ライブ活動やバンド活動をするためのノウハウや悩みを解消する音楽情報サイトです

ライブUtaTen

バンド

【鍵盤】キーボードが活躍するおすすめバンド10選!魅力や役割にシンセサイザーとの違いも紹介 2020年1月

2020年1月13日

キーボード バンド

これからバンドでキーボードを始めようとしている人は、キーボードがどのような役割を果たすのかを知る必要があります。

キーボードと言っても、ピアノ音色で伴奏やメロディを奏でることもあれば、シンセサイザーのように特殊で壮大な音色で曲を盛り上げることもできます。

Live編集部
この記事では、これからバンドでキーボードを始めようと思っている人に向けて、キーボードが活躍するおすすめバンドやキーボードの魅力や役割について紹介します。

ココがおすすめ

この記事の目次はこちら!

キーボード魅力

キーボード活躍バンド

キーボードってどんな楽器?

キーボードを始めるにあたり「キーボードとはどのような楽器なのか」を知っておく必要があります。一般的に鍵盤楽器のことを「キーボード」と呼ぶことが多いですが、実はその中にもキーボードやシンセサイザーなど様々な種類があります。

ここでは、そんなキーボードとシンセサイザーの特徴について紹介します。

キーボードの特徴

「キーボード」は、端から端まで鍵盤が並んでいる作りがシンプルなものを指します。

ピアノの音色以外にも様々な特殊な音を出すことできますが、あらかじめキーボード本体にプリセットされているものをセレクトして呼び出すという使い方です。

しかし、最近ではステージピアノとしてライブハウスに常設されていることも多く、ライブ向きのモデルとして好みのサウンドにイコライジングできるものも登場し、自分好みの音作りができるようにもなってきています。

シンセサイザーの特徴

シンセとも略すことができるシンセサイザーは、いろんな音色を出すためのスイッチがたくさんついていて、よりたくさんの機能を使うことができるものを指します。

いろんなツマミやスイッチを使って自分好みの音を作り出すことができるのです。

「キーボード」と「シンセサイザー」はどちらも同じ特徴を持っているように見えますが、実際にその定義は曖昧な部分が多いと言われています。

キーボード向きの演奏

キーボードはピアノ演奏が似合うような曲での使用に向いています。昔からピアノを弾いていたと言う人はあまり違和感なく扱うことができるでしょう。

弾き語りなどにも使用されることが多く、一台で音楽を成り立たせることができる楽器と言えます。

シンセサイザー向きの演奏

シンセサイザーは独特な広がりのあるシンセ音やドラムサウンドなどを作り出すことができるので、賑やかなバンドや壮大な曲の演奏に向いています。

シンセが1台あるだけで曲の幅が広がり、楽器が少ないバンドでも音圧を上げることができるので重宝されるでしょう。

キーボードの魅力

キーボード魅力

キーボードはバンドの中でも「もう一味加えたい」という時に追加パートとして加入することが多く、一度メンバーに加わると非常に大きな力を発揮します。

ここでは、キーボードの魅力について紹介します。

音色が多彩

キーボードは、扱うことができる音色が非常に多彩です。

シンプルなピアノの音色はもちろん、ギターの音やドラムの音、壮大なオルガンの音など様々な音色を作り出すことができます。

その音作りの幅広さから、ロックやジャズなどジャンルを超えた音楽に馴染むことができると言われています。

もともとキーボードが入っていない曲であっても、コード感さえ掴むことができればアレンジして演奏することもできますよ。

1人でも音楽を作れる

キーボードが1台あれば、一人でも音楽を作ることができます。また、キーボードは低い音と高い音を同時に出すことができるので、ベースラインを弾きながらメロディラインも同時に引くことができるのです。

ギターやベース、ドラムは他のメンバーと音を合わせて初めて曲が成り立つのに対し、キーボードは完全に一人でも成立することができる楽器と言われています。

音楽の基礎が学べる

キーボードの魅力の1つとして、音楽の基礎が学べることが挙げられます。キーボードはギターやベースなどの楽器に比べて、鍵盤の形が合理的に作られているため、音のイメージを把握しやすいです。

