1. 歌詞検索UtaTen
  2. DAOKO
  3. 打上花火 (DAOKO SOLO ver.)歌詞
よみ:うちあげはなび (DAOKO SOLO ver.)

「打上花火 (DAOKO SOLO ver.)」の歌詞

DAOKO
2018.12.12 リリース
作詞
米津玄師
作曲
米津玄師
  • 試聴
  • お気に入り登録
友情 感動 恋愛 元気 結果
文字サイズ
ふりがな
ダークモード
あの見渡みわたしたなぎさいまおもすんだ
すなうえきざんだ言葉ことば きみうし姿すがた

かえなみ足元あしもとをよぎりなにかをさら
夕凪ゆうなぎなか 日暮ひぐれだけがとおぎて

パッとひかっていた 花火はなびていた
きっとまだ わらないなつ
曖昧あいまいこころかしてつないだ
このよるつづいてしかった

「あと何度なんどきみおな花火はなびられるかな」って
わらかおなにができるだろうか
きずつくこと よろこぶこと かえなみ情動じょうどう
焦燥しょうそう 最終さいしゅう列車れっしゃおと

何度なんどでも 言葉ことばにしてきみぶよ
波間なみまえらび もう一度いちど
もう二度にどかなしまずにむように

はっといきめば えちゃいそうなひかり
きっとまだ むねんでいた
ばせばれた あったかい未来みらい
ひそかに二人ふたりていた

パッと花火はなび
よるいた
よるいて
しずかにえた
はなさないで
もうすこしだけ
もうすこしだけ
このままで

あの見渡みわたしたなぎさいまおもすんだ
すなうえきざんだ言葉ことば きみうし姿すがた

パッとひかっていた 花火はなびていた
きっとまだ わらないなつ
曖昧あいまいこころかしてつないだ
このよるつづいてしかった

打上花火 (DAOKO SOLO ver.)/DAOKOへのレビュー

この音楽・歌詞へのレビューを書いてみませんか?

この音楽・歌詞へのレビューを投稿

ニックネーム
性別
年代
  • ※ニックネーム・性別・年代は初回のみ入力できます。
  • ※レビューは全角30文字以上、500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの音楽・歌詞につき1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約
▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:打上花火 (DAOKO SOLO ver.) 歌手:DAOKO