遊佐未森の歌詞一覧

  1. 歌詞検索UtaTen
  2. 遊佐未森
  3. 遊佐未森の歌詞一覧

よみ:うさみもり
遊佐未森の歌詞一覧

公開日:2014年12月4日 更新日:2024年6月19日

182 曲中 1-50 曲を表示
楽曲・タイトル アーティスト 歌詞・歌い出し

空(横山光輝 三国志 ED)

遊佐未森

作詞: 工藤順子

作曲: 遊佐未森

歌詞:夏には草で 冬には雪で 青い窓辺を 静かにそっと包みたい あなたの息づく世界

銀座カンカン娘

遊佐未森

作詞: 佐伯孝夫

作曲: 服部良一

歌詞:あの娘可愛いや カンカン娘 赤いブラウス サンダルはいて 誰を待つやら

Pie Jesu

遊佐未森

歌詞:Pie Jesu. Pie Jesu. Pie

I'm here with you(川の光 ED)

遊佐未森

作詞: 遊佐未森

作曲: 遊佐未森

歌詞:I'm here with you 明日へ

月夜の浜辺

遊佐未森

作詞: 中原中也

作曲: 遊佐未森

歌詞:月夜の晩に、ボタンが一つ 波打際に、落ちてゐた。 それを拾つて、役立てようと 僕は思つたわけでもないが

青春サイクリング

遊佐未森

歌詞:みどりの風も さわやかに にぎるハンドル 心も軽く サイクリングサイクリング

タペストリー

遊佐未森

作詞: 遊佐未森

作曲: 小河星志

歌詞:遠く 森の上に浮かんだ 雲が動きながら 透きとおってゆく

憧れのハワイ航路

遊佐未森

歌詞:晴れた空 そよぐ風 港出船の ドラの音愉し 別れテープを

南の花嫁さん

遊佐未森

作詞: 藤浦洸

作曲: 任光

歌詞:合歓の並木を お馬の背に ゆらゆらゆらと 花なら赤い カンナの花か

青の行方

遊佐未森

作詞: 遊佐未森

作曲: 宮島純

歌詞:一筆の白い雲 胸に書き写した ままならないことさえ 素直に見れるようで

夏草の線路

遊佐未森

作詞: 工藤順子

作曲: 外間隆史

歌詞:夏草に埋もれた線路は 錆びた陽射しを集めて 立ち止まる踵を 知らない町に誘うよ 霧の朝いちばん最後の

雨あがりの観覧車

遊佐未森

作詞: 工藤順子

作曲: 外間隆史

歌詞:雨あがりの夏空 雲をひとつ残すよ 涙にさえなれない 気持ちひとつ残るよ

靴跡の花(アルスラーン戦記 ED)

遊佐未森

作詞: 工藤順子

作曲: 遊佐未森

歌詞:高い星の輝きが欲しくて 君は一人歩き出す 砂にまみれ 揺れる花の色も 遠い眼には映らない

月がとっても青いから

遊佐未森

作詞: 清水みのる

作曲: 陸奥明

歌詞:月がとっても 青いから 遠廻りして 帰ろう あの鈴懸の

暮れてゆく空は

遊佐未森

作詞: 工藤順子

作曲: 外間隆史

歌詞:石を投げたくなって 川原に下りたら 君が橋の上を 自転車で過ぎて行く 追いかけたりしたら

Tell me why

遊佐未森

作詞: 遊佐未森

作曲: 外間隆史

歌詞:離れてた 二人の道 思い出が じゃまをしてた 見えなかった

ふたりの記憶Man & Iron

遊佐未森

作詞: 工藤順子

作曲: 外間隆史

歌詞:広い空を駈けめぐる 飛行機乗りの若者がいた 下に続く草原を 彼は眺めて思い出したよ

小鳥

遊佐未森

作詞: 工藤順子

作曲: 外間隆史

歌詞:傷が治ったら 飛び立ちなさいと 鳥カゴの鍵をそっと あなたは開いた ずっとこの部屋で

恋かしら

遊佐未森

作詞: 工藤順子

作曲: 外間隆史

歌詞:夏も秋も春も 友だちのままで またひとつ 年をとるの 昼に夜に朝に

カラフル!

遊佐未森

作詞: 遊佐未森

作曲: 鴨宮諒

歌詞:オレンジ 太陽 青いつばさ 校舎の窓から 君が見える

poetry days

遊佐未森

作詞: 遊佐未森

作曲: 遊佐未森

歌詞:ひとり言 小さく つぶやいていたら 風だけが こたえてれくれた

ハープ

遊佐未森

作詞: 工藤順子

作曲: 遊佐未森

歌詞:星屑の広場に 金色のハープを置いた そっと磨いて あなたを待った

花一杯君を待つ

遊佐未森

作詞: 工藤順子

作曲: 成田忍

歌詞:切りたての 前髪に すべりこむ 言葉が 右耳で

一粒の予感

遊佐未森

作詞: 工藤順子

作曲: 遊佐未森

歌詞:きらめく風に乗って舞い上がる 生まれたばかりの種 弾けて 細い影 指先をかすめて

フリージア(無邪気)

