1. 歌詞検索UtaTen
  2. 桂銀淑
  3. 葉桜歌詞
よみ:はざくら

「葉桜」の歌詞

桂銀淑
1996.10.25 リリース
作詞
岡恵美子
作曲
岡本朗
  • 試聴
  • お気に入り登録
友情 感動 恋愛 元気 結果
文字サイズ
ふりがな
今年ことし見事みごといてった さくら並木道なみきみち
まどからながめ あなたへの
この手紙てがみながくなりそう

おとこあいするとしになっても あなたにたよって
おかしいくらい 子供こどもにもどって
きたくなってます

どうすれば おとこひと気持きもちがわかるの

きになったらさえきれずに
わがままばかりのぞきます
わかれるかもれない不安ふあん
あなたのあいかせて
かあさん
ha- あのひといま この部屋へやていくわ

さくらいてたころにはまだ
あのひとかえ
をふってわらってくれた
いま背中せなかています

なぜなぜ おもどおりにかないことばかり

きになったらうたがぶか
素直すなおみみけません
ゆるせないのにわかれられない
あなたのあいおしえて
かあさん
ha- あのひとはもう 葉桜はざくらかくれたわ

こいおぼれて見失みうしなってる
自分じぶんみちあるけません
んですべてをわすれたいけど
あなたのあい一緒いっしょ
んでしまう
ha- あのひとはもう ha- えないわ

葉桜/桂銀淑へのレビュー

この音楽・歌詞へのレビューを書いてみませんか?

この音楽・歌詞へのレビューを投稿

ニックネーム
性別
年代
  • ※ニックネーム・性別・年代は初回のみ入力できます。
  • ※レビューは全角30文字以上、500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの音楽・歌詞につき1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約
▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:葉桜 歌手:桂銀淑