1. 歌詞検索UtaTen
  2. 神野美伽

神野美伽の歌詞一覧

全て見る

タイトル 歌い出し

いちから二人

雨の裏街 昭和の灯り ともす暖簾の 酒場ならあるが この都会売って

無法松の一生(度胸千両入り)

小倉生まれで 玄海育ち 口も荒いが 気も荒い 無法一代

男船

荒れて 荒れて牙むく北海しぶき 来るなら来てみろ 吠えてみろ 沖へ出たなら

千年の恋歌

我ガ恋ハ 千尋ノ海ノ 捨テ小舟 辿ル 岸ナク

歌謡浪曲 無法松の一生~度胸千両入り~

「小倉生まれは玄海の 荒波育ちで気が荒い 中でも富島松五郎は 男の中の男だと 人にも呼ばれ我もまた

命の恋

花さだめに散る桜 ああこの恋も 散りゆくと知りながら 愛した人 女の夢をかけ

王将一代・小春しぐれ(浪曲歌謡編)

紅い灯青い灯通天閣の、此処は浪花の天王寺。 女房子どもを質入れしても、将棋さしたい阿呆なやつ。 貧乏手づまり千日手、それで惚れてついてゆく、小春、三吉の物語…。

道ならぬ恋

心が青空に 染まるほどに 生きることが 嬉しい人だけど いつかふたり切り離す

浪花しぐれ「桂春団治」

酒も呑めなきゃ 女も抱けぬ そんな どアホは死になされ この世は呑ん兵衛が

あんたの大阪

あんたは不器用で 生き方も下手やけど 阿呆やと 言われるくらい お人好しやから

お・ん・な

水に流した 恋傷なのに 雨のにおいが みれんを揺する ばかよばかでしょ

みさお酒

あんたの形見の この盃に 三日月浮かべて また呑んでます おんな独り身

流しのギターが聴こえてた~路地裏演歌~

昔は良かった この路地も 流しのギターが 聴こえてた 「おやじ

石狩挽歌

海猫が鳴くから ニシンが来ると 赤い筒袖の やん衆がさわぐ 雪に埋もれた

海猫

沈む夕陽を 指で拭きとって 口紅のかわりに さしたなら もっと悲しく

元禄名槍譜 俵星玄蕃

槍は錆びても 此の名は錆びぬ 男玄蕃の 心意気 赤穂浪士の

桜みち

苦労かけたと あなたは言うが 涙は心の 貯金箱 いいの

恋唄流し

あんたは きっと 弱虫だから ひとりの 心に

女の港

口紅が 濃すぎたかしら 着物にすれば よかったかしら 二ヶ月前に

男の海峡

風がちぎれる 海峡は 女が泣く様な 声がする かけた茶わんで

美伽の木遣りくずし

エンヤサノサッサー エンヤ エンヤノサノセ エンヤノサノセ

帰れないんだよ

そりゃ死ぬほど 恋しくて とんで行きたい 俺だけど 秋田へ帰る

黒髪

手さぐりをしてきたけれど 何かを信じ 歩いてきたのね あなたとふたり 苦労もいまでは

春夏秋冬 屋形船

一寸先は 夕まぐれ 江戸の真ん中 お台場あたり ユラリ揺られて

私の一番きれいだった頃 ~白線流し~

雪解け水に 猫柳 陽は輝いて 美しく 君と歩いた

海の伝説

雲はたれこめ 鈍いろ 海には白波 怨むように 海鳴りが

男節

エーエー エエエエー 今も昔も 昔も今も 大事なものは

石狩哀歌

潮の香りとョ 打ち寄す波がョ ちょいと つまみの 女酒

浮雲ふたり

浮雲みたいに このままふたり 流れて行けたら いいでしょうね あなたの影を

人生夜汽車

男には心の駅がある ヒュルヒュル風吹く 駅がある 別れの汽笛 北国の町

全て見る