1. 歌詞検索UtaTen
  2. 藍坊主
  3. 魚の骨歌詞

2019.7.10 リリース

「魚の骨」の歌詞 藍坊主

作詞
佐々木健太
作曲
佐々木健太
iTunesで購入
曲名
魚の骨
アルバム
燃えない化石
金額
¥250
友情 感動 恋愛 元気 結果 動画を見る
文字サイズ
ふりがな
ほんんでもむねなにもこない毎日まいにちかえすたびぼくは ゆっくりえてるのかも
新鮮しんせんうしなかわいた目玉めだまのようだ でもわるがしないのは きみがいるから

かれたまちある背骨せぼね寒気さむけかんじ ドラッグストアでさけよる徘徊はいかいする
異常いじょう日々ひびかな ダメな大人おとなでしょうか それでもきみぼくつづける

よるおよいで さかなつかまえる えた空気くうき一緒いっしょ

のどさったさかなほね それもづけばぼく日常にちじょう おおきかった違和感いわかんもいつしか ちいさないしころ
わる
おさなかったきみづけば ぼくより大人おとなになってしまった それなのに子供こどものまま

ささやかなしあわみしめるように きみはし姿すがたながぼくかんコーヒーを
銀杏いちょう綺麗きれいほんあたまはいらない でもなんでこんなに あたたかくなるのだろう

神様かみさまてるよ てなくてもってるよ きみぼくがどれだけ 頑張がんばってきたかってことを
神様かみさまがいなくても 見捨みすてられてたとしても 西日にしびのスーパーのわきぼくしずかにれてく

よるおよいで さかなつかまえる えた空気くうき一緒いっしょ

のどさったさかなほね こおりのようにけてえる しろくなって蒸発じょうはつした それはぼくらがきてる
あかし
おさなかったきみづけば ぼくより年寄としよりになってしまった おわかれはまだまだ、だよ

たくあんをかじる そして緑茶りょくちゃをすする きみはドッグフードを 明日あしたもかじっていてほしい

よるおよいで サカナをつかまえる つかまえにゆこう つかまえにゆこう

さかなのほね/あおぼうず

▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:魚の骨 歌手:藍坊主

リンクコード:

ブログ用リンク: