1. 歌詞検索UtaTen
  2. 八代亜紀
  3. 八代亜紀の歌詞一覧

八代亜紀の歌詞一覧

公開日:2014年12月4日 更新日:2020年4月10日

212 曲中 1-50 曲を表示
楽曲・タイトル アーティスト 歌詞・歌い出し

ワタシウタ(読売テレビ・日本テレビ系「情報ライブミヤネ屋」 エンディングテーマ)

八代亜紀

作詞:カタヤマケイジ

作曲:カタヤマケイジ

歌詞:雨の慕情にうたれたら いつもおんなは愛ひとすじ ああ もう一度逢いたい 逢いたいよ

なみだ恋

八代亜紀

作詞:悠木圭子

作曲:鈴木淳

歌詞:夜の新宿 裏通り 肩を寄せあう 通り雨 誰を恨んで

下町夢しぐれ

八代亜紀

作詞:石本美由起

作曲:岡千秋

歌詞:「いつも世間の色恋沙汰には 弱い女が泣きをみます……」 人の世界と 隅田の水は

舟唄

八代亜紀

作詞:阿久悠

作曲:浜圭介

歌詞:お酒はぬるめの 燗がいい 肴はあぶった イカでいい 女は無口な

女の予感

八代亜紀

作詞:岡田冨美子

作曲:徳久広司

歌詞:この世に生まれた不思議 あなたを愛した奇跡 傷ついても忘れてしまえば 生まれ変われる 何度でも…

おんなの夢

八代亜紀

作詞:悠木圭子

作曲:鈴木淳

歌詞:一度でいいから 人並に あなたの妻と 呼ばれてみたい あゝ夢を…

ラッキーマンの歌(とっても!ラッキーマン ED)

