1. 歌詞検索UtaTen
  2. 高田梢枝
  3. 秘密基地歌詞
よみ:ひみつきち

「秘密基地」の歌詞 交響詩篇エウレカセブン ED

高田梢枝
2005.5.11 リリース
作詞
高田梢枝
作曲
高田梢枝
  • 試聴
  • お気に入り登録
友情 感動 恋愛 元気 結果
文字サイズ
ふりがな
ダークモード
あのころちいさなぼく
見上みあげるそらはほんとうにひろかった
きなひとをこの
まもれるとおもっていた本気ほんき
どうしてびないそれがくやしかった
わがままを まだかわいいと
勘違かんちがいしていたんだ ずっと
あきらめることなんておもかばなかった
ただまえいてた
でも… できないことばかりで
はや自由じゆうになりたくて
いくらばしたって
とどくはずのない おおきなおおきなそら
でもぼくなんにうたがうこともなく
キレイな未来みらいしんじてた
くやしいことがあるとこらえれなかった
おおきなおおきななみだ
でもあのときぼく
なによりかがやいてたとおも

あれから随分ずいぶん びて
なかのことすこしわかって
一生懸命いっしょうけんめいがカッコわるくて
めたフリしてあるいていたよ
でも…中途半端ちゅうとはんぱぼくには
なにひとつできなかった
いつからかぼくは きらめく明日あした
しんじてたことさえわすれて
自分じぶんまもるために
たくさんの大切たいせつなものをきずつけてた
はるとお真上まうえそらこうに
なにがあるかりたくて
大人おとなになったらかならくんだよ」って
約束やくそくしたんだ
いくらばしたってとどくはずのない
おおきなおおきなそら
でもぼくなんにうたがうこともなく
キレイな未来みらいしんじてた
くやしいことがあるとこらえれなかった
おおきなおおきななみだ
でもあのときのぼくなによりかがやいてたとおも
あのころちいさなぼく見上みあげる
そらはほんとうにひろかった
きなひとをこのまもれるとおもっていた
本気ほんき

秘密基地/高田梢枝へのレビュー

この音楽・歌詞へのレビューを書いてみませんか?

この音楽・歌詞へのレビューを投稿

ニックネーム
性別
年代
  • ※ニックネーム・性別・年代は初回のみ入力できます。
  • ※レビューは全角30文字以上、500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの音楽・歌詞につき1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約
▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:秘密基地 歌手:高田梢枝