1. 歌詞検索UtaTen
  2. 竹島宏
  3. 竹島宏の歌詞一覧

竹島宏の歌詞一覧

公開日:2014年12月4日 更新日:2020年2月29日

27 曲中 1-27 曲を表示
楽曲・タイトル アーティスト 歌詞・歌い出し

夢の振り子(NHK BS「時代劇 大富豪同心」 主題歌)

竹島宏

作詞:松井五郎

作曲:都志見隆

歌詞:泣きたけりゃ 泣いたっていい 夜はかならず明ける 運命は 夢の振り子

東京紙芝居

竹島宏

作詞:麻こよみ

作曲:幸耕平

歌詞:開店前に 吸うタバコ ビールケースに 腰掛ける 檜舞台に

あなたの唇

竹島宏

作詞:麻こよみ

作曲:幸耕平

歌詞:あなたに気のない ふりをして わざと視線を はずしてみても ブルーのカクテル

忍び逢い

竹島宏

作詞:麻こよみ

作曲:幸耕平

歌詞:ふたり窓辺に 寄り添えば 胸に広がる 貴女の匂い ひと目に隠れる

恋町カウンター

竹島宏

作詞:松井五郎

作曲:都志見隆

歌詞:琥珀のグラスが揺れる 二つの氷が溶ける 目配せの 五分前 唇は

月枕

竹島宏

作詞:松井五郎

作曲:都志見 隆

歌詞:わかったふりで身を引けば 未練くらいはありますか 困った顔を覗き込む それが私をつらくする

さよならは言わせない

竹島宏

作詞:松井五郎

作曲:都志見隆

歌詞:ダメに 決まってる こんな さよならは 君をこのまま

誘惑

竹島宏

作詞:松井五郎

作曲:都志見隆

歌詞:黄昏が消えてゆく ふたりだけ残される 唇には 心を濡らす 赤い花が咲いて

夜明けのカラス

竹島宏

作詞:久仁京介

作曲:幸 耕平

歌詞:女ひとり 心の重荷 外したくなる 夜がある 愛することと

故郷よ…

竹島宏

作詞:山本茉莉

作曲:幸 耕平

歌詞:スーツケースを転がしてあの日ここから東京に出た 駅のホームに降り立てば風の匂いが懐かしい 心どこかに忘れたような そんな気がして帰ってきたよ

恋の町札幌

竹島宏

作詞:浜口庫之助

作曲:浜口庫之助

歌詞:時計台の 下で逢って 私の恋は はじまりました だまってあなたに

たったそれだけで

竹島宏

歌詞:そんな顔をしないで あなたの気持ちはわかってる 「運命」その言葉に 私は安らぎを感じていた

なんで別れちゃったんだ

竹島宏

作詞:松井五郎

作曲:都志見隆

歌詞:どうしているの? ひとりなのかな 渇いた心 誰が癒やしてる

太陽と月のクローチェ

竹島宏

作詞:松井五郎

作曲:都志見隆

歌詞:抱いてくれますか 冷たい肌 太陽も手に負えない なにを躊躇うの 胸の疼きに

噂のふたり

竹島宏

作詞:松井五郎

作曲:都志見隆

歌詞:思わせぶりな 視線がばれて あなたの事が 気づかれてる

思ひ人

竹島宏

作詞:松井五郎

作曲:都志見隆

歌詞:もうそこに いるのでしょうか 夕暮れが 紅差す空

それは幻

竹島宏

作詞:松井五郎

作曲:都志見隆

歌詞:戻れる場所など 忘れたと あなたは 目を伏せた

スキャンダル

竹島宏

作詞:松井五郎

作曲:都志見隆

歌詞:燃えつきていいくらいに 抱かれてみないか 運命がねじれるまで 涙にだって身を投げて

嘘つきなネコ

竹島宏

歌詞公開をリクエスト!

ほっといて

竹島宏

歌詞公開をリクエスト!

霧雨のタンゴ

竹島宏

作詞:松井五郎

作曲:都志見隆

歌詞:せまい街だもの どこかですれ違う そんな気がしてた 黄昏 並木道

生きてみましょう

竹島宏

作詞:松井五郎

作曲:都志見 隆

歌詞:わけもなく悲しいときが 誰にでもあるものさ 心があるってことだから それが人だから

風めぐり

竹島宏

作詞:松井五郎

作曲:都志見 隆

歌詞:岬の風が 浜へと抜けて 白いハマナス 見つけたあの日

スローバラード

竹島宏

作詞:久仁京介

作曲:幸 耕平

歌詞:一緒に歩けなくて ごめんなさい タクシー捨てて走る プラットホーム 今夜いまごろ

陽が昇る

竹島宏

作詞:西城未貴..

作曲:高須はじめ

歌詞:この広い世界の 隅々までも 等しく照らす やさしい光 空の彼方へ

未来へ

竹島宏

作詞:西城未貴

作曲:高須はじめ

歌詞:世界は動く 希望を乗せて 輝く歴史 伊勢の宮 日本の心で

赤いハンカチ

竹島宏

作詞:萩原四朗

作曲:上原賢六

歌詞:アカシヤの 花の下で あの娘が窃っと 瞼を拭いた 赤いハンカチよ

竹島 宏(たけしま ひろし、1978年8月28日 - )は、福井県福井市出身の演歌、ムード歌謡の歌手である。本名同じ。身長は172cm。所属レコード会社はテイチクレコードである。2014年までは徳間ジャパンコミュニケーションズのレーベルはガウスに所属していた。 wikipedia