1. 歌詞検索UtaTen
  2. 藍坊主
  3. 青葉台の夜歌詞
よみ:あおばだいのよる

「青葉台の夜」の歌詞

藍坊主
2004.5.12 リリース
作詞
佐々木健太
作曲
佐々木健太
  • 試聴
  • お気に入り登録
友情 感動 恋愛 元気 結果
文字サイズ
ふりがな
ダークモード
かかとがつぶれたくつで ダラダラと散歩さんぽする
びんぼうぐさつぶんじまえ、とつぶやく

たたみにつめをてて こえころしていたよる
わっちゃいねぇだろまだ はじまってもないぜ

青春せいしゅん残骸ざんがいぼくびかける

「かきならせおれからだ ぶつけろその感情かんじょう
しみったれたこえを そこらじゅうにらせ」

ぼくのギターはそうって ぼくこころなぐった
なつよる 湿しめったかぜ

不満ふまんっちゃきりがない かねなし貧乏生活びんぼうせいかつ
いおかねをはたいて 新品しんぴんげん

青春せいしゅん残骸ざんがい宝物たからものになる

かきならすやつからだ ぶつけるこの感情かんじょう
蜘蛛くもいとくらいの 希望きぼうひかりえた

ぼくはギターをかきならす くせないほどの
おもいがよるにこびりつく

いつのまにかあきふゆしのるそのころ
ぼくのオンボロギターは おとうしなっていた

ぼくはギターをかきならす くせないほどの
おもいは寒空さむぞらに・・・

ぼくはギターをかきならす くせないほどの
おもいは寒空さむぞらえた

青葉台の夜/藍坊主へのレビュー

この音楽・歌詞へのレビューを書いてみませんか?

この音楽・歌詞へのレビューを投稿

ニックネーム
性別
年代
  • ※ニックネーム・性別・年代は初回のみ入力できます。
  • ※レビューは全角30文字以上、500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの音楽・歌詞につき1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約
▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:青葉台の夜 歌手:藍坊主