そのため、鍵盤数を見ることで#や♭がひと目ででわかることや、音の度数(音と音の距離)が数えやすいため、音楽理論を身につけやすいと言えます。

アレンジ力がつく

キーボードで音楽の基礎を身につけることができれば、アレンジ力がつくというメリットがあります。

実際に演奏しながらでも、音と音の距離が不自然にならないように音楽理論に基づいてアレンジを加えることができるようにもなるでしょう。

キーボードは演奏できるようになるだけで音楽理論に触れることができるので、アレンジ力が自然と身につくのです。

将来の選択肢が幅広い

キーボードはジャズピアノやロックオルガンなど、いろんなジャンルに細分化することができるため、将来の選択肢が幅広いというメリットがあります。

作曲やアレンジが一人でできる特技を身につければ、作曲家や編曲者などにもなるという選択肢が出てくるでしょう。そのため、作曲家にピアノが弾ける人が多いというのも納得できますよね。

キーボードの役割

バンド初心者にとって、キーボードは「ピアノの音をバンドに取り入れるためのポジション」というイメージを持っている人は多いのでないでしょうか?

しかし、キーボードは多彩な音色でバンドを支えることができる名脇役なのです。ここでは、キーボードの役割について紹介します。

ギターと似た役割

バンドの花形といえばギターですよね。

しかし、ギターがコード弾きで曲の土台を支えるのと同じように、キーボードでも目立つ伴奏することができます。

また、ギターが間奏の間にギターソロでメロディラインを弾くのと同じように、キーボードもピアノの音色でピアノソロを担当することもあります。

最近ではギターをバンドに取り入れず、ボーカル・キーボード・ベース・ドラムという構成のバンドも出てきていますよ。

他の楽器の代わり

ピアノは高い音から低い音まで幅広い音域をカバーすることができるので、他の楽器の代わりを務めることもできます。

また、ギターやベースでは代わりをすることができない、サックスなどの管楽器の代わりを務めることもできるのです。

バンドに管楽器を取り入れようとして、メンバーを集めようとしても、なかなか管楽器をやっている人には巡り合えませんよね。

バンドの幅を広げる

他の楽器の代わりを務めることができるということは、バンドの音楽の幅を広げることができるということでもあります。

キーボード1台あればその時に応じて必要な音色を作ることができるので、曲作りでの助け役にもなるのです。

音の空白を埋める

キーボードの役割として、途切れがちな音と音の空白を埋めることができます。

ギターやベース、ドラムなどは弦の振動やシンバルの振動がなくなれば音は消えてしまいますが、キーボードは鍵盤を押し続ける限り音が止まることはないため、音の空白を埋めたいという時におすすめです。

キーボードが活躍するバンド10選

キーボード活躍バンド10選

最後に、実際にキーボードが活躍するかっこいいバンドを紹介します。どのバンドも有名なので、一度は聞いたことがあるはずですよ。

ここでは、キーボードが活躍するバンド10選を紹介します。

SEKAI NO OWARI

来年2020年に結成10周年を迎える人気バンド「SEKAI NO OWARI」。世界の終わりという名前からは想像できないほどキャッチーな音楽が特徴です。

しっとりと聞かせる歌声と切ないピアノのバランスは必見です。

UtaTenで今すぐ歌詞を見る!

Dragon Night 歌詞「SEKAI NO OWARI」ふりがな付|歌詞検索サイト【UtaTen】
Dragon Night 歌詞「SEKAI NO OWARI」ふりがな付|歌詞検索サイト【UtaTen】

続きを見る

サカナクション

2007年にデビューした男女5人組のバンド。バンド名の由来は「魚」と「アクション」を組み合わせた造語であり「変化を恐れずやっていこう」という意味が込められているそうです。

ジャンルを超えて、多彩で芸術的な音楽が人気を集めている彼らの中に、テクノ系のキーボードの音がバンドのお洒落さを引き立てています。

UtaTenで今すぐ歌詞を見る!

