1. 歌詞検索UtaTen
  2. BUMP OF CHICKEN
  3. 車輪の唄歌詞
よみ:しゃりんのうた

「車輪の唄」の歌詞

BUMP OF CHICKEN
2004.8.25 リリース
作詞
藤原基央
作曲
藤原基央
  • 試聴
  • お気に入り登録
友情 感動 恋愛 元気 結果
文字サイズ
ふりがな
ダークモード
いた車輪しゃりん 悲鳴ひめい
僕等ぼくらからだはこんでいく がたえきへと

ペダルをぼく背中せなか
りかかるきみからつたわるもの たしかなぬくもり

線路沿せんろぞいののぼざか
「もうちょっと、あとすこし」うしろからたのしそうなこえ

まちはとてもしずぎて
世界中せかいじゅう二人ふたりだけみたいだね」とちいさくこぼした

同時どうじ言葉ことばくした さかのぼりきったとき
むかえてくれた朝焼あさやけが あまりに綺麗過きれいすぎて

わらっただろう あのとき ぼくうしがわ
かえこと出来できなかった ぼくいてたから

券売機けんばいき一番端いちばんはじ
一番高いちばんたか切符きっぷまちぼくはよくらない

そのなかでも一番安いちばんやす
入場券にゅうじょうけんを すぐに使つかうのに 大事だいじにしまった

おとといった おおきなかばん
改札かいさつけてとおれずに きみぼく

わせないで うなずいて
かたくなにかる かばんひもぼくはずした

ひびくベルが最後さいごげる きみだけのドアが
何万歩なんまんぽより距離きょりのある一歩いっぽ してきみ

約束やくそくだよ かならず いつのかまたおう」
こたえられず うつむいたまま ぼくったよ

間違まちがいじゃない あのとき きみは…

線路沿せんろぞいのくだざか
かぜよりもはやばしていく きみいつけと
いた車輪しゃりん 悲鳴ひめい
精一杯電車せいいっぱいでんしゃならぶけれど ゆっくりはなされてく

いてただろう あのとき ドアのこうがわ
顔見かおみなくてもわかってたよ こえふるえてたから

約束やくそくだよ かならず いつのかまたおう
はなれていく きみえるように おおきくったよ

まちにぎわいだしたけれど
世界中せかいじゅう一人ひとりだけみたいだなぁ とちいさくこぼした

いた車輪しゃりん 悲鳴ひめい
のこされた ぼくはこんでいく
かすかなぬくもり

車輪の唄/BUMP OF CHICKENへのレビュー

男性

ハルティー

2020/01/15 21:01

BUMP OF CHICKENの中で1番好きな曲と言っても過言ではありません。最初は「町はとても静かすぎて世界中に2人きりみたい」なのに「君」と別れてから「町は賑わい出したけれど世界中に1人だけみたいだ」というところや1番最初は坂をのぼったが最後は坂をくだるなと歌詞の中にこれ程素晴らしい情景を描いている歌はないと思います。俺が車輪の唄。これがBUMP OF CHICKENの素晴らしさだと思える唄です。

みんなのレビューをもっとみる

この音楽・歌詞へのレビューを投稿

ニックネーム
性別
年代
  • ※ニックネーム・性別・年代は初回のみ入力できます。
  • ※レビューは全角30文字以上、500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの音楽・歌詞につき1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約
▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:車輪の唄 歌手:BUMP OF CHICKEN