1. 歌詞検索UtaTen
  2. ハンバートハンバート
  3. 渡良瀬橋歌詞
よみ:わたらせばし

「渡良瀬橋」の歌詞

ハンバートハンバート
2018.7.25 リリース
作詞
森高千里
作曲
斉藤英夫
  • 試聴
  • お気に入り登録
友情 感動 恋愛 元気 結果
文字サイズ
ふりがな
ダークモード
渡良瀬わたらせばし夕日ゆうひ
あなたはとてもきだったわ
きれいなとこでそだったね
ここにみたいとった

電車でんしゃにゆられこのまちまで
あなたはいにてくれたわ
わたしいまもあのころ
わすれられずきてます

いまでも 八雲神社やくもじんじゃへおまいりすると
あなたのこといのるわ
ねがごとひとかなうなら
あのころもどりたい

床屋とこやかどにポツンとある
公衆こうしゅう電話でんわおぼえてますか
きのうおもわずかけたくて
なんども受話器じゅわきとったの

このあいだ 渡良瀬川わたらせがわ河原かわらりて
ずっとながてたわ
北風きたかぜがとてもつめたくて
風邪かぜをひいちゃいました

だれのせいでもない あなたがこのまち
らせないことわかってたの
なんどもなやんだわ だけどわたしここを
はなれてらすこと出来できない

あなたがきだとったこの街並まちなみが
今日きょうれてゆきます
ひろそらとおくの山々やまやま 二人ふたりあるいたまち
夕日ゆうひがきれいなまち

渡良瀬橋/ハンバートハンバートへのレビュー

この音楽・歌詞へのレビューを書いてみませんか?

この音楽・歌詞へのレビューを投稿

ニックネーム
性別
年代
  • ※ニックネーム・性別・年代は初回のみ入力できます。
  • ※レビューは全角30文字以上、500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの音楽・歌詞につき1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約
▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:渡良瀬橋 歌手:ハンバートハンバート