1. 歌詞検索UtaTen
  2. 神様、僕は気づいてしまった
  3. 僕たちの歌詞
よみ:ぼくたちの

「僕たちの」の歌詞

僕たちの 歌詞
神様、僕は気づいてしまった
2021.5.7 リリース
作詞
東野へいと
作曲
東野へいと
  • 試聴
  • お気に入り登録
友情 感動 恋愛 元気 結果
文字サイズ
ふりがな
ダークモード
まばたきするたび呼吸こきゅうてる その姿すがただれもがそむける
らわれないようにさもとらわれる ったんだのそんな世界せかい

かぶるケブラー繊維せんい心臓しんぞう 手綱たづな終身契約しゅうしんけいやく
エー・アイの倫理りんりはスパークする
わすってしまったいたみをトレースしろ いしばれ
ひとしくあいせるようにそこなったぼくたちの
りない正解せいかいさがせなかったぼくたちの
ゆるされる未来みらいえらべなかったぼくたちの 未熟みじゅくなエンディング
ばしたこのをどうかだれすくってやくれないか キャリブレーション不能ふのう後悔こうかい
無邪気むじゃきさとやさしさの なつかしいおもさえもが こころしてしまう日々ひび

この見捨みすてるには早過はやすぎる それらに気付きづけれども遅過おそすぎる
らわれないようにさもとらわれる うばわれてしまったいかりはどうした

神頼かみだのみのしゅう 時代じだい貧窮ひんきゅう 正義せいぎ木槌きづち 此処ここらず
断頭台だんとうだい 慈悲じひえるもきるも才次第さいしだい
旅立たびだったあいつなんざ かおさえもおぼえちゃいない
いっそぼくはキルスイッチをんだ

リブートするホールオブフェームの深層しんそう ぼくらはってしまった
ワンサイドゲームにはうらがある
ひっくりかえせやしないが ぼくらんりは したくないよ

ひとしくあいせるようにそこなったぼくたちの
それでもただしいとなみだんだぼくたちの
幾千いくせん幾万いくまん夜明よあけをえたぼくたちの ひとつの終着点しゅうちゃくてん
つかんだこのはそうだ、あのえたぼくたちだ すくわれないぶんすくいにくんだ
言葉ことばなどもうらない くらがりなこえほうへと 鼓動こどうつたっていくから
大丈夫だいじょうぶさ、ぼくらなら いのちつむいでいけるはずだ

僕たちの/神様、僕は気づいてしまったへのレビュー

この音楽・歌詞へのレビューを書いてみませんか?

この音楽・歌詞へのレビューを投稿

ニックネーム
性別
年代
  • ※ニックネーム・性別・年代は初回のみ入力できます。
  • ※レビューは全角30文字以上、500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの音楽・歌詞につき1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約
▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:僕たちの 歌手:神様、僕は気づいてしまった