1. 歌詞検索UtaTen
  2. ゆず
  3. 始発列車歌詞
よみ:しはつれっしゃ

「始発列車」の歌詞

ゆず
1999.1.20 リリース
作詞
岩沢厚治
作曲
岩沢厚治
  • 試聴
  • お気に入り登録
友情 感動 恋愛 元気 結果
文字サイズ
ふりがな
ダークモード
二人ふたり始発しはつ列車れっしゃっていたがた歩道橋ほどうきょううえ
ながしたまちをもうすぐわるよる
きみとこうして一緒いっしょていた

あのとき大人おとなになることすここわいとったきみ
ぼくまえ大人おとなぶってわらってせてくれた
季節きせつわりはいつもまってきみことおも

がつくと発車はっしゃのベルがぼくらせて
とびらこう きみおもにさよなら

あれからまたすこしだけ時間じかんだけがぼくまえとおぎてゆく
えなかった言葉ことば きゅうむねめつける
いまさらどうにもならないのに

つよにぎかえしたきみはあのときなにってたの?
ぼくなかのこってるのはいたすぎるぬくもりだけ

こんなことまたおもすなんておかしなはなしだけど
今夜こんや最後さいごにしようとちかったよるもあったのに
なんだろう?あたまなかきみでいっぱいになるんだよ

うごしたひと駅前えきまえ交差点こうさてんなか
わすれかけてたきみおもにさよなら

始発列車/ゆずへのレビュー

この音楽・歌詞へのレビューを書いてみませんか?

この音楽・歌詞へのレビューを投稿

ニックネーム
性別
年代
  • ※ニックネーム・性別・年代は初回のみ入力できます。
  • ※レビューは全角30文字以上、500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの音楽・歌詞につき1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約
▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:始発列車 歌手:ゆず