1. 歌詞検索UtaTen
  2. 眩暈SIREN
  3. 零歌詞

2018.11.21 リリース

「零」の歌詞 眩暈SIREN

iTunesで購入
曲名
アルバム
囚人のジレンマ - EP
金額
¥255
友情 感動 恋愛 元気 結果 動画を見る
文字サイズ
ふりがな
部屋へやなかには
れたびん破片はへんらばって
さわこともできずながめている

しずかな息遣いきづかいで
無気力むきりょくさだけを
理由りゆうにしてばかりの
現実げんじつ逃避とうひ

不幸ふこうになるさまって
かたどいモノに共感きょうかん
認証にんしょうたすためだけの道具どうぐ
もっと、とさがしている
きる目的もくてきなんだろうが
迷走めいそうすること意味いみになるなら
ただしさをかたこえ 雑音ざつおん

必要ひつようないことはしなくていいでしょ
必要ひつようないことなんてないでしょ
ゆずれなかったたがいのあいだ
んだ言葉ことばぶん はなれて

わずらわしい関係かんけいすべって
ぜろまれわっただとか
おもがっているだけだ
手元てもとにはなにのこっていない
最初さいしょからただているだけだった
傍観者ぼうかんしゃわな

かけはなぎれば
ただそばにいるだけでくるしい
まわりをとおざけるよりも
自分じぶんほうがずっとらく

そのはなかた そのわらかた
むねなかくろつぶしていく
うつなにもかもが
不快ふかい仕方しかたない

わずらわしい関係かんけいすべって
ぜろ綺麗きれいになっただとか
勘違かんちがいしてるだけだ
いずれわってしまうなら
はなからはじめなければかったと
おもってしまう
傍観者ぼうかんしゃでいれば

必要ひつようないものはなくていでしょ
必要ひつようないものなんていない
言葉ことばかえたびがれる余裕よゆう
おもいをかくすだけ精一杯せいいっぱい

おもいをかくすだけで
それだけで
現状いまたもっていられる

いつからもどれないとこまで
おもいをいてしまったんだ
きらためれたはずでは
かったのに

こんなはずではを
何度なんどしてのぞみをはかっても
もうおそ
うでそらるばかり

わずらわしい関係かんけいすべって
ぜろまれわっただとか
おもがっているだけだ
手元てもとにはなにのこっていない
最初さいしょからただているだけだった
どこまでっても結局けっきょく
きずきずのまま のこされる
傍観者ぼうかんしゃわな

ぜろ/めまいさいれん

▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:零 歌手:眩暈SIREN

リンクコード:

ブログ用リンク:

眩暈SIREN 人気歌詞ランキング

眩暈SIRENの歌詞一覧を見る

眩暈SIRENの特集

眩暈SIRENのニュース