花*花の歌詞一覧

  1. 歌詞検索UtaTen
  2. 花*花
  3. 花*花の歌詞一覧

花*花の歌詞一覧

公開日:2014年12月4日 更新日:2022年6月24日

68 曲中 1-50 曲を表示
楽曲・タイトル アーティスト 歌詞・歌い出し

あ~よかった

花*花

歌詞:(あーよかったな あーよかったね) (あーよかったな あーよかったね あーよかったな

さよなら大好きな人

花*花

歌詞:さよなら 大好きな人 さよなら 大好きな人 まだ

愛する人よ

花*花

歌詞:愛する人よ 次に会える日まで 愛する人よ あなたが1人で歩けるように

POLAROID

花*花

歌詞:ポラロイド写真 シャッター切るたびに 大声で笑いあう たくさんの顔 桜吹雪の下で

小さい箱

花*花

歌詞:いつからそこに居て 一緒に歩いてたの 前しか見えなかった私に 休んでもいいよと 毛布をかけた

ポロポロ(爆転シュートベイブレード THE MOVIE 激闘!!タカオVS大地 ED)

花*花

歌詞:愛すべき人と愛すべきものを たくさん胸にかかえて 優しい人は優しくできる 何かを持ってる

額縁

花*花

歌詞:浅く 深く 描く時の淵 筆は止まらず 今も

ゴール

花*花

歌詞:あなたと見てる景色 いつもと少し違う 今まで見えなかったものが 見えてきたのかな

ただいま おかえり

花*花

歌詞:帰り道電車の窓から 見えない景色を眺めて 月と星と追いかけっこ 今あなた何してる?

花*花

歌詞:あの子を抱き上げて その重みを感じた手 還らない人を待って 涙をぬぐった手 報われた気がして

まだ愛してる

花*花

歌詞:指切りげんまん 約束しよう また明日 また来年 また今度

童神

花*花

歌詞:天からの恵み 受けて この地球に 生まれたる我が子 祈り込め育て

一番星

花*花

歌詞:あなたのその笑顔が 曇らないように お願いごとをするよ 一番星よ 叶えてね

おうちへ帰ろう ~Take Me Home Country Roads

花*花

作詞: BILL DANOFF ..

作曲: BILL DANOFF ..

歌詞:今日はいそいでおうちへ帰ろう 電車はやめてバスで帰ろう 途中で降りてチーズを買おう ついてにビールも買ってしまおう

赤い自転車

花*花

歌詞:風を切って(風を切って) ぐんぐんこいで(ぐんぐんこいで) 私の愛車に乗ってブラブラ街へ出かけよう 私を街まではこぶのは

植物園北門前

花*花

歌詞:次の植物園の前で車を停めよう もうここからはひとりで ひとりで歩けるから 季節が一回りした後の

新しい今日

花*花

歌詞:いつもと違う方向の電車に乗って 行き先も決めずに気ままに行こう 持ち物はできるだけ少ないほうがいい 帰りはお土産いっぱい持つために

疼木

花*花

歌詞:ああ 愛しい人 笑顔を思い出す 胸が温かくてちくりと刺す 離れるいつかをみんな知っていて

乾杯のうた

花*花

歌詞:乾杯しよう 乾杯しよう あなたと出会えたこの夜に グラスかちんとぶつけて 飲み干してこう

風の花(魔法遣いに大切なことSOMEDAY'S DREAMERS OP)

花*花

歌詞:雪深き さみしい冬が もうじき終わるでしょう 頬たたく 冷たい音が

竹田の子守唄

花*花

歌詞:守もいやがる 盆から先にゃ ゆきもちらつくし 子も泣くし

LONELY GIRL

花*花

作曲: ANDREW GOLD

歌詞:彼女が初めて泣いたのは桜の下 大きな目と口と 折れそうに細っこい指 ピアノも仔犬も

秘密基地

花*花

作詞: 花*花

作曲: おのまきこ

歌詞:いつもそっけない対応の電話 時々できる沈黙がぎこちない 手紙を書くのもなぜかてれくさい かわいい便せんいっぱいそろえたのに

CATCHPHONE

花*花

歌詞:長い長い電話を切ることができなかったのは これがあなたの声を聞く最後だと知ってたから 私の「さよなら」を遮った無機質なキャッチホン それは彼女からの pm11:00の「I

空の青

花*花

歌詞:あの頃より少しだけ大人になって ちょっとだけ弱くなったかもしれない あの頃ならあなたにも生意気も言えた 今はただ見つめることしかできない このごろは少しだけ自分にもやさしくできる

