1. 歌詞検索UtaTen
  2. amazarashi
  3. 夜の歌歌詞
よみ:よるのうた

「夜の歌」の歌詞

amazarashi
2011.11.16 リリース
作詞
秋田ひろむ
作曲
秋田ひろむ
  • 試聴
  • お気に入り登録
友情 感動 恋愛 元気 結果
文字サイズ
ふりがな
ダークモード
あめはじめて ぼくはふとあゆみをゆるめた 雨雲あまぐもにじ月明つきあかり あれがぼく目指めざひかり
えないものだから 見失みうしなってもたりまえ 今日きょうぼくぼくこころたしかめてある夜明よあまえ
この一生いっしょう意味いみがあって なにたくされてるとしたら それはきっと つまらないよな ぼく意味いみなんかなくても いいよ

よるなかいきひそめて ぼくらはあさっていやしない
些細ささいきずきみたたか明日あしたはきっと わらえるように

希望きぼう唯一ただひとつで あきらめるわけてるほど ぬかるんだみちつくくし こうかもどろうかなやんで
結局歩けっきょくあるつづけて そのこうでひかりして その時僕ときぼくらはおもうだろう 「いままできていてかった」
その一瞬いっしゅんためだったんだ いままでげたガラクタ おおくの時間じかん おおくの挫折ざせつ かぞえきれないほどなみだ

よるなかいきひそめて ぼくらはあさっていやしない
この失望しつぼうぼくあらが明日あしたもきっと あるけるように

雨粒あまつぶちて アスファルトではじける かなわないねがいならいっそあらながすか
まってはなやんで 不安ふあんしてはあるいて そんなかえしで僕等ぼくら旅路たびじつづ
そのばしていてよ そのむねこごえていても
不安ふあんあめなか今夜こんや雨宿あまやどりしてさ

よるなかいきめてた それでもあさは やってるから
この寂寥せきりょうぼくらはきる ただ一瞬いっしゅんかがやきのために

あめんで ぼくはやっとあるはじめた 青空あおぞらにうすくひるのつき あれがぼく目指めざひかり

夜の歌/amazarashiへのレビュー

この音楽・歌詞へのレビューを書いてみませんか?

この音楽・歌詞へのレビューを投稿

ニックネーム
性別
年代
  • ※ニックネーム・性別・年代は初回のみ入力できます。
  • ※レビューは全角30文字以上、500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの音楽・歌詞につき1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約
▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:夜の歌 歌手:amazarashi