1. 歌詞検索UtaTen
  2. エレファントカシマシ
  3. エレファントカシマシの歌詞一覧

エレファントカシマシの歌詞一覧

公開日:2014年12月4日 更新日:2021年5月17日

228 曲中 101-150 曲を表示
楽曲・タイトル アーティスト 歌詞・歌い出し

永遠の旅人

エレファントカシマシ

作詞:宮本浩次

作曲:宮本浩次

歌詞:お陽さまよ なぜキミは昇る? いずれにせよ 俺は、ゆかなきゃあならぬ!

脱コミュニケーション

エレファントカシマシ

作詞:宮本浩次

作曲:宮本浩次

歌詞:脱コミュニケーション 窓の外拡がる 街のあかり 夢も希望も「いつかな」

歩く男

エレファントカシマシ

作詞:宮本浩次

作曲:宮本浩次

歌詞:「満ち足りているのかい?」 「満ち足りているのかい?」 歩く速度じゃあ迷子の生活 夕陽が街中をやさしくつつむ頃 歩く男に風が囁くのさ

ハナウタ~遠い昔からの物語~

エレファントカシマシ

作詞:宮本浩次

作曲:宮本浩次

歌詞:遠い昔からの物語 波にきらめく泡つぶだった俺たち 生まれたままのこの心 風に乗り光る海の音 永遠のメロディー

I don' know たゆまずに

エレファントカシマシ

作詞:宮本浩次

作曲:宮本浩次

歌詞:浮世の風に吹きさらされ 進むも地獄、まして後戻りできない。 苦虫つぶしたやうな顔でジェラシー なんだかあたまに来ちゃうね

人生の午後に

エレファントカシマシ

作詞:宮本浩次

作曲:宮本浩次

歌詞:うれしいこと悲しいこと色々あるけれど つまらないよ全部全部 色あせて見えるから うれしいこと悲しいこと色々あるけれど つまらないよ全部全部

達者であれよ

エレファントカシマシ

作詞:宮本浩次..

作曲:宮本浩次..

歌詞:ココロの墓場に眠る 青春のむくろ いわばふるい立つ夢は とうに死んだのさ とはいえ悲しみに酔うのは

傷だらけの夜明け

エレファントカシマシ

作詞:宮本浩次

作曲:宮本浩次

歌詞:もう 二度と泣かなくていいように 夜空の星を全て君にあげやう 夜と朝のあいだに浮かんだ雲を

ふわふわ

エレファントカシマシ

作詞:宮本浩次

作曲:宮本浩次

歌詞:何にも見えない ふわふわの生活 どれがほんとか わからない 不思議さ

星の降るような夜に

エレファントカシマシ

作詞:高緑成冶..

作曲:高緑成冶..

歌詞:星の降るような夜に互い肩でも組んで 歩こうぜ歩こうぜ星の降る夜に ブラブラ行くとしよう何處まで行けるだろうか 時には励ましあって時にはそう手を取り合って

奴隷天国

エレファントカシマシ

作詞:宮本浩次

作曲:宮本浩次

歌詞:太陽の下 おぼろげなるまま 右往左往であくびして死ね オロオロと

無事なる男

エレファントカシマシ

作詞:宮本浩次

作曲:宮本浩次

歌詞:うち過ぎる毎日を 暮らし行く男あり 毎日いそいそと仕事へ出かけ 休日には家族と 心からくつろいだ

遁生

エレファントカシマシ

作詞:宮本浩次

作曲:宮本浩次

歌詞:これから先は死ぬるまで 表へ出ないでくらす人。 たまに表へ出るときも タバコと散歩に日をつぶす。 働く妻の横顔に力のぬけた目を向ける

偶成

エレファントカシマシ

作詞:宮本浩次

作曲:宮本浩次

歌詞:ああ俺には何か足りないと 何が足りぬやらこの俺には 弱き人のその肩に やさしき言葉もかけられず 人を思ううちが花よと

月の夜

エレファントカシマシ

作詞:宮本浩次

作曲:宮本浩次

歌詞:月の夜よ 月の夜よ 一夜の歌を やさしき詩を 暗黒の夜にひびかしむ

晩秋の一夜

エレファントカシマシ

作詞:宮本浩次

作曲:宮本浩次

歌詞:ある夜ひとりで火鉢に手をかざし くもった空気の部屋のうち あわれ ああ いまだに生き残る

上野の山

エレファントカシマシ

作詞:宮本浩次

作曲:宮本浩次

歌詞:天気は上々散歩にと上野の山を訪のうた 上野の桜は八分咲そこらでみんな大さわぎ 花見なんぞのどこがいい 笑い顔さえひきつった

見果てぬ夢

エレファントカシマシ

作詞:宮本浩次

作曲:宮本浩次

歌詞:人の思いは十人十色 やさしき言葉かけるもいい 道端でたたずんで遠くを見てる 何が映った

GT

エレファントカシマシ

作詞:高緑成治..