茜空テールランプ

花*花

歌詞:昭和に生まれて 平成を泳いで 令和にたどり着いたよ 「人生は旅だ」と聞いては居たけど どうやらその通りのようだよ

こがね菜の花

花*花

歌詞:月が出てまた日が落ちる また昇りまた月白む 澱んだ水は澄み直し 流れ洗われにじんでく

good night honey

花*花

歌詞:good night honey 今夜もいい夢を見られますように 明日も笑って会えるように

ロケットで

花*花

歌詞:宇宙の果までロケットで 『愛』を抱きしめて行ってみたいな ホラ、後ろに広がる"日本晴れ" まるで これからの2人のように‥

夜香梅

花*花

歌詞:霜と闇の降りた道 吐く息が煙みたい 手袋を忘れたけど ポケットも冷えたまま

涙のチカラ

花*花

歌詞:いつも そばにいてくれた 何も 言わないけど 悲しいとき、うれしいとき

恋が育った休日

花*花

歌詞:思ったより風が強かったけど こっちの手は あったかかったよ 帰りに少しつないだだけの右手 初めて

幸せのうた

花*花

歌詞:「いつまで」なんて ダメだよ 始まりや終わりなんてない 目の前の この気持ちを聞いて

愛を少し語ろう

花*花

歌詞:まわした手 すます耳 くもって聴こえる 鼻歌 やさしくて

ずっと一緒に

花*花

歌詞:去年の今ごろに比べて あなたの瞳が優しくなった そう言ったら「老けたかも」と 苦笑い ホラ

雨の雫ALBUM MIX

花*花

歌詞:雨がちょっとふってあがったら あなたのことを思い出す 犬をつれてドライブした あの 窓に流れる雨の雫

I shall be released

花*花

作詞: BOB DYLAN

作曲: BOB DYLAN

歌詞:何時だって何かに包まれ いつだって何かを奪われ でもかすかな影が 囲いを超えて 日はきっと西から東にひかるのだ

イロイロ

花*花

歌詞:あなたが見てる空は どんな雲が浮かんでるの? 私が見てる空と同じだといいな あなたが感じるココロ どんな風に笑ってるの?

電話で話そう

花*花

歌詞:冷たい窓におでこをあてて 知らない街のネオンを見てた あなたと繋がる下弦の月も 今はぶ厚い雪雲の影

風鈴

花*花

歌詞:風に揺られてる風鈴が とても悲しそうに鳴いている 欲しくて欲しくて手に入れた ガラスの風鈴よ

カプチーノ

花*花

歌詞:窓の外に 雲が2つ テーブルの上に コップが1つ もう1つは

晴れた夜 雨の午後

花*花

歌詞:晴れた夜は逆にさみしくて ギターの弦をはじく音だけ 子守歌にすると 眠れたよ 昇り降りする

やっぱり!

花*花

歌詞:あの日 あの場所に いなければ あなたに出逢う ことはなかった

ハナムケノハナタバ

花*花

歌詞:「むかでの家みたい」と みんなに笑われた 玄関にある 2人分の靴は8足 げたばこにも入れずに

祈り

花*花

歌詞:神様 私を強くして下さい 弱くてもいいよと許さずに 神様 あの人を見守って下さい

奇跡の裏側

花*花

歌詞:平日の朝 珍しく座れた 電車のガラスまどに 映る自分の顔 1人で目覚めた

ひまわりの花

花*花

歌詞:チビすけの私を追い越して あなたはもっと 大きくなる チビすけの私を追い越して 遠い向こうを見上げている

ふたつのてのひら

花*花

歌詞:もう、何も考えないで すべて忘れて眠ろう 静かな闇の中であなたに抱かれて もう、何も怖くはない

HEART

花*花

歌詞:そんなにやさしくしないで 1人になるのが怖いから そんなにちかくにいないで 1人になれなくなるから

1ばんほしかったもの

花*花

歌詞:1ばんほしかったものはあなたがもってた 1ばんほしかったものをあなたがくれた 言葉でうまく言えなかったから あなたにちゃんと伝えられなかったのに

花*花(はなはな)は、1998年にデビューした日本の女性デュオ。 小学生時代、高砂市児童合唱団で同期だったこじまいづみとおのまきこによって結成された。 結成当時はシャンプーを捩って「RINSE(リンス)」という名前だった。その後「花*花」という名前でインディーズ活動を経て、メジャーデビューした。「花」と「花」の間の「*」は、本来花のマークであり、インディーズの頃の活字表記では「花花」が使われることが多かった。JOYSOUNDではこちらが使われており、紅白とカラオケのハート・ダイヤの両方を経験している。 wikipedia