1. 歌詞検索UtaTen
  2. KOTOKO

KOTOKOの歌詞一覧

全て見る

タイトル 歌い出し

ねぇ、…しようよ!(姉、ちゃんとしようよ!2)

hold me baby sweet little

nonfiction~悪魔が棲む惑星~

大きな声で叫び現れた そう 小さくて儚いモノのふりした悪魔 Say "hello"

回転木馬

誰も気付いてないさ 大っきな石めくった裏側の存在 きっと見つけたなら 思いっきり放り投げ みんなに話すんだ

夏恋

ためらうように伸ばす指がふっと あと少しの距離で止まる 君はまた小さなため息だけ残して 雲を見ていた

廻-Ro-tation

K+ きっかけはちっちゃな事だった A+ あなたとは一緒に居られない I+

I Pray To Stop My Cry(エロゲ「凌辱痴漢地獄」 エンディングテーマ)

白いページ 埋めてゆく 哀しい記憶達 見えないように目を伏せるの

Onyx

二人は何気なく漂う視線絡めた 衣擦れ響く夜空に 爪を立てた ほどけてもつれ引き攣ってゆく糸 たぐり寄せて

effacer

いつもより遅く起きた朝は 晴れていませんようにと祈るの 「また来るね」と置いて行った時計だけが 時を刻む

→unfinished→(アクセル・ワールド ED)

もっと早く…"君の場所"へ… 祈る声が木霊し続ける 痛み堪え進む意味を 探す現実 加速してく

雲雀

ひび割れ泣く乾いた枝に もう終わりだと風が吹き 競い合うように芽吹いた葉たち ただ無言のまましがみつく

ミュゲの花束を、君へ

少しぼやけた写真の角には 夜風の匂い思い出すレモネード 二人を繋ぐ画面のアドレスは もうそこに無いと 今頃

SA*KU*RA* 白書

(we have a cherry blossoms

蒼-iconoclast

鳴らされた蒼い時の鐘に 真実の扉が開く 遠い影は正夢か?悪夢か? 空で織り成す嘆きの囁き

サイダー

ずっとほろ苦い想い出 瓶の中 閉じ込められた泡のよう "越えられる…" 幼い手で箱に全部詰め

ひとりごと

いつかまたきっと ここで会える日が来る そんな言葉 今も覚えているなんて どうかあなたも

We Survive

微笑む涙 導く風は優しい匂い 慣れた温もり 今限りある世界と空際の果てに 感情たばね瞳は

agony(神無月の巫女 ED)

いつか見た夢 届かないつぶやきだけ 夜の光に包まれて彷徨い行く やがて見開くその瞳 運命なら

痛いよ

ただ目につくもの全てを両手で集めて 心が寒がらないよう 外を眺めてた はみ出すくらい愛してた狭い空間は

Suppuration-core-

(flow out oozy suppuration…) (I

聞こえる

'cause I'm listening to your

リアル鬼ごっこ

目を閉じれば迫る静寂の闇 漏れる鼓動を殺して 昏睡の街 なぞる足音 一歩また近付いて

Wing my Way(ファーランドシンフォニー OP)

高らかな天を仰いだ 飛び立つ白い鳥の群れに のせた夢はどこへゆくのとたずね 風に飛ばされて 思いもよらない迷路に迷っても

☆-未来-列車-☆

お客様 準備OKですか? 列車が発車致します ここからは各駅停車の未来行きです

BLAZE(灼眼のシャナII(Second) OP)

明けない日はない 闇が無情に取り巻いても 未完成なままで それを切り裂いてやる 暮れない日はない

リスタート(恋愛リプレイ OP)

廻る日々に付箋つけ たぶん見つけたリスタート 君はいったい笑ってくれるのだろうか? 小さなキーに問いかける今

Light My Fire(灼眼のシャナIII(final) OP)

今解き放て 秘めた想いを 無に帰る現実 断ち切るために

frozen fir tree

粉雪に震える街路樹が 街灯りと二人 遮った 「ごめんね…」聞こえない言葉が そっと

地球-TERRA-

紺碧に巡る惑星 水と生命の玉 大きな熱の泉に守られ まわる 僕ら方舟に乗った

beat

昨日も夢を見てた くだらない夢だ 解んないヤツに撃たれ そこで目が覚めた

being(灼眼のシャナ OP)

高鳴る鼓動 触れあう現世選んで 進め 時の果てへ

全て見る