1. 歌詞検索UtaTen
  2. 遊助
  3. 遊助の特集一覧

遊助の特集一覧

遊助の「ひまわり」が10年経っても愛され続けている理由とは?

俳優兼タレントの上地雄輔が「遊助」として活動を始めたデビューシングルが『ひまわり』。この曲は2009年に発売され、現在もたくさんの人たちに愛され続けている曲です。発売して10年以上経っても愛され続けている理由について迫ります。

リアルな歌詞が泣ける。遊助「3分30秒のタイムカプセル」

12/4にリリースされた遊助のニューシングル『3分30秒のタイムカプセル』は、冬空の下で聴きたくなる失恋ソングだ。過ぎ去った過去が、ある曲がきっかけで甦る。3分30秒のラブソングに込められた意味とは?

【インタビュー】遊助が持つ千羽鶴のイメージは「増えていくもの」

歌手デビュー10周年を迎えた『遊助』。ポップなアップチューンとなったニューシングル『千羽鶴』は、「誰に頼まれてもないのに、勝手に高校野球(の番組)のテーマ曲になったらいいな(笑)」と思いながら作った1曲だ。が、しかし。蓋を開けたみたら「2019tvk高校野球神奈川大会中継テーマソング」に決定。この運の強さ、やはり“もってる男”と言えるのではあるまいか。人懐っこいが無駄なことを言わない――そんな飾らない真摯なスタンスが、彼の書く歌詞のメッセージ性につながっているのかもしれない。