1. 歌詞検索UtaTen
  2. KOTOKO

KOTOKOの歌詞一覧

全て見る

タイトル 歌い出し

ねぇ、…しようよ!(姉、ちゃんとしようよ!2)

hold me baby sweet little

Light My Fire(灼眼のシャナIII(final) OP)

今解き放て 秘めた想いを 無に帰る現実 断ち切るために

蒼-iconoclast

鳴らされた蒼い時の鐘に 真実の扉が開く 遠い影は正夢か?悪夢か? 空で織り成す嘆きの囁き

We Survive

微笑む涙 導く風は優しい匂い 慣れた温もり 今限りある世界と空際の果てに 感情たばね瞳は

sensitive

まだ、生きてると知った 許されることは無い・・・ 解っていても また、瞳を閉じるの

→unfinished→(アクセル・ワールド ED)

もっと早く…"君の場所"へ… 祈る声が木霊し続ける 痛み堪え進む意味を 探す現実 加速してく

agony(神無月の巫女 ED)

いつか見た夢 届かないつぶやきだけ 夜の光に包まれて彷徨い行く やがて見開くその瞳 運命なら

Shooting Star(おねがい☆ティーチャー OP)

遠くに光るあの星 二人見上げて 君に出会った運命を思う 何気ないふりで 手の平

碧羅の天へ誘えど

落ちて行く影に ふっと伸ばした手が 絡めとったように巻き戻る時間 幼き想い出 遠く去った記憶

Sociometry(灼眼のシャナII(Second) ED)

祈る天星に 夢幻のような時が止まる… いつか届きますか? 空白だらけ

I Pray To Stop My Cry(エロゲ「凌辱痴漢地獄」 エンディングテーマ)

白いページ 埋めてゆく 哀しい記憶達 見えないように目を伏せるの

Re-sublimity(神無月の巫女 OP)

遥かにそっと揺らめく憂い 葛藤の記憶に動かされ 目蓋にずっと張り付く白い絶叫に凍えた 沈む月の迷い

Geoglyphs

日射しの熱さに思わず目を閉じた 蜃気楼と過ぎて行く夏の匂い あの日 荷物の重さで膝付き傾く背中に そっと触れたから

Loop-the-Loop(もっと To LOVEる-とらぶる- OP)

不機嫌な天気模様が乗り移ってたアイツ なんだ! ちょっとナナメに空を見てただけか 知りたい(見せたい)

Chercher~シャルシェ~

たとえ深い闇に はぐれて迷い込んでも 私ならば 間違わずにあなたのこと見つけられる

SHOOT! -KOTOKO ver.-

growing my determination don't give

WING OF ZERO-the ring-

どっちを選んでも 戦うしかないなら チャンスだと弾をこめて big profit

地球-TERRA-

紺碧に巡る惑星 水と生命の玉 大きな熱の泉に守られ まわる 僕ら方舟に乗った

HELLION

‥‥‥‥"Freeze!!" <Hellion> 止まない音楽 冷たいエナメル色の街

リアル鬼ごっこ

目を閉じれば迫る静寂の闇 漏れる鼓動を殺して 昏睡の街 なぞる足音 一歩また近付いて

海豚

一秒ごと深くなる暗闇に 身を潜め どうしても許せない言葉 書いて破り捨て 昔からそうだった…

Suppuration-core-

(flow out oozy suppuration…) (I

rush

ちょっと疲れちゃったな。 無意識に気を配ってみたり、さり気なくアピールしたり "人間は考える葦である"…よく言ったもんだ。 でも考えなくなったら、それでつまんないんだろうなぁ

Wing my Way(ファーランドシンフォニー OP)

高らかな天を仰いだ 飛び立つ白い鳥の群れに のせた夢はどこへゆくのとたずね 風に飛ばされて 思いもよらない迷路に迷っても

421-a will-

桜色のブーツが ああ… 早く連れ出してと誘う午後 きっと去年見た景色よりも 高く広く遠く飛べるような鼓動のまま

聞こえる

'cause I'm listening to your

ラブレター

誰がこんなもの欲しがると言うのだろう 余計な文字だけ 空間を埋め尽くす 当り前にただ

LITTLE BABY NOTHING

No one likes looking at

siren

誰が与えた 儚き生命よ 真夜中過ぎまで光る箱の電子音に悩まされて 結末見ぬまま 遠き国のpain

being(灼眼のシャナ OP)

高鳴る鼓動 触れあう現世選んで 進め 時の果てへ

全て見る