1. 歌詞検索UtaTen
  2. 鳥羽一郎
  3. 石ころの唄歌詞
よみ:いしころのうた

「石ころの唄」の歌詞

鳥羽一郎
2009.1.1 リリース
作詞
万城たかし
作曲
宮下健治
  • お気に入り登録
友情 感動 恋愛 元気 結果
文字サイズ
ふりがな
ダークモード
ころがるいし蹴飛けとばした
とおむかしんでった
さけでおふくろ かしてた
にく親父おやじが そこにいる
いしころ ころころいてみる いてみる
ときながれに まるくなる

まんまるいし硝子がらす
うしろかずに した
がんこ親父おやじの げんこつは
いしかたさに よくてる
いしころ ころころっている っている
おれむし だったこと

月夜つきよいしに つまづいた
なぜかこいしく けてくる
ちち背中せなかは でっかくて
おれはやっぱり えられぬ
いしころ ころころってみる ってみる
とお親父おやじおとがする

石ころの唄/鳥羽一郎へのレビュー

この音楽・歌詞へのレビューを書いてみませんか?

この音楽・歌詞へのレビューを投稿

ニックネーム
性別
年代
  • ※ニックネーム・性別・年代は初回のみ入力できます。
  • ※レビューは全角30文字以上、500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの音楽・歌詞につき1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約
▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:石ころの唄 歌手:鳥羽一郎