sumikaの歌詞一覧

全て見る

タイトル 歌い出し

Lovers(FM802 2016年04月ヘビーローテーション) 人気!

涙の理由を整理したくて B5の紙に書き出してみたんだ 辛さ悲しさ感情色々 滲んだインクの先に僕が透けていた

「伝言歌」 人気!

日毎に増えてく小言 それはあなたを知りすぎているから 面倒な照れや もどかしさも 受け入れて私

ソーダ 人気!

けむくじゃらが 風鈴の音を聞いて 気持ち良さそうに 眠っている

MAGIC 人気!

パってなるからグってなるから 瞬く度自由になるから パってなるからグってなるから さあ 音と音にのせて今を変える

アネモネ 人気!

色付いたアネモネ 綺麗だ 僕は駄目駄目だったけど 違う花でも今日も育ててる イヤになるくらい

ふっかつのじゅもん

毒喰らってしまっても 堪えて 光差す方 手の鳴る方へ

まいった

「寒いね」と君が言うから 「そうだね」と僕も返した 赤い鼻の君の横で 右手だけが赤い あの日の僕

リグレット

君の音を聴かせてよ それだけでいいんだよ はぐれた心を繋いでよ 君の音を聴かせてよ

溶けた体温、蕩けた魔法

いつになれば解るのだろう 傷つけ傷つかぬ距離 温める為 良かれと思って 互いに近付く僕ら

Answer

心を叫ぶから メーデー 言葉にならんね 帯に短し襷に長し

sara

さらば青い心の少年よ 黒に染まる事すら愛おしい こんな僕が出来上がってしまったな どうすればどうすれば どうすればいいか

Summer Vacation

Summer Vacation 心地良い熱さ 残るアスファルト 灯る街灯は

雨天決行

僕の大事なものは大事に思って欲しいんだよ まるで子供の駄々の様な言葉は口を出ずに いつか描いた空想地図はぼろ切れになって何度捨てた? そのたび何度白い紙に新たな地図描いた?

グライダースライダー

グライダー この世の公式に おいそれおいそれと 乗り込んで

ここから見える景色

1人1人が2人に変わり 歩いていた道交わり始めた どちらがどちらとも言う事なく バランスをとって進み始めた

アイデンティティ

タントンと響いた 左と右の足は 早くもない 特別じゃない

春風

「ねえねえ、朝よ。もう起きて」 無機質なベルを指でなぞる 目覚めて目醒めて さあ乗り込む 鉄の箱

茜色の群青

レンタルビデオ屋に行こう シリーズもののアニメを見よう 「あれ、おかしいな」つまらないな 好きな物だったのに

Door

振り向いたら 負けな気して 足跡見物我慢し 進むべき道は前へ

rem.

桜の花のひとひらが 風に舞って飛び込んできた そんなイメージなのさ 君との出会いはきっと 4月の衝撃を僕は忘れられず

enn

雨の日も 風の日でも 繋いで離さないでよ しわくちゃな愛 愛しく強いその線

FUN

また思考する 意味のない事にまた思考する また思考する そこで泣いていた

1.2.3..4.5.6

妙な不安感は理由もなく押し寄せた 1.2.3..4.5.6 数えるまでにどっか飛んで行けよ 妙な不安感は全て僕を壊していく

リフレイン

まぶたが重いんだよ 夜になればいつもそうさ 落ちるさ 明日に向け落ちていく 脳内の情報を圧縮して

オレンジ(ユニクロ ふんわりルームウェア CMソング)

涙の跡つけたまま うなだれて歩く帰り道 頭の中の九割五分が口を出ずに困っている 格好悪いままの

イナヅマ

3秒前まで僕だけのもの でも3秒先では世界中のもん になってしまうような時代だよ Too fast

坂道、白を告げて

雨予報の天気が嘘みたいに 綺麗な空は 雨男の僕が今から起こす奇跡の味方さ この辺りで一番高い場所に君を連れ出し

Amber

Saturday 鮮やかに揺れた髪の奥に 動く黒が2つ 僕を覗き込むそれは この世のものとは思えないのさ

マイリッチサマーブルース

イマジネーション コミュニケーション 茹だるような暑さでヒートした キャリブレーション いざバケーション

KOKYU

鼻から吸って口から出す そういう風に身体は出来ています 吸った分は残さず吐き出そうぜ (吸って吐く 吸って吐く)

全て見る

関連ハッシュタグ