1. 歌詞検索UtaTen
  2. KANA-BOON

KANA-BOON

大阪府堺市出身の4人組バンド。Gt.Vo.を務める谷口鮪が、高校入学時の2006年、たまたま隣に座っていたDr.の小泉貴裕を誘ったのをきっかけに高校の軽音部内で結成された。2010年3月、三国ヶ丘FUZZで精力的にライブ活動を開始。地元で人気を集め、同年10月にはミナミホイールに初出演し、3000人の観客を動員した。翌年2011年5月3日には、コンテンポラリーな生活と2マンライブを行い、同年8月、初のワンマンライブを開催し、チケットが完売になるほどの爆発的な人気を得た。同年12月、eo Music Tryにて特別賞を受賞。2012年4月8日には、キューンミュージック20周年記念オーディションで4000組の頂点となった。それを皮切りとして、数々の名だたるアーティストのオープニングアクトやゲストを務めるようになった。その後2013年4月24日、Hip Land MUSICより初の全国流通作品「僕がCDを出したら」をリリース。タワーレコードデイリーランキング2位を獲得した。また、同年9月25日には、Ki/oon Musicより「盛者必衰の理、お断り」をリリース。同曲は、大阪のラジオ局FM802でヘビーローテーションされるなど人気を博した。その後も、数々のCM挿入歌、アニメの主題歌等に起用され、多くの人を魅了し続けている。

KANA-BOONの特集

全て見る

KANA-BOONの関連動画

全て見る

KANA-BOONのニュース

全て見る

KANA-BOONの歌詞一覧

全て見る

タイトル 歌い出し

ないものねだり

いつだってワガママばっかで 子供みたいね 君だってないものねだり 何が欲しいの?教えて

クローン

あっという間にもう外の世界は朝になっていた あっという間にもう扇風機の季節は終わっていた あっという間にもう近所の少女は大人になって はっとしている隙に自分自身がわからなくなった

ストラテジー

存在感が無い、そこの少年よ 言っちゃいけないことなんてないんだよ 不甲斐ないや、不可抗力に負けている 左手に拡声器を握りしめて

見たくないもの

たった一度きりの瞬間だってきっと 変えられるものがちゃんとあって 変わったものがたくさんあって 何度も訪れる後悔だってそうさ あれから何か変われたかな

眠れぬ森の君のため

あの夜僕はフェスに出たいと話した あの夜僕はCDを出したいと言った あの夜君の事を歌った曲を書いた あの夜同じ景色を見たいと思った

さくらのうた

さくらが好きだと君は言った だけど僕は思うんだ。 「この花よりも綺麗な花が目の前に咲いてる」

かけぬけて

夜がくるよ、すぐそこまで来ているよ 君はどうする、戦う勇気はあるかい? 闇が君の大切なものを奪おうとしてる 君はどうする、守る覚悟はあるかい?

ハッピーエンド

小学生の頃読んだ絵本みたいに綺麗にはなれないな、おかしいな 中学生の頃読んだ漫画みたいに面白くならないな、なんでかな 泣いてはない 泣いてはない

1.2.step to you(ドコモ dヒッツ 春の恋うた篇 CMソング)

1.2.3.4. 坂を登ればあと何メートル 君の家まであと何メートル 見慣れた景色あと何メートル

ワールド

ケンカイヤケンカイヤワラッテ そうやって仮面を被るんだ 感情を押し殺し笑って 心臓が痛いのに走って 無理だやっぱこれ僕には

ウォーリーヒーロー

「絡まって動けなくなって」 それならそのステップでSOS出して 心蝕んでる ギラギラした明日の正体は いつだって孤独なんだって

MUSiC

商店街、街灯がついたり消えたり 僕らにはこれくらいが丁度良いだろう どこからか流れてる音楽を聴いて 「これ、なんだっけ?」 「んー、わかんないや」

東京

二人で歩いたあの道も 並んで歩いたこの道も 今ではすっかりビルが建ち どっかの未来の世界みたいです

白夜

だいたいこれは黒い魔法 いつだって悲しみは理不尽だな めぐりめぐり 不公平な事ばかりだな

目と目と目と目

目を開いて3秒経てば 生活のリズムに飲まれて 目を開いて4秒経てば 生活がリズムになってる 目を開いて5秒経てば

盛者必衰の理、 お断り

どこかしらから音がする きいたことある声がする それは誰かと尋ねても 真相真理は忘れてしまった

夜をこえて

だいたいはそう、孤独がそばにいてね だいたいそれは夜にやってくるものさ わかるの?この気持ち わかるよ、その気持ち

羽虫と自販機

変わってしまったな僕ら 些細なことでケンカして 悪いのはどっちだ、どっちだ 罪をなすりつけ合って 素直になることへの抵抗が

A.oh!!

A.oh!! Say yeah So many

結晶星

足並み悪くて遠くなる、遠くなる 朝から不安で雨が降る、雨が降る 今までどうにかやってきた やってきた、だから

ミミック

窮地立つなりなりすまして 知らんぷりして過ごす 七色に姿変えて本当のあんたはどこへ行った 体制の中、右ならえで 群衆の中、見えない

桜の詩

挟んだ栞を抜き取った 忘れないこと覚えてるから 肌寒さと木漏れ日の中、口ずさんでる私がいる 「大切なのは形ではなく記憶に残る彩りなのだ」 小説で見たあの台詞が今更頭を支配するんだ

フルドライブ

夕晩々、コイツは合図を待っている 虎視眈々、スニーカーでリモーションさ さぁガンガン、これからアイツを追っていく そう簡単、トリッキーに生きる

レピドシレン

足りないのは五感だ 空になって死んでしまうのなら 繰り返すだけ不毛だ 輪廻だってきっと画蛇添足

夜のマーチ

朝を待ったって迎えはなくて 味気無いな つまらないな また繰り返しだ 何不自由ない

日は落ち、また繰り返す

日々の言動もどうだっていいこと 意味は無くなって浮かれたパロディ 息を絶つ息を絶つ それを何回だって繰り返して 息を絶つ息を絶つ

ロックンロールスター

ルールも倫理も規格外 フラットな人生は門前払い クラップ&ミュージック 踊りたい 自由人か凡人か、差はなに?

ワカラズヤ

わからなくなるそうだ 変わらない距離でいたい わからなくなるそうだ 離れない距離でいたい

バカ

舌を出してヘラヘラして 四方八方、馬鹿ばかり 自由気まま、気付かぬまま 脳細胞消滅、体が脳です

LOL

口を開けば戯言ばかり 人の努力を嘲笑うやつがいる 目をこじ開けてよく見てみれば 皆同じようだ、レントゲンのようだ

全て見る