金木犀 歌詞 なとり ふりがな付

  1. 歌詞検索UtaTen
  2. なとり
  3. 金木犀歌詞
よみ:きんもくせい

金木犀 歌詞

金木犀 歌詞

なとり

2021.5.21 リリース
作詞
なとり
作曲
なとり
  • お気に入り登録
友情 感動 恋愛 元気 結果
文字サイズ
ふりがな
ダークモード
まどそとくらんでしまうようなまちかり
とおこえるサイレンときみうたひびいていた
チープなつくりのアンサー
いきくるしくて、がしそうだ
ねぇ、きみがここにいたなら きっと
なにもないんだとわらってしまうだろう

真夜中まよなかおどろう、午前ごぜん2
あなたの言葉ことばこころらいで
やすっぽいわけいまだけは
だまされたままでいるから
透明とうめいまちあるいていくんだ、ぼくらは
おとほうへ、ただけるほう
かなしみがよるつつんでしまっても
なくいたみはっている

まどそとにじんでいくそら金木犀きんもくせいにお
とおこえるサイレンときみうたまった
耳鳴みみなりがまなくて
あまりにももろくて、こわれそうだ
ねぇ、ぼくがそばにいたって きっと
なにひとつわりはしないことも

真夜中まよなかおどろう、午前ごぜん2
あなたの言葉ことば水面みなもらいで
この部屋へやのこった、そのかおりは
まるで金木犀きんもくせいのように
透明とうめいまちあるいていくんだ、ぼくらは
おとほうへ、ただえるほう
さびしさがよるけていってしまっても
なくいたみはっている

彷徨さまよって、さあまよって
幾度いくどとなくそのひかりにあこがれて
でも、もうかなくちゃな
きずってまでもかなくちゃな
こえこえるほう

真夜中まよなかおどろう、午前ごぜん2
わらないよるとあなたのかげ
さがして、彷徨さまよってこわれても
かまわないとえるほどに
ねぇ金木犀きんもくせいひとつになって、もうさようなら
あなたの言葉ことばでこのよるほどいて
やすっぽいわけにこのままずっと
だまされてもいいから
透明とうめいまちあるいていくんだ、ぼくらは
おとほうへ、そのさきほうまで
かなしみがよるつづいていってしまっても
なくいたみはっている

金木犀 / なとり の歌詞へのレビュー

この音楽・歌詞へのレビューを書いてみませんか?

この音楽・歌詞へのレビューを投稿

ニックネーム
性別
年代
  • ※ニックネーム・性別・年代は初回のみ入力できます。
  • ※レビューは全角30文字以上、500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの音楽・歌詞につき1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約
▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:金木犀 歌手:なとり