ライブ活動やバンド活動をするためのノウハウや悩みを解消する音楽情報サイトです

ライブUtaTen

楽器/機材

【独自】リッケンバッカー(Rickenbacker)のベースの特徴・種類を紹介!ポール・マッカトニーが愛したベースとは? 2021年10月

2021年9月17日

リッケンバッカー ベース

椎名林檎、奥田民生、サカナクション、くるり、ビートルズ、ザ・スミスなど、数々のアーティストが愛用している「リッケンバッカー」。

「ボディからツノが生えたような形、中央から外側に向かってりんごのような赤色が濃くなるカラーリング」と聞けば、ピンとくる人も多いのではないでしょうか?

Live編集部
この記事では、長きにわたって多くのアーティストや音楽好きから愛されている「リッケンバッカー」の中でも 「ベース」 に着目して、特徴や種類を紹介します。

リッケンバッカー(Rickenbacker)とは

「リッケンバッカー(Rickenbacker)」は、アメリカの楽器メーカーの名前です

アコースティックギターやエレキギター、エレキベース等を製造・販売しており、世界初のエレキギター「フライングパン」を発売したことや、ビートルズのメンバーが同社の楽器を愛用していたことで有名なメーカー。

一目で「リッケンバッカーだ」とわかる特徴的なルックスと歴史あるブランドは、多くのミュージシャンの憧れでもあります。

 

リッケンバッカーのベースの特徴

リッケンバッカー ベース 特徴

先ほども述べたように、リッケンバッカーはビートルズのメンバーが愛用していたことで世界的に名前が知られるようになりました

職人の手によって1本ずつ丁寧に作られるからこそ実現できるこだわりの詰まった仕様には、どのような特徴があるのでしょうか。

ここからは、「個性派ベースの代表格」と呼ばれるリッケンバッカーのベースの特徴を紹介します。

ライブUtaTenの関連記事!

ゴーストノート
【重要】ベースのゴーストノートとは?種類やミュートとの違いを解説!

続きを見る

 

トラスロッドが2本

リッケンバッカー製のベースの大きな特徴は、トラスロッドが2本埋め込まれていることです。

「トラスロッド」とはネック部分に埋め込まれている鉄製の棒のことで、ネックの反りやねじれを調整するために用いられます。

通常のベースでは1本のところを2本使用することによって、金属的な硬めの音色を作り出し、さらにはネックの反りやねじれをより強力に防ぐことができるのです

ただし、これによって調整が非常に複雑になるので、メンテナンスの際には専門家に頼ることが必要になります。

 

メイプルのボディとスルーネック

リッケンバッカーのベースと言えば「スルーネック構造」もとても有名です。

「スルーネック構造」とは、ネックとボディがそれぞれ分かれているのではなく、ボディエンドまでをネックが貫き、ネックの左右にウィング材を貼り合わせてボディを形成する構造のこと。

部品の数を抑えられるので、ハイポジションの演奏がしやすくなったり音の鳴りが良くなるというメリットがあります

このスルーネック構造に、指板材として定番のメープルをボディ全体に掛け合わせた作りが、リッケンバッカーの特徴です。

工数が多く、他のモデルよりも手間もかかる製作方法ですが、ここで妥協しないのが「個性派ベースの代表格」と呼ばれる理由なのでしょうね。

 

シングルコイルのピックアップ2つ

リッケンバッカーのベースには、時代に合わせたモデルチェンジはありつつも、基本的にはシングルコイルのピックアップが2つ搭載されています

弦の振動を電気信号に変換する部品(ピックアップ)が、磁石の周りに巻きつけられた単一の(シングル)コイルからできているということですね。

シングルコイルのピックアップが2つ使われている構造は「ジャズベースタイプ」とも呼ばれています。

 

幅広いサウンド

リッケンバッカーのベースはボディ材にメープルがふんだんに使われていることによって音の抜けが良く、シングルコイルのピックアップが2つ搭載されていることで、高音域から低音域までをまんべんなくカバーすることができます。

つまり、ポップな音やシャリシャリした硬質な音、さらには歪みを効かせた激しい音まで、幅広いサウンドを実現することができます。

 

リッケンバッカーのベースの種類

リッケンバッカー製のベースがいかに手間暇かけられた個性的なものであるかがわかったところで、次はリッケンバッカーの代表的なベースの種類を紹介します。

憧れのベーシストがどのモデルを使っているのかを確かめたり、購入を検討する際の参考にしてみてください

ライブUtaTenの関連記事!

ベース スラップ
【学習】ベーススラップのコツとは?スラップ奏法におすすめのベースブランドと練習曲を紹介!

続きを見る

 

4001

リッケンバッカーの中でもっとも有名なモデルが「4001」モデルです。

1961年に発売されてから製造が中止される1986年まで、25年もの間「リッケンバッカーの顔」として親しまれてきました。

ポジションマークの三角形がとてもクールで目をひきますよね。

ちなみに、ポール・マッカートニーが使用していたのは4001と同時に発売された4001Sモデルで、4001のスタンダードバージョンです。

 

4002

「4002」モデルは、4001モデルのデラックス版として1977年に生産が開始されました。

ボディには希少材であるバーズアイメイプルが使用され、黒地に白のネームプレートや黒いピックガード、ボディを縁取るバインディングが貫禄満点です。

こちらはなかなかお目にかかることのできない「幻の逸品」とも称されており、中古楽器市場ではヴィンテージ品として130万円を超える価格で取り引きされています。

 

