1. 歌詞検索UtaTen
  2. 真空ホロウ

真空ホロウ 人気歌詞ランキング

真空ホロウの歌詞一覧を見る

真空ホロウの特集

真空ホロウのニュース

真空ホロウ

2006年にバンド結成した3人組のロックバンドである。
バンド名の由来は『真空』とは何もないという意味であり、「ホロウ」は歩く回廊という意味である。そのため、何もない所を自分達で歩いて作っていこうという意味合いがある。
メンバーは(Vo/Gt)松本明人、(Bs)高原未奈、(Ds)MIZUKIである。
2006年に松本を中心にバンドとして始動し2009年に音楽サイトが運営する新人オーティスとのコンテストで勝ちあがり、ロックフェス「ROCK IN JAPANFESTIVAL2009」に出演することが決まった。
2010年にはミニアルバム「contradiction of the green forest」をリリース。2012年にはタワーレコード限定シングル「Slow and steady」を発売する。同年には二回目となる「ROCK IN JAPAN FESTIVAL2012」に出演しその後エピックジャパンからメジャーデビューすることが決まった。メジャーデビューアルバムとして「小さな世界」を発売。アルバムには「眩暈」や「新世界より」が収録されている。
2013年にはメジャー2枚目となる「少年A」というミニアルバムを発売。2014年には初のシングル曲として「虹」をリリースしている。
2011年から自主企画として行われているイベント「真空パック」というものを行っており、2018年の「真空パックvol.13」まで続いており、様々なゲストと一緒にイベントを盛り上げている。

真空ホロウのプロフィール

2006年、松本明人(Vocal / Guitar)を中心にスリーピースバンドとして始動。
2009年、『RO69』が運営する新人コンテスト『RO69JACK 2009』を優勝し、
『ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2009』に出演。
2010年、RO69主催レーベル「JACKMAN RECORDS」より
1stミニアルバム「contradiction of the green forest」をリリース。
以降、ROCK IN JAPAN FESTIVAL・COUNTDOWN JAPANに7年連続出演。
2012年、エピックレコードよりミニアルバム「小さな世界」でメジャーデビュー。
2014年、テレビ東京アニメ「NARUTO-ナルト-疾風伝」
1月クールエンディングテーマとして1st Single 「虹」をリリース。
2015年、メンバーの脱退により松本明人のソロプロジェクトとして活動。
2017年3月、高原未奈(Bass / Chorus)がメンバー加入。
2017年11月、MIZUKI(Drums / Chorus) がメンバー加入。
スリーピースバンドとして活動を再開。
リアルな女性目線に切り込んだ世界観が、多くのリスナーの共感を呼んでいる。

真空ホロウの最新情報

リリース情報

2019.03.20(WED)
「たやすくハッピーエンドなんかにするな」


- 収録曲 -
1.あのね
2.ただ今日を消化するために生きています。※MV あり
3.水縹 -mihanada-
4.なんてことないね
5.おんなごころ ※リード曲
6.ズーフィリズム
7.ドリップ
8.仮想行列

価格:¥2,500( 税込 )
品番:CLBR-0006

■Amazonで購入

ライブ情報

真空ホロウ ワンマンツアー 2019
『たやすくハッピーエンドなんかにするな』

3月23日(土)名古屋 ell.SIZE
open/start 18:00 / 18:30

3月24日(日)心斎橋 Pangea
open/start 18:00 / 18:30

3月29日(金)仙台 HooK
open/start 18:30 /19:00

3月30日(土)TSUTAYA O-WEST
open/start 18:00 /18:30

▶︎ ブログやHPでこのアーティストを共有する場合はこのURLをコピーしてください
リンクコード:
ブログ用リンク:

真空ホロウへのレビュー

このアーティストへのレビューを書いてみませんか?

このアーティストへのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつのアーティストに1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約