1. 歌詞検索UtaTen
  2. 八代亜紀
  3. 冬の恋歌歌詞
よみ:ふゆのこいうた

「冬の恋歌」の歌詞

八代亜紀
1995.10.21 リリース
作詞
阿久悠
作曲
浜圭介
  • 試聴
  • お気に入り登録
友情 感動 恋愛 元気 結果
文字サイズ
ふりがな
ダークモード
ヘッドライトが大橋おおはしわたる
あとは暗闇くらやみ しんやみ
かぜ西にしからきたへとわる
やがて季節きせつふゆになる
わたし 今日きょうから あゝああひとりでねむ
からだ からだ からだ ばかりをあつくする

まどたたけば かぜでもきる
かぜってて そと
手紙てがみみたいな 枯葉かれはって
なみだみたいなあめ
わたしあれから あゝああ ひとりできて
こころ こころ こころ なおさらつのらせる

時雨しぐれぎたら ちいさなほし
そらのかなたでまたたいて
やがてえそうなはかないろ
こい行方ゆくえうらなって
わたし それでも あゝああひとりでおも
つらい つらい つらい 恋歌こいうたくりかえ

冬の恋歌/八代亜紀へのレビュー

この音楽・歌詞へのレビューを書いてみませんか?

この音楽・歌詞へのレビューを投稿

ニックネーム
性別
年代
  • ※ニックネーム・性別・年代は初回のみ入力できます。
  • ※レビューは全角30文字以上、500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの音楽・歌詞につき1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約
▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:冬の恋歌 歌手:八代亜紀