遊佐未森

作詞: 遊佐未森

作曲: 遊佐未森

歌詞:夢の淵でうとうとしていたら 窓辺の花が"おはよう"という とても好きなこの清らな香り 部屋いっぱいにかきまぜよう

ポインセチア(祝福)

遊佐未森

作詞: 遊佐未森

作曲: 遊佐未森

歌詞:桜並木君と歩いた そんなことを思いだしてる 浜辺で肩を寄せあったり 落葉の道で泣いたことも

雪溶けの前に

遊佐未森

作詞: 工藤順子

作曲: 中原信雄

歌詞:いつか雪が降り始めて 紛れそうな言葉 いつも君は笑いながら どんなことも許すから

ユングフラウ Schwarze Katze version

遊佐未森

作詞: 遊佐未森

作曲: 遊佐未森

歌詞:鉢植えの つぼみのそばで クロネコが ノビしてる ありふれた

ココア

遊佐未森

作詞: 遊佐未森

作曲: 遊佐未森

歌詞:北風の海は 人影もなくて マフラーを結びなおしたり どこまでも続く 雲を見ていると

0の丘∞の空

遊佐未森

作詞: 工藤順子

作曲: 外間隆史

歌詞:二人を追い越して 雲が行くよ 時間の軸の上 走り続ける

夢みる季節 タルトタタン

遊佐未森

作詞: 遊佐未森

作曲: 遊佐未森

歌詞:赤いさざんかの花びらが染まる季節 たきびを歌った幼い日 胸に灯る 琥珀の古いブローチ

エコー

遊佐未森

作詞: 遊佐未森

作曲: 遊佐未森

歌詞:ふれあう木の葉の音 鳥の声が横切る 孤独の切り株に 舞い降りた自由

see you in spring

遊佐未森

作詞: 遊佐未森

作曲: 遊佐未森

歌詞:カシミアの朝は 陽だまりを連れて 変わってゆく季節が舞い戻る こんな日は植えよう 秋蒔きの球根

まばたき

遊佐未森

作詞: 遊佐未森

作曲: 遊佐未森

歌詞:そのほほえみ その口癖 手のぬくもり 少し長いまばたき

ベルベット

遊佐未森

作詞: 遊佐未森

作曲: 遊佐未森

歌詞:Crossing time once again Crossing

いつでも夢を

遊佐未森

作詞: 佐伯孝夫

作曲: 吉田正

歌詞:星よりひそかに 雨よりやさしく あの娘はいつも 歌ってる 声がきこえる

ミナヅキ

遊佐未森

作詞: 遊佐未森

作曲: 遊佐未森

歌詞:雨上がり染まる なだらかな道 紫陽花の花が つづいてゆく

Will

遊佐未森

作詞: 工藤順子

作曲: 遊佐未森

歌詞:あなたを映してる 透明な硝子は 小さな出来事で 割れそうに震える 静かに枯れてゆく花や

きみのなかに

遊佐未森

作詞: 井上妙

作曲: 外間隆史

歌詞:淡い光を越えて 時間を滑り出してく すみれ畑のむこう ひろがる街が見える

遊佐未森

歌詞:桜の花びらを 両手で受けながら 二人で薄紅の 少女にかえりたい めくるめく

シリウス

遊佐未森

作詞: 遊佐未森 ..

作曲: 中原信雄

歌詞:どこからか懐かしい君の声 聞こえた気がしたの くちびるをくすぐる甘い風に あの日のぬくもりを

ステイション

遊佐未森

作詞: 杉林恭雄

作曲: Q

歌詞:最後のベルが 僕を汽車に運べば あなたはたたずみ 離れる霧の彼方へ

土の話

遊佐未森

作詞: 外間隆史

作曲: 外間隆史

歌詞:ときどき um 聴こえることがある 土の声 なんだか

花ざんげ

遊佐未森

作詞: 太田裕美

作曲: 太田裕美

歌詞:春の宵 春に酔い 星を数えて そぞろ歩けば

街角

遊佐未森

作詞: 工藤順子

作曲: 遊佐未森

歌詞:街角に彼の靴が響けば 暗闇は逃げだすよ 夕空に彼が指を鳴らせば ガス灯が目を覚ます

山行きバス(道草ノススメ)

遊佐未森

作詞: 工藤順子

作曲: 外間隆史

歌詞:晴れた空の下を バスは山へと向かって走るよ 窓を開けて僕は 木々の匂いの光を浴びるよ

クロ

遊佐未森

作詞: 遊佐未森

作曲: 遊佐未森

歌詞:大きな木の下で はじめてクロに会った 少し近づいたら しゃべるように鳴いた

花林糖

遊佐未森

作詞: 遊佐未森

作曲: 遊佐未森

歌詞:残暑のとぎれた 明るい夜 一口 囓る音が

Daisy / Daisy

遊佐未森

作詞: 遊佐未森

作曲: 遊佐未森

歌詞:海沿いの街に 住む あなたに会いに 日曜の朝は よく

blue heaven

遊佐未森

作詞: 遊佐未森

作曲: 遊佐未森

歌詞:風が吹くたびに 天使の羽根が 海に舞い降り キラキラしてる 誰もいないビーチ

遊佐 未森(ゆさ みもり、1964年2月20日 - )は、日本の女性シンガーソングライター、作曲家、作詞家。宮城県仙台市出身。 wikipedia