歌合戦」に、14年ぶりの出場を果たし、同郷の歌手、関島秀樹、ばってん荒川とのカップリング曲「帰らんちゃよか」を披露。歌詞は「14歳で上京した時の心情」を綴ったものであり、本人にとっては特別な想いが込められた曲となっている。

島津亜矢 人気歌詞ランキング

島津亜矢の歌詞一覧を見る
▶︎ ブログやHPでこのアーティストを共有する場合はこのURLをコピーしてください
リンクコード:
ブログ用リンク:

島津亜矢の関連動画

島津亜矢の関連動画を全て見る

島津亜矢へのレビュー

このアーティストへのレビューを書いてみませんか?

このアーティストへのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつのアーティストに1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約