1. 歌詞検索UtaTen
  2. KOTOKO

KOTOKOの歌詞一覧

全て見る

タイトル 歌い出し

ねぇ、…しようよ!(姉、ちゃんとしようよ!2)

hold me baby sweet little

回転木馬

誰も気付いてないさ 大っきな石めくった裏側の存在 きっと見つけたなら 思いっきり放り投げ みんなに話すんだ

I Pray To Stop My Cry(エロゲ「凌辱痴漢地獄」 エンディングテーマ)

白いページ 埋めてゆく 哀しい記憶達 見えないように目を伏せるの

→unfinished→(アクセル・ワールド ED)

もっと早く…"君の場所"へ… 祈る声が木霊し続ける 痛み堪え進む意味を 探す現実 加速してく

nonfiction~悪魔が棲む惑星~

大きな声で叫び現れた そう 小さくて儚いモノのふりした悪魔 Say "hello"

Light My Fire(灼眼のシャナIII(final) OP)

今解き放て 秘めた想いを 無に帰る現実 断ち切るために

ハヤテのごとく!(ハヤテのごとく! ED)

運命に負けてしゃがみ込むなんてつまんないよ それじゃカッコ悪いよ! ウソから出たマコト 後悔はきっと身から出たサビ 絶対、為せば成る!

agony(神無月の巫女 ED)

いつか見た夢 届かないつぶやきだけ 夜の光に包まれて彷徨い行く やがて見開くその瞳 運命なら

Re-sublimity(神無月の巫女 OP)

遥かにそっと揺らめく憂い 葛藤の記憶に動かされ 目蓋にずっと張り付く白い絶叫に凍えた 沈む月の迷い

dusty day

思った通りだった 分かっちゃいないなんて 誰かが言う言葉 案外 無責任

We Survive

微笑む涙 導く風は優しい匂い 慣れた温もり 今限りある世界と空際の果てに 感情たばね瞳は

夏恋

ためらうように伸ばす指がふっと あと少しの距離で止まる 君はまた小さなため息だけ残して 雲を見ていた

Onyx

二人は何気なく漂う視線絡めた 衣擦れ響く夜空に 爪を立てた ほどけてもつれ引き攣ってゆく糸 たぐり寄せて

effacer

いつもより遅く起きた朝は 晴れていませんようにと祈るの 「また来るね」と置いて行った時計だけが 時を刻む

Suppuration-core-

(flow out oozy suppuration…) (I

snow angel

冬の夜空舞う白い欠片 肩に降りて 季節を伝えに来るよ かじかむ指に吐く白い息が

Chercher ~シャルシェ~(マリア様がみてる ED)

たとえ深い闇に はぐれて迷い込んでも 私ならば 間違わずにあなたのこと見つけられる

Sing of Suspicion

臨界の世に蘇る 魂の声 玉響 捨て去られた記憶から 幻を呼び醒ます

廻-Ro-tation

K+ きっかけはちっちゃな事だった A+ あなたとは一緒に居られない I+

秋爽

運命と信じた熱い空の下で 痛いほど抱き合って潮騒も焦がした 一瞬目が眩んで揺れた陽炎たち 波音数える君が遠くに見えた

夕焼けを映し出す鏡の湖に そっと葉を浮べ流れの行方を見ていた 悲しみも怒りも虚しさも忘れて この大空にかざして眉をあげてみる

being(灼眼のシャナ OP)

高鳴る鼓動 触れあう現世選んで 進め 時の果てへ

Wing my Way(ファーランドシンフォニー OP)

高らかな天を仰いだ 飛び立つ白い鳥の群れに のせた夢はどこへゆくのとたずね 風に飛ばされて 思いもよらない迷路に迷っても

Meconopsis

冷たい砂に深く指潜らせて 届かぬ想い 強く強く掻きむしった 瞼は芥子の実に似て 固く閉ざされ落ちる

daily-daily Dream!!(ハヤテのごとく!! OP)

とんでもないような日常でバッタリ 瞬間的な闘争本能ではったり 宇宙船飛んで来て銀河外交…なんてね! ほっぺた(つねっても)

Shooting Star(おねがい☆ティーチャー OP)

遠くに光るあの星 二人見上げて 君に出会った運命を思う 何気ないふりで 手の平

蒼-iconoclast

鳴らされた蒼い時の鐘に 真実の扉が開く 遠い影は正夢か?悪夢か? 空で織り成す嘆きの囁き

雲雀

ひび割れ泣く乾いた枝に もう終わりだと風が吹き 競い合うように芽吹いた葉たち ただ無言のまましがみつく

a-gain

見上げた空にただぽっかりと 白い雲 浮かぶ 仲間の笑い声 遠くなる

SA*KU*RA* 白書

(we have a cherry blossoms

全て見る