作曲:高緑成治

歌詞:走りなれたるこの道を 車走らっせ 急ぎ走らっせ あんな所に木が立ってたのか ああ気づかず

デーデ

エレファントカシマシ

作詞:宮本浩次

作曲:宮本浩次

歌詞:溜め息ばかりついてたら 何もできないさ こんなにつまらん世の中も 金がかたづける

今を歌え

エレファントカシマシ

作詞:宮本浩次

作曲:宮本浩次

歌詞:今日という日は 昨日の続きで 頑是ない 子供の日も 空は青かった

昨日よ

エレファントカシマシ

作詞:宮本浩次

作曲:宮本浩次

歌詞:我らは心安らかに歩みて ふたりきりだと信じ合った ああ ふたりは新緑の中を歩んでた 定めは違ってた

シナリオどおり

エレファントカシマシ

作詞:宮本浩次

作曲:宮本浩次

歌詞:やってられないこと 勇気のないこと いつもいつも感じているオレの人生 水に癒された悲しみさえも 何度も考えられて

めんどくせい

エレファントカシマシ

作詞:宮本浩次

作曲:宮本浩次

歌詞:面倒くさいなんて台詞は 僕は口癖にしたくなかったけど 山と積まれたこの仕事が ああ嫌になっちゃうぜ

大地のシンフォニー

エレファントカシマシ

作詞:宮本浩次

作曲:宮本浩次

歌詞:孤独な心に届いたその手紙 「つつがなくやってるぜ、相変わらずだけど」 人生はいつもページェント 自分が主役の そして誰かをしあわせにするため生き抜く

いつか見た夢を

エレファントカシマシ

作詞:宮本浩次

作曲:宮本浩次

歌詞:いつか見た夢を正夢にしよう つまり毎日を 行け! 永遠に流れてる 体中巡ってる

ネヴァーエンディングストーリー

エレファントカシマシ

作詞:宮本浩次

作曲:宮本浩次

歌詞:ネヴァーエンディングストーリー 朝迎えて 何気ない君の言葉 胸に突き刺さる

starting over

エレファントカシマシ

作詞:宮本浩次

作曲:宮本浩次

歌詞:「どれくらい長い時間こうして俺たち過ごしただろうか?」 そこらのカセットかけて車は走る夏の白い道を 風が吹き込む車内 「暑いぜ」

FLYER

エレファントカシマシ

作詞:宮本浩次

作曲:宮本浩次

歌詞:あの水平線をたどって たぐり寄せたら 明日が笑いかけてくれるだろう オレは右へ

雨の日に…

エレファントカシマシ

作詞:宮本浩次

作曲:宮本浩次

歌詞:雨の日に僕は道に迷ってる びしょ濡れのくつで坂道をたどった。 「いいことないかな?」僕のそんなつぶやきは 雨にけぶる町に すひこまれてしまった。

地元のダンナ

エレファントカシマシ

作詞:宮本浩次

作曲:宮本浩次

歌詞:ディンドン ボクはひとりで連日連夜 いろんなものと戦ってゐる。 世界や日本の歴史や、世間の常識や歯がゆさと。 ボクはひとりで連日連夜

すまねえ魂

エレファントカシマシ

作詞:宮本浩次

作曲:宮本浩次

歌詞:探してる 探し歩いてゐる 何かを探してる 探してる 今も探し歩いてゐる

オレの中の宇宙

エレファントカシマシ

作詞:宮本浩次

作曲:宮本浩次

歌詞:でかいかたまりココロを乱し 部屋に襲い来る毎日 オレ夢中で立ち向かってた 寝ころびながら または目を閉じて

覚醒 (オマエに言った)