八代亜紀

作詞:ガモウひろし

作曲:佐瀬寿一

歌詞:沖の鴎に ふかしイモ取られて ツイテネェ~ 見上げてごらん 夜空の星を

おんな港町

八代亜紀

作詞:二条冬詩夫

作曲:伊藤雪彦

歌詞:おんな港町 どうしてこんなに 夜明けが早いのさ それじゃ さよならと

とおりゃんせ

八代亜紀

作詞:悠木圭子

作曲:鈴木淳

歌詞:とおりゃんせ とおりゃんせ 此処はどんな おんな道 右を歩けば

雨の慕情

八代亜紀

作詞:阿久悠

作曲:浜圭介

歌詞:心が忘れたあのひとも 膝が重さを覚えてる 長い月日の膝まくら 煙草プカリとふかしてた 憎い

愛の終着駅

八代亜紀

作詞:池田充男

作曲:野崎真一

歌詞:寒い夜汽車で 膝をたてながら 書いたあなたの この手紙 文字のみだれは

貴方につくします

八代亜紀

作詞:悠木圭子

作曲:鈴木淳

歌詞:雨に打たれて 消えるなら 過去の私を 流したい あげるものなど

昭和の歌など聴きながら

八代亜紀

作詞:荒木とよひさ

作曲:徳久広司

歌詞:他人を妬まず 羨まず 心を豊かに 朗らかに そんな人生

夜の銀狐

八代亜紀

作詞:水沢圭吾

作曲:中川博之

歌詞:淋しくないかい うわべの恋は こころをかくして 踊っていても ソーロ・グリス・デ・ラ・ノーチェ

女だから

八代亜紀

作詞:悠木圭子

作曲:鈴木淳

歌詞:お前の為なら この命 惜しくはないよと 云うあなた 弱い女の

女心と秋の空

八代亜紀

作詞:所ジョージ

作曲:所ジョージ

歌詞:港のまちに住む人に 風の便りにのせましょう ちょいと 女心と秋の空 どこまで本気なんでしょう

おんなの涙

八代亜紀

作詞:悠木圭子

作曲:鈴木淳

歌詞:こんな哀しい 女の涙 知っているのか 夜の雨 死ぬ程惚れて

恋瀬川

八代亜紀

作詞:秋野めぐみ

作曲:竹田賢

歌詞:あなたと私の さだめの川は 情通わす 舟がない 呼んで下さい

お島千太郎旅唄

八代亜紀

作詞:西條八十

作曲:奥山貞吉

歌詞:春の嵐に 散りゆく花か 風にまかせた 身は旅役者 更けて流しの

もう一度逢いたい

八代亜紀

作詞:山口洋子

作曲:野崎真一

歌詞:あんな男と 言いながら 今日も来ました 港町 波のむこうは

あなたと生きる

八代亜紀

作詞:五島新

作曲:森安俊行

歌詞:この指をはなしたら はぐれるようで 思わずすがる おんなのよわさ 解ってほしい

役者

八代亜紀

作詞:たきのえいじ

作曲:大谷明裕

歌詞:吹雪 地吹雪 背にうけて 海は白刃の 牙をむく

不知火情話

八代亜紀

作詞:荒木とよひさ

作曲:岡千秋

歌詞:不知火ともしに 帰らんね 死んでもよかよ 今でもあんた 生まれ火の国

あなたの背中に

八代亜紀

作詞:阿久悠

作曲:杉本眞人

歌詞:ふともの想う 横顔や ズシンと響く 低音や ひとりの酒の

冬の恋歌

八代亜紀

作詞:阿久悠

作曲:浜圭介

歌詞:ヘッドライトが大橋わたる あとは暗闇 真の闇 風は西から北へと変わる やがて季節は冬になる

明日に生きる愛の歌

八代亜紀

作詞:悠木圭子

作曲:鈴木淳

歌詞:人生は山があり 谷もあり デコボコ道が あるけれど 負けない

ほんね

八代亜紀

作詞:たかたかし

作曲:杉本真人

歌詞:遊びという字が服を着て 歩いているよな人だけど おまえがいなけりゃだめなんて ツンとくるよなことも言う 帰ろかな

お母さん

八代亜紀

作詞:川内康範

作曲:川内康範

歌詞:故郷をはなれて ひとりぼっち つらい悲しい めにあって やっとわかった

お父さん

八代亜紀

作詞:川内康範

作曲:鈴木淳

歌詞:ある人が言った 「母の愛は歌になるが、父の愛はきびしすぎて歌にもならない」 そうかなあと思う。 目をつむれば、父の色々な顔が思い出されて来る。 まがった事がきらいで、だから厳しく海の様な厳しさで生きていた。

あなたに乾盃

八代亜紀

作詞:悠木圭子

作曲:鈴木淳

歌詞:ごめん…なんて云われたらもう終わりです 今度たけは言い訳も 何もなくて いきなり両手をついて 謝られても

恋街ブルース

八代亜紀

作詞:悠木圭子

作曲:鈴木淳

歌詞:シュヴィドゥヴァー シュヴィドゥヴァー シュドゥヴィ シュドゥヴィ シュヴィドゥヴァー

これからがある

八代亜紀

作詞:もず唱平

作曲:伊藤雪彦

歌詞:傷ついた志 ほこり塗れの青春よ 来し方悲しくて 注ぐ酒に涙が落ちる 君よ

あかんたれ

八代亜紀

作詞:もず唱平

作曲:弦哲也

歌詞:天神囃子 ききながら 夢を結んだ 宿灯り あんた忘れて

ともしび

八代亜紀

作詞:悠木圭子

作曲:鈴木淳

歌詞:あなたの命の ともしびが もうすぐ消えると 聞かされた ああ

恋の特効薬

八代亜紀

作詞:Jerry Leiber..

作曲:Mike Stoller

歌詞:恋の悩みがあれば あたしの店にようこそ マダム八代の処方箋 魔法の薬 ラヴ・ポーションNo.

MU-JO

八代亜紀

作詞:伊藤薫

作曲:マーティ..

歌詞:遠く思い出つづれば まるで輪廻のごとく いいえまだ生まれる前の 幻?全て夢?

五月雨の道

八代亜紀

作詞:岡田冨美子

作曲:中崎英也

歌詞:この道はあなたと来た道 きれいな鳥がやさしい声で… 思い出は無情よと 言い残し飛び立った…

花水仙

八代亜紀

作詞:池田充男

作曲:浜圭介

歌詞:鉢植えの水仙を 買ったのは お風呂がえりの ゆうぐれ時です このゆかしさが

恋の彩

八代亜紀

作詞:麻生香太郎

作曲:藤本卓弥

歌詞:恋ってつらいものね 浮気じゃできないわ 恋ってなんなの 誰か私に教えて 逢っていても

女の街角

八代亜紀

作詞:悠木圭子

作曲:鈴木淳

歌詞:女の夢は 捨てたけど この恋だけは 離せない 涙

港町純情

八代亜紀

作詞:水木かおる

作曲:鈴木淳

歌詞:酒を浴びせて グラスを砕き 後ろも見ないで 消えたひと あなたの思いの

女ごころ

八代亜紀

作詞:千家和也

作曲:鈴木淳

歌詞:なんで私を 女になんか 生んでくれたの お母さん 男ごころを

フランチェスカの鐘

八代亜紀

作詞:菊田一夫

作曲:古関裕而

歌詞:あゝ あの人と別れた夜は たゞ何んとなく 面倒くさくて 左様ならバイバイ

あの日の昭和がここにある

八代亜紀

作詞:鳥井実

作曲:大谷明裕

歌詞:古い酒場に来てみたら タバコで汚れたルノアール 一輪挿しには作り花 古いレコードシャリシャリと けだるく聴こえる

花束

八代亜紀

作詞:阿久悠

作曲:服部克久

歌詞:ひとり暮しに慣れたのに 愛も気にせず 生きたのに 罪な心が届けられ わたし

あなたに逢いたい

八代亜紀

作詞:五木寛之

作曲:弦哲也

歌詞:こころの海を 船がゆく 青いけむりを 曳きながら 泪という名の

骨までしびれるブルースを

八代亜紀

作詞:荒木とよひさ

作曲:水森英夫

歌詞:たとえば男の ブルースは 夜霧の波止場の 絵が浮かび たとえば女の

最終ひかり

八代亜紀

作詞:沢ひとし

作曲:大船わたる

歌詞:東京21時 最終ひかり きみが泣くから この目もぬれる 肩を引き寄せ

別れても好きな人

八代亜紀

作詞:佐々木勉

作曲:佐々木勉

歌詞:別れた人に会った 別れた渋谷で会った 別れた時とおんなじ 雨の夜だった 傘もささずに原宿

恋は火の川

八代亜紀

作詞:池田充男

作曲:徳久広司

歌詞:抱いてください 命も息も ああとまるほど これがおんなの しあわせならば

八代 亜紀(やしろ あき、1950年8月29日 - )は、日本の演歌歌手、女優、タレント、画家。本名、増田 明代(ますだ あきよ)。旧姓、橋本。熊本県八代市出身。読みは異なるものの、芸名は出身地の八代(やつしろ)市から採っている。 wikipedia