小袋成彬の歌詞一覧

  1. 歌詞検索UtaTen
  2. 小袋成彬
  3. 小袋成彬の歌詞一覧

小袋成彬の歌詞一覧

公開日:2018年4月9日 更新日:2022年12月5日

31 曲中 1-31 曲を表示
楽曲・タイトル アーティスト 歌詞・歌い出し

Bye

小袋成彬

歌詞:わかりあえばわかりあうほど わからないことばかり 僕はいつも僕らしさを 君に預けてばかり なのになのになのになぜ

Night Out 2

小袋成彬

歌詞:好きなままでいたいの それでも今は前を向いていたいの あんたなんか知らないわ わがままな恋が実る頃よ

Snug

小袋成彬

歌詞:終わりがある 話をしよう 何もかもを 溶かしたままで 話をしよう

Three Days Girl

小袋成彬

歌詞:歌がない曲で 涙が溢れた 続かない日々を君と 海の彼方から 水色の夜空

Down The Line

小袋成彬

歌詞:Early warnings echo in time

Summer Reminds Me

小袋成彬

歌詞:世界は僕を待ってないと知る いつもの夜道を日のあるうちに帰ったから 遠くに見えた入道雲 幹線道路の音に酔いしれた 今日はゆっくり帰ろう

茗荷谷にて

小袋成彬

歌詞:返す言葉がないよ 腰振る nighttime 最後の nighttime

Rally

小袋成彬

作詞: Nariaki Obukuro ..

作曲: Aru-2 ..

歌詞:In this moment, we are

Formula

小袋成彬

歌詞:忙しく毎日 過ごしていても 割り切れない 意味のない 駆け引き

Butter

小袋成彬

歌詞:When I get up in

Route

小袋成彬

歌詞:回す鍵 揺らせ針 赤いパスポート 飛び回り 握るPilot

Parallax

小袋成彬

歌詞:口元にsoft shiny red 悔しそうに踊って

New Kids

小袋成彬

歌詞:The sun shines on my

Night Out

小袋成彬

歌詞:俺も泣いてた 二人で決めた あの時キレなきゃ 俺は死んでた 何かもが終わるとき

Turn Back

小袋成彬

歌詞:まだ好きだと 言いだしたのは君の方 思ってもいないことを 言い合った時代も 愛しく思うこの頃

In The End

小袋成彬

歌詞:見慣れた駅前 呼び出されるまで 数えた思い出 温めた体を暗い朝隠して ふざけよう銀座で

Tohji's Track

小袋成彬

歌詞:Bitches like a Tohji You

Love The Past

小袋成彬

歌詞:出会えてよかった そう思えるようになった 君を連れてゆっくり走る 君は流れる木々を見ていた 俺はいつも遠くを見ていた

Gaia

小袋成彬

歌詞:愛はまるでガイアみたいだ その運命が枝分かれた 時は俺と共に 過去を辿るように どっちがFront?

夏の夢

小袋成彬

歌詞:借りたままだった本を返そう 最後ぐらいは驕らせてくれ 折り目もそのままに 人目のつかない路地の裏で

Work

小袋成彬

歌詞:生まれたら死ぬまで一生涯 俺は俺だから 生きるためには働かなきゃな 君のためにも働かなきゃな 生きるためには戦わなきゃな

Strides

小袋成彬

歌詞:部屋の窓 少し空けて 初めて話す夢 会わないあいだに 分かり合えたこと

Lonely One feat.宇多田ヒカル

小袋成彬

歌詞:I don't wanna be the

Game

小袋成彬

歌詞:恋に落ちれば負けちゃうゲーム I played with you

E. Primavesi

小袋成彬

歌詞:呼び出しはいつも一時 咄嗟に出たふりはもう通じないみたい 呼び出しは夜の一時 夜の一時 昼おどけて夜に泣く世界

Daydreaming in Guam

小袋成彬

歌詞:喘息を堪えて 縁側の座椅子で朝まで話そう 線香漂うリビング 僕らを睨む君の親父の遺影 陽炎に僕らは溶けた

Selfish

小袋成彬

歌詞:過ぎた車の静けさが僕を一人にさせたころ 名前も知らない遠い山に憶えた小さな怒り その頃の僕は君にはきっとおかしく見えただろう 何も伝わらないのに何から伝えればいい

GOODBOY

小袋成彬

歌詞:焦がしたブレザーを丸めて コインランドリーで夜を明かした 誰も気にしない地方紙の三面の小さいニュース 笑い転げたさよならにでかいため息 どれも僕じゃないんだ

再会

小袋成彬

歌詞:止まない花吹雪 踏んで固まる道 隠していたキスの傷 思い出すふり

門出

小袋成彬

歌詞:夏空にそびえ立つうろこ雲を見下ろして 旋回の半ばで白い街が見えた 祝いの門出でもあまり話さないでいい 自然な時の移ろいをただ感じていたいんだ

愛の漸進

小袋成彬

歌詞:愛を紐解く暇もない 体が冷えぬようそばにいたい 夜目覚めた日に痺れた手はあの時と同じ 晩秋の雪国

小袋 成彬(おぶくろ なりあき、1991年4月30日 - )は、日本の作詞家、作曲家、歌手、音楽プロデューサー、ミュージック・ビデオ監督。音楽レーベルTokyo Recordings代表取締役を務める。 2013年、大学在学中にR&BユニットN.O.R.K.を結成。2014年にミニ・アルバム『ADSR』を発表。ユニット解散後、インディーズレーベルTokyo Recordingsを設立し、綿めぐみやCapesonなどを手掛ける。レーベルとして、これまでにOKAMOTO'S、柴咲コウ、きゃりーぱみゅぱみゅ、Keishi Tanaka、宇多田ヒカルなどのアーティストの作品に関わっている。 2018年、宇多田ヒカルのプロデュースによりエピックレコードジャパンからソロシンガーとしてデビューを果たす。 wikipedia