1. 歌詞検索UtaTen
  2. 遊佐未森
  3. 暮れてゆく空は歌詞
よみ:くれてゆくそらは

「暮れてゆく空は」の歌詞

遊佐未森
1992.11.1 リリース
作詞
工藤順子
作曲
外間隆史
  • 試聴
  • お気に入り登録
友情 感動 恋愛 元気 結果
文字サイズ
ふりがな
ダークモード
いしげたくなって 川原かわらりたら
きみはしうえ自転車じてんしゃぎて
いかけたりしたら 夕暮ゆうぐれのそら
きみがそのまままれてゆきそう

そんながして こえ
そんながして こえ

れてゆくそら
もどらない季節きせつのようで
さびしいけれど
いつもきれい

はしこうにえる ちいさな鳥居とりい
かぜいて くされているあのあたり
子供こどもころきみが ひざをかかえているよ
わらいこらえじっとかくれてる

そんながして ぼくわらった
そんながして ぼくわらった

ながれてくかわ
かないこころのようで
さびしいけれど
いつもきれい

れてゆくそら
手離てばなした言葉ことばのようで
さびしいけれど
いつもきれい
とてもきれい

暮れてゆく空は/遊佐未森へのレビュー

この音楽・歌詞へのレビューを書いてみませんか?

この音楽・歌詞へのレビューを投稿

ニックネーム
性別
年代
  • ※ニックネーム・性別・年代は初回のみ入力できます。
  • ※レビューは全角30文字以上、500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの音楽・歌詞につき1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約
▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:暮れてゆく空は 歌手:遊佐未森