1. 工場跡の空地歌詞

「工場跡の空地」の歌詞 吉岡秀隆

1994/5/20 リリース
作詞
吉岡秀隆
作曲
吉岡秀隆
文字サイズ
よみがな
hidden
工場こうじょうあと空地あきち 俺達おれたちバイクならべては
くりかえ仕事しごとわらばなし日々ひび
あのころ俺達おれたち十六じゅうろくあせにまみれて
たたきつけるようにどこまでもはしってた
oh だからいまむねがきしむ かなわぬゆめえがぎて
あこがれがなぜかからまわりする星空ほしぞら

みんなわかってたさ だれかがつぶやいたセリフ
バイクをりたあのはじめてネクタイしめて
仲間なかまからとおはなれたおれいま
さびしさよそおってもだれちかづきやしない
oh だからビルの片隅かたすみげつけたこころ
きずつけた仲間なかまながれたときかさ

みんな元気げんきおれのようにさびしくないか
たまり空地あきちビルがったらしいけれど
中卒ちゅうそつのおまえいま一番いちばんかがやいてる
「くだらねぇ大人おとなにゃなりたくねぇ」おまえ口癖くちぐせ
oh やさしさとは自分じぶんらしくきることだとづいたいま
まえらにいたい あのころのおまえらに
oh おまえらにいたい バイクにって