エレファントカシマシ

作詞:宮本浩次

作曲:宮本浩次

歌詞:オマエに昨日の夜中話したことは 別にオレが急に偉くなった訳じゃなく 三十七なり。オレの青春は終わったけれど 明日もあさってもオレはやって行くから

クレッシェンド・デミネンド-陽気なる逃亡者たる君へ-

エレファントカシマシ

作詞:宮本浩次

作曲:宮本浩次

歌詞:世の中にあるもの全てがメッセージよ すなわち俺の行動も全てが必然よ 好むと好まざるにかかわらず逃げられない そんな 時代の精神て奴ァ確かにあるけれどよ

石橋たたいて八十年

エレファントカシマシ

作詞:宮本浩次

作曲:宮本浩次

歌詞:ああ輝く光 あれは夢か幻か ああ石橋たたけ それで八十年 ああ教えてくれよ

武蔵野

エレファントカシマシ

作詞:宮本浩次

作曲:宮本浩次

歌詞:俺は空気だけで感じるのさ 東京はかつて木々と川の地平線 恋する人には 輝くビルも 傷ついた男の

情熱の揺れるまなざし

エレファントカシマシ

作詞:宮本浩次

作曲:宮本浩次

歌詞:何てこったい 揺れる情熱の わかってるくせによ なんたらかんたら俺悩んで バカな人生よ

赤い薔薇

エレファントカシマシ

作詞:宮本浩次

作曲:宮本浩次

歌詞:啣え煙草 部屋に帰れば 傷跡ひとつ 赤い薔薇 Oh

愛の日々

エレファントカシマシ

作詞:宮本浩次

作曲:宮本浩次

歌詞:時が過ぎれば誰もが大人になるの ふたり いずれ傷つけ合い どこへ行くのか 教えてくれ

エレファントカシマシ

作詞:宮本浩次

作曲:宮本浩次

歌詞:悲しいときには涙なんかこぼれない うれしいときには肩怒らせ世を笑うさ それでいい時間が止まらないで過ぎるだけで それでいい時間が止まらないで過ぎるだけで

甘い夢さえ

エレファントカシマシ

作詞:宮本浩次

作曲:宮本浩次

歌詞:甘い夢さえも男には 何よりも光り輝くこともある 大きな声じゃ言えないような そんな甘い夢さえ

東京の空

エレファントカシマシ

作詞:宮本浩次

作曲:宮本浩次

歌詞:ああ 街の空は晴れて ああ 人の心晴れず 尽きやらぬ悩みごと

真冬のロマンチック

エレファントカシマシ

作詞:宮本浩次

作曲:宮本浩次

歌詞:真冬のひとりロマンチック消えゆく影街かどの憂欝 遅れてきた名曲部屋はポカポカストーヴ聞き覚えがあるぜ くわえタバコ冬枯れのヒーローかすかに街の音もう夜中なのに 遅れてきた名曲聞き覚えがあるやつさ真夜中のロマンチック

浮世の姿

エレファントカシマシ

作詞:宮本浩次

作曲:宮本浩次

歌詞:眠れぬ夜いつも あしたこそ行けそうだ お前は何處が変わった? 昨日と何が違った? 襲い来る囁き

太陽の季節

エレファントカシマシ

作詞:宮本浩次

作曲:宮本浩次

歌詞:あてなき気迫たれ流し 動かぬ体もてあまし じわりとくるぜ年ごとに 太陽の季節 無駄な努力いつまでも

過ぎゆく日々

エレファントカシマシ

作詞:宮本浩次

作曲:宮本浩次

歌詞:笑顔もてやさしげに この俺は言葉をかけた。 ひからびた情熱は、ただ過ぎるくらしの中へ消えた。 涙もて目を上げた。この俺は高きを見つめ、 うちふりし情熱は、ただ過ぎるくらしの中へ

too fine life

エレファントカシマシ

作詞:石森敏之..

作曲:石森敏之..

歌詞:雨が降り続き けだるさが残った はやく時間よ過ぎてくれ 力も出てこない too

金でもないかと

エレファントカシマシ

作詞:宮本浩次

作曲:宮本浩次

歌詞:金でもないかと下みてあるく いつものやつらと そこらをぶらつく おもてをあるけば 人にぶつかる

サラリ サラ サラリ

エレファントカシマシ

作詞:宮本浩次

作曲:宮本浩次

歌詞:わらいかけられて ほほえむすがたと おどろき あわてて 走りだす人よ

エレファントカシマシ(THE ELEPHANT KASHIMASHI、ELEPHANT KASHIMASHI)は、日本のロックバンドである。1981年結成。 wikipedia