1. 歌詞検索UtaTen
  2. まふまふ
  3. 拝啓、桜舞い散るこの日に歌詞

2019.4.26 リリース

「拝啓、桜舞い散るこの日に」の歌詞 まふまふ

友情 感動 恋愛 元気 結果 動画を見る
文字サイズ
ふりがな
春色はるいろまる校舎こうしゃ
これからわすれる世界せかい
長髪ながかみゆらすきみはつぶやく
遠回とおまわりをしよう?」

はなびらがるみたいに
ひらひらはなちかづいて
ただそうして ボクらここでつながったんだ

季節きせつかしたように 背中せなかした通学路つうがくろ
将来しょうらいゆめ 未来像みらいぞう きみ設計図せっけいず
テストによくるよ

ゆるされたいことばっかで
見失みうしなうことばっかのこの
未来みらいなんてまだたくせないのに

ボロボロになったペンと教科書きょうかしょ
予鈴逃よれいのがした自転車じてんしゃ
きみきずつけたあの落書らくが

大嫌だいきらいなはずなのに
ふさぎたいわけでもない
きかけの御話おはなし
いつもあの放課後ほうかごこう

おとぎのはなしみたいな
奇跡きせきわせちゃいない
ただ不確ふたしかな今日きょうとそれにつづ明日あした
あったくらいの世界せかい

「ろくなおももないや」
きみさびしそうにさせる
でもこれがボクにえる精一杯せいいっぱいなんだ

だれかのげやりなものさしで
くるいない直径ちょっけいはかるんだ
この世界せかいさだめたい基準きじゅん
ないボクたちのズレた未来みらい

そしたら言葉ことば自由じゆう使つかえなくなったっけ
のどからられない 「さびしい」

まぬ後悔こうかいとリコーダー
かばんおく通信簿つうしんぼ
屋上おくじょうみつぶした三限目さんげんめ

素直すなおになれないこころてられぬまま
えなかった言葉ことば
きみとふたりある未来みらい

きずつけった くるしめった
かぞえきれないほどにやんだ
ひとりになった きみ出会であった
大人おとなになっていた

やりなおしなんてない もうもどれもしない
桜色さくらいろ あたらしい景色けしきめる

ボロボロになったペンと教科書きょうかしょ
予鈴逃よれいのがした自転車じてんしゃ
素直すなおになればそばにいられた?

さよなら ボクらの
ボクらだけの1ページ
これからの御話おはなし
このとびらひらいたこう

はいけい、さくらまいちるこのひに/まふまふ

▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:拝啓、桜舞い散るこの日に 歌手:まふまふ

リンクコード:

ブログ用リンク:

まふまふの特集