4003

「4001」と「4002」が歴代のリッケンバッカーの顔だとするならば、現代のスタンダードに位置付けられるのが「4003」モデルです。

4001モデルの後継機種として基本的なデザインを引き継いでいますが、ピックアップの出力がより大きくなったり、個人では扱いが難しかったトラスロッドが改良されたりと、変更点もいくつか挙げられます。

これによって4001モデルのそのままの音色を出すことは叶いませんが、その分誰にでも扱いやすい仕様になっています。

 

4080

少し風変わりな「4080」モデルは1975年に発売されたもの。

こちらはリッケンバッカーのギター“MODEL 480”とベース“MODEL 4001”が組み合わされたダブルネックモデルです。

カナダの国民的3ピースバンド・Rush(ラッシュ)のゲディ・リーがライブでセカンドギターのフレーズを弾く時に使用していたのも有名ですが、7kg近い重量から腰を痛めて使うのをやめたという逸話があります。

 

リッケンバッカーのベースを使用しているアーティスト

リッケンバッカー ベース アーティスト

個性的で複雑な仕様から、メンテナンスが難しかったり扱いにくい面もあるリッケンバッカーですが、それでもサウンドの幅広さやブランド力によって、熱狂的な愛用者は世界中に数多くいます。

ここから紹介する偉大なアーティストたちもその中の一人です

自分の好きなベーシストがいるか、ぜひ確かめてみてください。

ライブUtaTenの関連記事!

ベース 指 弾き
【楽勝】ベース指弾きのコツは?おすすめの練習曲と指が痛いときの対処法

続きを見る

 

ポール・マッカートニー

解散してもなお伝説的なバンドとして世界中にその名を響かせ、多くのミュージシャンに影響を与え続けているロックバンド・The Beatles(ザ・ビートルズ)のベーシストであり作曲家であるポール・マッカートニー。

躍動するベースラインで曲全体を引っ張ったり、ボーカルの裏でカウンターを張ったりする巧みな演奏は「ロックバンド内のベースの在り方を定義付けた」と言われています。

UtaTenで今すぐチェック!

「PAUL McCARTNEY」のアーティストページ|歌詞検索サイト【UtaTen】
「PAUL McCARTNEY」のアーティストページ|歌詞検索サイト【UtaTen】

続きを見る

 

レミー・キルミスター

イギリスのロックバンド・Motörhead(モーターヘッド)のレミー・キルミスターは「ミスターリッケンバッカー」と呼ばれるほど、一貫してリッケンバッカーを愛用していました。

ほとんどギターに聞こえるくらい歪ませた音色と渋く激しいダミ声で、ロックだけでなく、ヘビメタやパンクリスナーからも愛されています

1本ずつ丁寧にオークの葉の彫刻が施されたレミーモデル「4004LK」は、全世界で60本だけ生産された幻のベースです。

 

クリス・スクワイア

1985年にグラミー賞を受賞したプログレッシブロックバンド・Yes(イエス)の屋台骨として活躍したクリス・スクワイヤもリッケンバッカー愛用者の一人です。

1、2弦の特に硬質な音色を活かして超攻撃的なサウンドは「圧巻」の一言。

メンバーチェンジが激しいイエスの中で、結成当初から自身の死去までベーシストを務めあげたクリスは、プレイヤーモデルである「4001CS」モデルを生み出しました。

 

ロジャー・グローヴァー

ロジャー・グローヴァーは、2016年にロックの殿堂入りを果たしたイギリスのロックバンド・Deep Purple(ディープパープル)のベーシストとして、バンドの黄金期を支えました。

現在のロジャーはプロデューサーとしても知られており、その音楽センスはバンドの中でも幅広いサウンドを実現する相棒・リッケンバッカーの「4001」モデルと共にいかんなく発揮されていました。

UtaTenで今すぐチェック!

「Deep Purple」のアーティストページ|歌詞検索サイト【UtaTen】
「Deep Purple」のアーティストページ|歌詞検索サイト【UtaTen】

続きを見る

 

ブルース・フォクストン

1977年から1982年まで活躍したイギリスのロックバンド・The jam(ザ・ジャム)で活躍したブルース・フォクストン。

解散してもなおイギリス国内で熱い支持を受ける同バンドは、バンクロック全盛期の時代にモッズスタイルやR&Bのテイストを取り入れて人気を博しました

ボーカルとギターを務めるポール・ウェラーとともに真っ赤なリッケンバッカーをかき鳴らす姿には、憧れた人も少なくないでしょう。

 

リッケンバッカーのベースは幅広い音楽に対応できる!有名アーティストが弾いている演奏を聴いてみよう

決して使い勝手が良いとは言えない複雑な仕様ながら、幅広い音楽に対応する素晴らしい音色や、こだわりの詰まったブランドの誇りによって、多くの偉大なアーティストに愛されてきたリッケンバッカー

時代や流行りの音楽ジャンルが変わっても、リッケンバッカーへの憧れの眼差しは変わりません。

YouTube等にはこの記事で紹介したベーシストのライブ映像もたくさんありますので、ぜひ楽器にも注目して、有名ミュージシャンの演奏を聴いてみてください。

 

この記事のまとめ!

  • リッケンバッカーの楽器は世界中のアーティストに愛されている
  • リッケンバッカー製のベースが個性派ベースの代表格
  • 特徴はスルーネック構造などの複雑でこだわりの詰まった仕様

 

おすすめ記事

-楽器/機材

Copyright© ライブUtaTen , 2021 All Rights Reserved.