鳴門海峡 歌詞 伍代夏子 ふりがな付

  1. 歌詞検索UtaTen
  2. 伍代夏子
  3. 鳴門海峡歌詞
よみ:なるとかいきょう

鳴門海峡 歌詞

伍代夏子

1996.4.21 リリース
作詞
吉岡治
作曲
水森英夫
友情 感動 恋愛 元気 結果
文字サイズ
ふりがな
ダークモード
かみみだれる
裳裾もすそれる
かぜかもめ
ちぎれ
つらすぎる つらすぎる
こいだから
ゆめなかでも
汽笛きてき
鳴門海峡なるとかいきょう
ふねがゆく

てと いわれりゃ
ぬまでてる
おもいとどかぬ
片情かたなさ
このいのち このいのち
あずけてた
ゆめのほつれを
たぐっても
鳴門海峡なるとかいきょう
なみ

しお渦巻うずま
こころせる
ほほなみだ
ひと
くれないくれない
寒椿かんつばき
ゆめなかでも
りいそぐ
鳴門海峡なるとかいきょう
うみ

鳴門海峡 / 伍代夏子 の歌詞へのレビュー

男性

馬骨

2022/07/06 04:44

鳴門海峡という題名からして波乱の予感がする荒れる海峡を行く船も何時も難儀する、恋も辛い恋ならこの海峡の手練を受けなければならない・・命を預けた恋なのに夢のほつれが戻らない、寒椿が散り急ぐように私も散ってゆくのかしら鳴門の海鳴りが耳に痛い・・

みんなのレビューをもっとみる

この音楽・歌詞へのレビューを投稿

ニックネーム
性別
年代
  • ※ニックネーム・性別・年代は初回のみ入力できます。
  • ※レビューは全角30文字以上、500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの音楽・歌詞につき1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約
▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:鳴門海峡 歌手:伍代夏子