新宝島 歌詞「サカナクション」ふりがな付|歌詞検索サイト【UtaTen】
新宝島 歌詞「サカナクション」ふりがな付|歌詞検索サイト【UtaTen】

続きを見る

東京事変

椎名林檎さんを中心に結成されたバンド「東京事変」。バンドメンバーは一人ひとりが超個性的で、それぞれの独創的な音楽性を確立しているプレイヤーばかりです。

ロックでは珍しい、ピアノサウンドが魅力的なバンドです。

UtaTenで今すぐ歌詞を見る!

遭難 歌詞「東京事変」ふりがな付|歌詞検索サイト【UtaTen】
遭難 歌詞「東京事変」ふりがな付|歌詞検索サイト【UtaTen】

続きを見る

TOKIO

ジャニーズの音楽グループの中で唯一歌って踊らない、バンドとして活動している「TOKIO」。また、ジャニーズでは珍しく自分たちで作詞作曲を手掛けている楽曲もたくさんあります。

キーボードを担当している国分太一さんは、幼少時代からピアノを習っており、腕前は本物です。

UtaTenで今すぐチェック!

「TOKIO」の歌詞・動画・ニュース一覧|歌詞検索サイト【UtaTen】
「TOKIO」の歌詞・動画・ニュース一覧|歌詞検索サイト【UtaTen】

続きを見る

Official髭男dism

「ヒゲダン」の愛称で親しまれている「Official髭男dism」。髭男という名前ながら髭が生えているメンバーが誰一人いません。

歌声もクリアでいわゆる優しい系イケボ。おしゃれで素直なピアノサウンドが特徴です。

UtaTenで今すぐ歌詞を見る!

宿命 歌詞「Official髭男dism」ふりがな付|歌詞検索サイト【UtaTen】
宿命 歌詞「Official髭男dism」ふりがな付|歌詞検索サイト【UtaTen】

続きを見る

King Gnu

4人組ミクスチャーバンド「King Gnu」は、メンバーそれぞれが多方向からの音楽性を取り入れ、全く新しい音楽を作り上げています。彼らは自身の音楽を「トーキョー・ニュー・ミクスチャー・スタイル」と呼んでいるそうです。

キャッチーでバランスの良い音楽に、お洒落なピアノサウンドがバンドの良さを引き立てています。

UtaTenで今すぐ歌詞を見る!

白日 歌詞「King Gnu」ふりがな付|歌詞検索サイト【UtaTen】
白日 歌詞「King Gnu」ふりがな付|歌詞検索サイト【UtaTen】

続きを見る

Suchmos

「Suchmos」は日本の6人組ロックバンドです。去年NHKのサッカーのテーマソングでタイアップを務めました。

高い音楽技術に、クールでお洒落なシンセサイザーの音がSuchmosの独特な世界観にマッチしています。

UtaTenで今すぐ歌詞を見る!

FUNNY GOLD 歌詞「Suchmos」ふりがな付|歌詞検索サイト【UtaTen】
FUNNY GOLD 歌詞「Suchmos」ふりがな付|歌詞検索サイト【UtaTen】

続きを見る

ねごと

千葉県出身の4人組のガールズバンド「ねごと」。ロックやポップスなどの様々なジャンルでキャッチーな音楽性が魅力的なバンドです。

バラエティに富んだ多彩なキーボードの音が、力強い曲から物憂げな曲まで様々な音で表現されています。

UtaTenで今すぐ歌詞を見る!

カロン 歌詞「ねごと」ふりがな付|歌詞検索サイト【UtaTen】
カロン 歌詞「ねごと」ふりがな付|歌詞検索サイト【UtaTen】

続きを見る

キュウソネコカミ

関西出身の5人組バンド「キュウソネコカミ」。特徴的な歌詞が面白く、独特な世界観が魅力的なサブカル系バンドです。

キュウソネコカミの特徴でもある、キーボード担当のヨコタシンノスケによるシンセサイザーピコピコ音が、ダンスミュージックの世界を作り出しています。

UtaTenで今すぐ歌詞を見る!

ハッピーポンコツ 歌詞「キュウソネコカミ」ふりがな付|歌詞検索サイト【UtaTen】
ハッピーポンコツ 歌詞「キュウソネコカミ」ふりがな付|歌詞検索サイト【UtaTen】

続きを見る

フジファブリック

2000年に結成された3人組ロックバンド。ボーカルを務めていた志村正彦が亡くなってからは、ギターの山内総一郎がボーカルを担当しています。

独特の世界観にマッチした素直なピアノの音色が魅力的なバンドです。

UtaTenで今すぐ歌詞を見る!

若者のすべて 歌詞「フジファブリック」ふりがな付|歌詞検索サイト【UtaTen】
若者のすべて 歌詞「フジファブリック」ふりがな付|歌詞検索サイト【UtaTen】

続きを見る

Mrs. GREEN APPLES

男女5人組の爽やかバンド「Mrs. GREEN APPLES」は、ポップでキャッチーなメロディーとボーカルの高音ボイスが魅力的。

シンセサイザーによるエレクトロで明るいサウンドとダイナミックな演奏が特徴的でありながら、寂しさを感じるバラードナンバーも表現することができる人気バンドです。

UtaTenで今すぐ歌詞を見る!

青と夏 歌詞「Mrs. Green Apple」ふりがな付|歌詞検索サイト【UtaTen】
青と夏 歌詞「Mrs. Green Apple」ふりがな付|歌詞検索サイト【UtaTen】

続きを見る

ゲスの極み乙女。

男女4人組ロックバンド「ゲスの極み乙女。」は、エキセントリックな音楽と、キャッチーで独特なメロディーが魅力的なバンドです。

キーボード担当のちゃんMARIは、ライブでのダイナミックでキレキレなパフォーマンスと異次元のピアノの上手さが評判を集めています。

UtaTenで今すぐ歌詞を見る!

私以外私じゃないの 歌詞「ゲスの極み乙女。」ふりがな付|歌詞検索サイト【UtaTen】
私以外私じゃないの 歌詞「ゲスの極み乙女。」ふりがな付|歌詞検索サイト【UtaTen】

続きを見る

サザンオールスターズ

ボーカルの桑田佳祐さんを中心に結成され、1978年にデビューしたバンド「サザンオールスターズ」。40年以上も音楽業界の第一線を走り続けている人気バンドです。

キーボードを担当している原由子さんは、シンガーソングライターとしても活躍しており、しっとりと聞かせるようなピアノサウンドから夏の曲を盛り上げるシンセの音まで多彩な音を作り出しています。

UtaTenで今すぐ歌詞を見る!

東京VICTORY 歌詞「サザンオールスターズ」ふりがな付|歌詞検索サイト【UtaTen】
東京VICTORY 歌詞「サザンオールスターズ」ふりがな付|歌詞検索サイト【UtaTen】

続きを見る

BankBand

BankBandはMr.Childrenの桜井和寿が中心となって「ap bank」の活動資金や融資金を集めるために結成されたバンドです。

音楽プロデューサーであり、キーボーディストでもある小林武史による演奏は、バンドを引き立てる多彩な音色を表現しています。

UtaTenで今すぐ歌詞を見る!

はるまついぶき 歌詞「Bank Band」ふりがな付|歌詞検索サイト【UtaTen】
はるまついぶき 歌詞「Bank Band」ふりがな付|歌詞検索サイト【UtaTen】

続きを見る

活躍の幅が広いキーボード!アレンジ力を磨いて充実したバンドサウンドを目指そう

キーボードはバンドの中でも活躍の幅が広いため、様々な音楽を作り出すことができます。

キーボードを弾きこなせるようになれば音楽の基礎知識が身につき、他の楽器にはないアレンジ力を活かして音楽を楽しむことができるようになりますよ。

また、ジャンルにとらわれることなく、幅広い音楽を奏でることができるので将来の選択肢も広がるでしょう。キーボードを弾きこなし、アレンジ力を磨いて充実したバンドサウンドを目指しましょう。

この記事のまとめ!

  • キーボードとシンセサイザーの違いの定義には、曖昧なことが多い
  • キーボードの魅力は音色が多彩で一人でも音楽を作り出すことができること
  • キーボードを弾けるようになると、音楽の基礎やアレンジ力が身につく
  • キーボードの役割は他の楽器の代わりなるため、バンド全体の音楽の幅を広げることができる
  • キーボードが活躍している有名なバンドはたくさんある

-バンド
-, , , ,

Copyright© ライブUtaTen , 2020 All Rights Reserved.